広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Xiaomi RedmiBook Pro 14、Ryzen 7 6800H / 5 6600H搭載の14型ノートのスペックと価格情報

XiaomiからCPUにAMD Ryzen 7 6800H、あるいはRyzen 5 6600Hを搭載する14インチノート「Xiaomi RedmiBook Pro 14, 2022モデル」がリリースされています(従来版からスペックアップ)。ハイエンドなCPUにメモリは16GB、ストレージはPCIe 4.0の512GB、14インチのディスプレイは 2.5K 解像度に 16 : 10のアスペクト比と、「Pro」のモデル名に相応しい端末です。

スポンサーリンク

Xiaomi RedmiBook Pro 14のスペック

CPUに Core i5-12450H / Core i7-12650Hを搭載するインテル版も販売されていますが、ここではAMD Ryzen 版のスペックを記載します。なお、他のXiaomiのノートパソコンと同様に、OSは中国語版であることに留意ください。英語化した後に日本語化など、ひと手間必要です。

CPUAMD Ryzen 7 6800H、8コア16スレッド / AMD Ryzen 5 6600H、6コア12スレッド
GPURadeon 660M / 680M
メモリ16GB LPDDR5 Dual Channel
ストレージ512GB PCIe SSD(換装可能)
ディスプレイ14インチ、IPS、解像度 2560 x 1600 (16 : 10)、120Hz リフレッシュレート、100% sRGB
WiFiWiFi 6 対応
Bluetooth5.2
ポート類USB Type-C 3.2 Gen.2 x 2、USB A 3.1 Gen.1、HDMI
サイズ315.6 × 220.4 × 15.9mm、1.45kg
OSWindows 11 Home 中国版
その他アルミ製ボディ、バックライト付きキーボード、指紋認証、100W PD3.0 Fast Charging

 

海外サイトの情報では、Geekbench 5のシングルコアのスコアは Ryzen 7 6800Hが1560、Ryzen 5 6600Hが1472となっています(サイトにより、多少のばらつきあり)。以下の記事にて、当サイトで実機レビュー あるいは紹介したPCの主だった製品のスコアを一覧化していますが、AMDのCPUとの比較ではRyzen 9 5900HX / Ryzen 7 5700Gよりも やや高いスコアです。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標
これまで実機レビュー、あるいは紹介したWindows PC / Macのサイト内検索、私自身の参照用の位置づけとなりますが、私がPCのパフォーマンスを確認するうえで指標の一つとしている「Geekbench 5、CPU ベンチマークスコア...

 

▼ファンを2つ装備し(ファン音が気になります)、後ろ側の通風孔や背面の6162個ものパンチングなど、冷却対応も万全です。

外観と機能

2.5Kの高解像度に16 : 10のアスペクト比で縦の情報量が多く、sRGBカバー率100%のディスプレイも特徴となります。

 

▲▼英語キーボードとなりますが、Enterキーの右側には ページアップなどの一列がないため、Enterキーを押下する際に誤タイピングすることもありません。右上にファンのアイコンのキーがありますが、以下のモードの切替キーだと思われます(誤認識かもしれません)。なお、電源ボタンは指紋認証を兼ねています。

▲▼USB Type-Cは充電兼用です。ディスプレイとキーボードの設置面の精度が高いことも、Xiaomiの製品の特徴の一つです。

 

▼背面全体を確認できませんが、前述の背面の6162個のパンチングは画像右側で確認できます。なお、画像を見るとディスプレイの厚みはそれなりとなり、14インチにして 1.45kgと重いです。

価格情報

2022年6月の投稿時には Banggoodのクーポン情報を掲載していましたが、2023年5月2日には Banngoodでは終売。このため、AliExpressの価格情報を掲載します。

AMD Ryzen 7 6800Hのメモリ 16GB / SSD 512GBモデルが、ストアクーポンの利用により 約800ドルでの販売です。

 

Xiaomi RedmiBook Pro 14、AliExpress