Xiaomi Youpin Haylou LS05S、スマートウォッチの実機レビュー。約5千円のエントリー機ながらも金属製ボディで質感高し

今回レビューする製品は、2021年3月31日に発売のスマートウォッチ「Xiaomi Youpin Haylou LS05S(別モデル名 Haylou RT)」。5月3日時点、日本では未発売の製品ですが、AliExpressにて 43.99ドル(約5千円)で販売されています。

1.28インチ 解像度 240 x 240のエントリー機ですが、デザイン的には Xiaomi関連のAmazfit GTRに近いものがあります。本体が日本語対応していないことを懸念していましたが、メニュー項目は英語であるものの、SNSなどの通知は日本語表示となり安心。機能的にもエントリー機としては十分であり、ミドルレンジからハイエンドのスマートウォッチの購入を迷っている方の、お試し版としても向いています。

レビューする製品はこちら

Xiaomi Youpin Haylou LS05S, AliExpress

スポンサーリンク

Xiaomi Youpin Haylou LS05Sの特徴

型番の近い製品では、以下の楽天市場にて「LS05」が販売されていますが、今回紹介の「LS05S」がより新しい製品です。


 

製品の特徴の記載にあたり、「Xiaomi Youpin」について確認してみました。中国語のオフィシャルサイトを機械翻訳する限りでは、 Xiaomi Youpinは 「Xiaomiの製品に限らず、一般消費材をメインとした Xioamiのショッピングプラットフォーム」と読み取れます。本製品の場合、「Haylou」社のスマートウォッチを「Xiaomi Youpin」から販売していることになろうかと思います。

さて、AliExpressサイトと説明書から引用の「Xiaomi Youpin Haylou LS05S」のスペックは以下となります。

スクリーン1.28 インチ, タッチパネル、解像度 240 x 240
Chip未確認
RAM、ROM未確認
対応OSAndroid 6.0以上、iOS 11以上
Bluetooth5.0
GPS未装備
バッテリー300mAh
サイズ45 x 51.16 x 12.2mm、50.4g
アプリHaylou Fun
その他日本語未対応(ただし、SNS通知は日本語)、IP68、ベゼルはステンレス製、12のスポーツモードに対応

 

40ドル台のエントリークラスの製品のため、AmazfitやHuaweiの1万円台の製品と比較すると、解像度が低いこと、GPSを未装備であることに留意する必要があります。また、冒頭のとおり、5月3日時点では、本体のメニューは日本語未対応(SNS通知とアプリは日本語)です。

 

▼価格から樹脂製ベゼルを想像していたのですが、ステンレス製でした。普段使いで20日のバッテリー持ちとありますが、実際に使用していても 20日程度は持ちそうです。

 

▼ IP68の防水防塵に対応し、日常生活での一般的な水道水や汗、水しぶき程度なら全く問題ありません。

 

▼対応するスポーツモードは12種類。多くはないですが、一般的には十分。その他、一般的なスマートウォッチと同様に、「iPhoneを探す」「歩数計」「SNS通知」「心拍数計測」などを機能を備えています。

外観、スクリーン表示

40ドル台の価格からも、AMOLEDパネルではなく 通常のTFTであり、解像度も240 x 240と1万円台の上位機の半分ですが、明るさは十分で室内での視認性も良好です。反面、太陽光での視認性は、同価格帯の以下の「Kospet Rockに僅かに及びませんが、ステンレス製ベゼルの質感は十分です。

KOSPET Rock 実機レビュー、30ドル台と安価ながらも機能充実、アプリ連携に優れたスマートウォッチ
今回レポートするのは、2021年4月12日時点では日本で販売されていないスマートウォッチ「KOSPET Rock」の実機レビューです。海外通販サイトでは30ドル台で販売の安価な製品ですが、外観の質感やディスプレイの解像度は価格なりで...

 

▼AmazfitやHuawei、Kospetのやや豪華な外箱と比較すると、価格なりの標準的な外箱。なお、付属品の説明書は英語表記のみの簡易的なものであり、写真の掲載は割愛します。

 

▼スクリーンには、デフォルトの文字盤を模した保護シールが貼られています。

 

▼サイドより。ステンレス製ですが、触ってみるとひんやりし、確かにステンレス製の質感であり、拡大しても粗さを感じません。

 

▼背面とマグネット式の充電コードを接続した様子。接続部分はコンパクトで確実に取り付けることができます。

 

以降の文字盤は、実機は写真よりも鮮明です。

 

▼デフォルトの文字盤とアプリにて変更した文字盤。デフォルトの文字盤では、バッテリー残量、消費カロリー、歩数、心拍数、天気予報の項目を網羅しています。

 

▼こちらは英語表記のメニュー画面。5月3日時点では日本語に未対応ですが、余程 英語アレルギーでない限りは問題ないかと思います。SNSの通知は日本語表記ですし。

 

▼こちらが日本語表記となる SNSの通知。

メイン利用のAmazfit GTRの場合、本体が日本語表記でも、SNS通知の一部が文字化けすることもありますが、本製品では文字化けなしに表示されています。

 

▼天気予報の表示。

天気予報はスマホのアプリでの位置登録により、正しく表示されています。

 

▼正面より撮影。

 

▼「Kospet Rock」と並べて撮影。

スクリーンの解像度は同水準ですが、実機では本製品がよりシャープに見えます。

 

▼解像度が倍でAMOLEDパネルのAmazfit GTRと並べて撮影。

屋外での視認性のよさやきめ細やかな表示では、Amazfit GTRが優位ですが、視野角や鮮やかさでは遜色ありません。

 

▼中央が本製品ですが、左のアルミ製のAmazfit GTRと概ね同水準の質感です。

 

▼バンドを外して、Amazfit GTR 47MM(左)との比較。Amazfit GTRはGTR 2が発売され旧モデルとなりましたが、ボタンの赤の色どりなど、デザイン的に近いものがあります。価格差は約100ドルありますが、質感としては本製品もよくできているのがわかります。

 

▼一週間ほど使用後であり、バンドは少し汚れていますが、一般的な水準のバンド部分。装着すると僅かに痛さも感じ、汎用的な22mmのベルトのため市販品との交換もありです。

 

▼こちらは引用した Amazfit GTR 47MMの実機レビュー記事

Amazfit GTR、3カ月使用後の再レビュー。バッテリー消費、画面の鮮やかさ、カスタマイズ性ともに抜群のスマートウォッチ
Amazfit GTR 47mmを3ヵ月使用後の再レビューです。驚異のバッテリー持ちは変わらずに、太陽光のもとでも視認性は抜群。47mmのサイズはビジネスの使用においても違和感はありません。さらには待望の日本語対応となり、おすすめの製品です
Amazfit GTR 2、Alexa搭載(日本語対応予定)は大きな魅力、Amazfit GTR 47mmとのスペック比較
AmazfitよりGTR 47mmの後継機種と思われる「Amazfit GTR 2」が販売されています。私はGTR 47mmを常用していますが、ベゼル周りのデザインを刷新し、よりシンプルになっています。スペック面では、バッテリー容量...

アプリ「Haylou Fun」の使用感

スマートウォッチの使い勝手に大きく影響するアプリですが、本製品は以下の「Haylou Fun」を使用します。

Haylou Fun

Haylou Fun
開発元:Dongguan Liesheng Electronic Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

私が他のスマートウォッチで使用する「Amazfit」「Huawei」「Xiaomi」「Kospet」ほどに多機能ではありませんが、本製品のようにエントリークラスのスマートウォッチのアプリとしては、十分に実用的との判断です。ただし、文字盤の種類が少なく、今後の増加に期待します。

 

▼私は iPhone 12 Pro Maxで使用していますが、ホーム画面(左)と心拍数の管理画面。私個人の心拍数には詳しくないのですが、歩数計は他のスマートウォッチと同程度を示しており適切です。

 

▼左は文字盤やSNS通知などの設定画面。SNS通知はスマホへの通知と同タイミングで確実に受領できます。

▲デメリットは、変更できる文字盤が右の画面の12種類のみと少ないこと。また、先日レビューした「Kospet Rock」がスマホの選択から即変更となるのに対して、本製品は数十秒の待ち時間があります。

使用感のまとめ

上記で未掲載の事項も含めて、使用感のポイントを記載します。全般的には、40ドル台の製品としてはステンレス製の本体の質感も高く、解像度の割にはスクリーンも綺麗なため、入門用としてもおすすめできるスマートウォッチです。ただし、5月3日時点では、SNSなどの通知は日本語表記となるものの、本体のメニューは英語表記であることに留意ください。

  • 太陽光のもとでは、やや見づらくなるものの、価格・解像度の割には綺麗な明るいスクリーン。
  • ステンレス製の本体であり、この価格帯としては質感も上々。デザインもAmazfit GTR 47MMに近いものがあります。
  • バンドは長時間使用していると、僅かな痛みを感じることもあります。汎用的な22mmのバンドのため、市販品への交換もありです。
  • バッテリー消費は、時計・歩数計・24時間の心拍数計測の場合、1日あたり4〜5%。公表値どおりに約20日ほどのバッテリー持ちで十分。
  • 製品情報にChipやRAMの記載はありませんが、このクラスとしては動作も機敏です。少なくとも、先日 レビューした「Kospet Rock」よりも、画面の切替などは速いです。
  • 文字盤の種類は12種類と、私がレビューしたスマートウォッチとしては少ない部類。専用アプリの管理項目は多くないものの実用性は十分。

 

▼ 5月3日現在、AliExpressのXiaomi Youpin Direct Storeでは 送料無料の43.99ドルで販売中

Xiaomi Youpin Haylou LS05S, AliExpress

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました