Xiaomi Watch Color、ベゼルやバンドなど1540種類の組み合わせが可能なスマートウォッチがリリース

Xiaomiから人気のAmazfit GTR 47mmとよく似たスペックのスマートウォッチ「Xiaomi Watch Color」がリリースされています。Xiaomiの関連企業によるAmazfit GTRがシックなデザインであるのに対し、Xiaomi Mi Smart Watch Colorは、2つのベゼルに7つのバンド、さらには110種類のウォッチフェイスにより、合計 1,540種類の組み合わせが可能なことが大きな特徴。

なお、2020年1月6日時点では、中国語のみに対応との記載があり、今後の英語・日本語への対応が待たれます。さらには、現時点では アプリ側がiOSに未対応との記載もあります

引用元

Xiaomi 中国語サイト

AliExpress 販売サイト

スポンサーリンク

Xiaomi Watch Colorのスペック

詳細な比較は行っていませんが、スペック的には以下で実機レビューのAmazfit GTR 47mm、あるいはAmazfit GTR Liteとほぼ同様です。

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も
明るく綺麗なスクリーンと驚異的なバッテリー持続時間が大きな特徴のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47MM」。Xiaomi関連企業の製品であるため、質感の高さと140ドル前後のコスパの高さも大きなメリット。 このAma...
Amazfit GTR Lite、GTR 47mmの基本スペックを維持、109.99ドルで新登場。待望の日本語にも対応
Xiaomi関連のXiaomi Ecosystem Productが手掛け、海外で大人気のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47mm」。このライトバージョンとなる「Amazfit GTR Lite 47mm」がリリースです。...

 

2020年1月6日時点で判明しているスペックは以下となり、RAMやROMの容量などは明らかでありません。また、冒頭に記載のとおり、1月6日時点では日本語とiOSには未対応です。

  • Bluetooth : 5.0
  • オペレーティング : タッチスクリーン
  • Waterproof : 5ATM
  • スクリーン : 1.39インチ、AMOLED、454 x 454 pixels
  • センサー :  Heart rate sensor, acceleration sensor, gyroscope, geomagnetic sensor, barometric sensor, ambient light sensor
  • バッテリー : 420mAh
  • ケース素材 : ステンレス製、カラーはブラックとシルバー
  • サイズ : 46.2 × 53.3 × 11.4mm

 

Amazfit GTRはXiaomi 関連企業が手がけたものであり、基本スペックはGTRとほぼ同じであるため、私がメイン利用するGTRと同様に、以下が大きなメリットであるように思われます。

  • 高解像度のAMOLEDのスクリーンは、綺麗な描写で明るい太陽光のもとでも視認性は抜群。
  • バッテリーはAmazfit GTRより10mAh多い420mAh。私のGTRではGPSをオフにして、時計・歩数計・SNSの通知のみに使用すると、そのバッテリー持ちは約2ヶ月と強烈です。

Xiaomi Watch Colorの外観と機能

Amazfit GTRの質感の高さはそのままに、ベゼルの色(ブラックとシルバー)、バンドの種類(7種類)、110種類のウォッチフェースを持ち、合わせて1,540種類の組み合わせを可能としたモデルです。

▲▼ベゼルとバンド、ウォッチフェイスの組み合わせにより、上のような若者受けしようなデザインや、下のようなコミカルなデザインにも変更可能。

 

▼一方で、ブラックベゼルとブラックやブラウンのバンドを装着すると、ビジネスにも使用できるシックなデザインにもなります。

▲▼マグネット式の背面のバッテリー端子部分の形状は、Amazfit GTRと異なっているようです。

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も
明るく綺麗なスクリーンと驚異的なバッテリー持続時間が大きな特徴のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47MM」。Xiaomi関連企業の製品であるため、質感の高さと140ドル前後のコスパの高さも大きなメリット。 このAma...

 

▼7種類のバンドはこちら。私としては左下のワインレッドとシックなブルーが好み。

 

▼各種機能・管理の画面はAmazfitよりも視覚化されているように思います。なお、現時点では利用するアプリの明記はありません。

まとめ

リリース直後であり中国語のみ対応、アプリはiOSに対応していない、大きなデメリットがあるものの、今後 間違いなくこれらに対応するものと思われます。つい先日 日本語対応したばかりのAmazfit GTRがスマートウォッチ最強と思っていたのもつかの間、これでAmazfit GTR / GTR Lite、Xiaomi Watch Colorと最強軍団の選択肢が増えました。

 

引用元 2020年1月20日時点、AliExpressでは約16,000円の価格となっていますが、現時点では日本語・iOSへの対応待ちです。

Xiaomi 中国語サイト

AliExpress 販売サイト

 

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました