11.6型 2.5K 解像度 YOGAスタイルのPhilBook Pro、新規画像が公開に

2.5K 解像度のディスプレイと質感の高さで期待の、11.6インチのXIDU PhilBook Proと、13.3インチのTour Pro。PhilBook Proの新規画像がアップされていますので、参考までに、以下の記事への追記の扱いで掲載します。

関連記事

11.6型 2.5K液晶 YOGAスタイルのPhilBook Proがリリース。EZBook X1より液晶・質感ともに優位

12.5型 2.5K タッチパネルのWin 10 ノート、XIDU Tour Proが正式リリース。スペックと価格情報

スポンサーリンク

PhilBook Pro

XIDUのPCはアメリカとイギリスをメインマーケットとしているのですが、日本人のようにそれそどスペックを追求しないのか、XIDUの全機種に共通して、CPUはApollo Lake N3450水準のエントリークラスとなっています。その一方で、11.6インチのPhilBook Pro、12.5インチのTour Pro、13.3インチのPhilPadともに、2.5K 解像度の液晶を搭載していることが、最大の特徴。

 

  • CPU : Apollo Lake J3355、2コア、最大 2.0GHz
  • GPU : Intel HD Graphics 500
  • メモリ : 6GB DDR3
  • ストレージ : 128GB SSD
  • ディスプレイ : 11.6インチ、IPS / タッチパネルシャープ製、ノングレア、解像度 2560 x 1440360度回転機構付き
  • WiFi : 11a/b/g/n/ac
  • ポート類 : USB 3.0 x 2、Mini HDMI、カードスロット
  • サイズ : 277.9 x 199.3 x 16.25mm、1.09kg
  • ボディは全面メタル製、キーボードはバックライト付き

 

CPUはApollo Lake N3350とN3450の中間あたりのパフォーマンスとなるJ3350ですが、シャープ製の2.5K 解像度のタッチパネルは、360度回転機構付きのYOGA スタイルとなり、さらには全面メタル製のボディが特徴。以降は新たに公開されている画像に基づくコメントです。

 

▼CPUはApollo Lake J3355。11.6インチのYOGAスタイルでは、Jumper EZBook X1のN3350と同等もしくは僅かに優位。

 

▼ヒンジ部分が金属であることを感じ取れるかと思います。

▲▼上の画像ではディスプレイ下のベゼル幅は狭いように見えるのですが、下の画像が実機の幅でしょう。太いように感じますが、Teclast F5RやJumper EZBook X1も同様に太くなっています。

 

▼キーボード面の端にある黒のゴム足がやや気になりますが、外出先で利用しても野暮ったさは全くありません。

 

▼Teclast F5R、BMAX Y11、Jumper EZBook X1の他の11.6インチ YOGAスタイルノートのポート類がUSB Type-CとMicro USBなのに対し、PhilBook ProはUSB 3.0 x 2にMini HDMIと、ワイヤレスマウスなどの接続の際には使い勝手のよいもの。

 

▼AliExpressでの価格は349.99ドル。タイミングがよければ、5〜10ドルオフのクーポンを即獲得できます。

AliExpress

Tour Pro

こちらは新規の画像追加はないのですが、Tour Proの情報をあらためて記載します。YOGAスタイルのPhilBook Proに対して、Tour Proのディスプレイは180°開くタイプ。スペックは以下となります。

  • CPU : Intel Kaby Lake R 3867U 1.8GHz
  • GPU : Intel HD Graphics 610
  • メモリ : 8GB DDR3
  • ストレージ : 128GB SSD
  • ディスプレイ : 12.5インチ、IPS、タッチパネル、解像度2560 x 1440
  • WiFi : 11a/b/g/n//ac
  • Bluetooth : 4.2
  • サイズの詳細は確認できず。厚み 16.6mm、重さ 1.23kg
  • バックライト付キーボード、指紋認証、ボディはアルミ製

 

CPUのKaby Lake R 3867Uは、Apollo Lake N3450相当。PhilBook Proよりはやや優位となります。やはり、Tour Proも解像度2560 x 1440であることが最大の特徴。私は同解像度の以下のPhilPad (13.3インチ)を所有していますが、鮮やかできめ細やかなディスプレイを利用すると、FHDクラスでは物足りなくなります。

XIDU PhilPad、13.3型2.5K液晶 2in1の実機レビューまとめ。高解像度液晶の品質高くFHDを軽く凌駕
13.3インチのSurface風 2 in 1のXIDU PhilPad。システム情報とベンチマーク、外観のレビューに続き、使用感のレビューです。全般的には、2.5Kのディスプレイは、きめ細やかさ・発色・鮮やかさともに抜群で、手持ち...

 

▼180°開くディスプレイはタッチパネル。タッチパネル搭載機が多いことも、XIDU社製品の特徴です。

シルバーのキーボードに白の印字のキーの視認性が気になりますが、バックライト付きのため、見にくい場合はバックライト点灯で問題なしかと思います(私は同じ配色のJumper EZBook X4 / X4 Proにて、同様に対応しています)。

▲▼光のあたり具体によって色合いが異なってみえるのは、Chuwiの製品と同様。

 

▼AliExpressでの価格は469.99ドル。XIDU全製品に共通ですが、タイミングがよければ、5〜10ドルオフのクーポンを即獲得できます。

AliExpress

 

▼関連記事

12.5型 2.5K タッチパネルのWin 10 ノート、XIDU Tour Proが正式リリース。スペックと価格情報
12.5インチ 2.5K 解像度、タッチパネルのWindows 10 ノート XIDU Tour Proが正式リリースです。先行リリースのPhilbook Max、Philbook Proと異なりYOGAスタイルではありませんが、2...
11.6型 2.5K液晶 YOGAスタイルのPhilBook Proがリリース。EZBook X1より液晶・質感ともに優位
今後の展開に期待していたXIDU社のノートPCですが、11.6インチ 2.5K 解像度の「PhilBook Pro」が300ドル台前半の価格でリリースとなりました。ディスプレイは360度回転機構付きのYOGAスタイルですが、スペック...

 

XIDU
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント