Xiaomi Redmi S2 vs Redmi 5 Plus、同価格帯 6インチスマホのスペック比較

Xiaomi Redmi 5 Plusをメイン端末として利用している私ですが、購入後に気になりだした端末が同じくXiaomiのRedmi S2。双方ともにXiaomiとしてはエントリー機種であり、同価格帯(200ドル未満)であるために双方を比較している方も多いかと思います。そこで今回、Xiaomi Redmi S2とRedmi 5 Plusをスペック比較してみました。

 

関連記事

Xiaomi Redmi 5 Plus メイン端末として2カ月使用後の再レビュー。169.99ドルの販売情報も

スポンサーリンク

Xiaomi Redmi S2、Redmi 5 Plusのスペック比較

▲双方ともに、メモリ 3GB・ストレージ 32GBのバージョンもあるのですが、メモリ 4GB・ストレージ 64GBのグローバル版に統一して比較しています。

Xiaomi Redmi S2、Redmi 5 Plusの大きな相違事項は黄色網掛となりますが、以下のとおりコメントします。

 

  • 双方ともに、CPUはSnapdragon 625、メモリ 4GB、ストレージは64GB。私のRedmi 5 Plusの使用感から、1年以上前に販売されたSnapdragon以外のCPUを搭載するスマホをお使いの方なら、Redmi S2、Redmi 5 Plusともに、かなりサクサクなレスポンスと感じることでしょう
  • ディスプレイは同じ6インチですが解像度が異なります。これがどれほど影響することか。8インチ以上ともなると、画像・サイトを拡大した場合にテキストのシャギーなどに違いを感じるのですが、6インチクラスでは大きな差ではないような感覚です。
  • 最大の相違はカメラ。Redmi 5 Plusがシングルカメラなのに対して、Redmi S2はデュアルカメラ。インカメラの画素数も異なるうえに、Redmi S2は顔認証付いています。
  • Redmi 5 Plusのシングルカメラはオートフォーカスも速いうえに、画質もブログ画像程度なら十分なもの。他の中国メーカーのスマホはオートフォーカスが遅いものも多いことを考慮すると、Redmi 5 Plusのカメラはかなり扱いやすいものです。同じXiaomiの製品であるため、Redmi S2のカメラは期待を裏切らないものと思われます。
  • Redmi S2のバッテリー容量は3080mAHと少なめ。Redmi 5 Plusは4時間ほどのWebサイト、軽めのアプリの使用で30〜35%のバッテリー消費との感覚。バッテリー容量の相違が重量の差(Redmi S2が軽い)に繋がっていますが、重量増となっても4000mAh程度あればなおもよかった。
  • 双方とも6インチですが縦長であるために、コンパクトさと持ちやすさは5.5インチと同様。5.5インチをお使いでしたら何の違和感もありません。

 

 

▼ボディ色はグレー、ゴールド、ピンクの3色展開。私の好みは以下のグレー。リアにはデュアルカメラ、指紋認証があるのがわかります。

まとめ

6インチにして同一CPUを搭載するXiaomi Redmi S2、Redmi 5 Plus。大きな相違は解像度、カメラ、バッテリー容量ですが、どちらがオススメかというと、これは素直にカメラを重視するか否かによるでしょう。

カメラを多用する方はXiaomi Redmi S2、そうでない方は解像度・バッテリー容量からRedmi 5 Plusをオススメします。

 

Xiaomi Redmi 5 Plus メイン端末として2カ月使用後の再レビュー。169.99ドルの販売情報も
2018年4月半ばに、メインスマホとしてXiaomi Redmi 5 Plusの利用を始めて2カ月半が経過しました。レスポンス、カメラなどの機能の使い勝手も含め、特段の不都合もなく快適に使用しています。今回はあらためて、Xiaomi...

 

▼GearbestでのXiaomi Redmi S2、Redmi 5 Plusの2018年7月7日時点の価格情報。双方ともセール価格ですが、特にRedmi 5 Plusはゴールド色限定で大幅な割引となっています。ゴールド以外はS2と同価格帯です。

Gearbest Xiaomi Redmi S2
Xiaomi Redmi S2

Gearbest Xiaomi Redmi 5 Plus Global Version
Xiaomi Redmi 5 Plus Global Version

 

Gearbest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

製品情報(タブレット)
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめの8インチタブレット
Teclast M89

・7.9インチ、MTK8176 6コア、メモリ 3GB、ROM 32GB
・iPad miniと同じ解像度、サイズはiPad mini 2,3とほぼ同じ
・iPad miniのケース等が活かせるかも
・OSはAndroid 7.0
・価格は150ドル前後

Alldocube X1

・Alldocubeのハイエンド機
・8.4インチ、Helio X20 10コア、メモリ 4GB、ROM 64GB、LTE対応
・解像度 2560 x 1600、Eye comfortモードを備え視認性よし
・OSはAndroid 7.1
・価格は240ドル前後だが、価格以上の価値あり

Teclast P80 Pro

・Amazon Fire HD 8対抗(?)の8インチタブレット
・CPUはFire HD 8と同じMTK8163 4コア
・メモリ 2GB、OGSスクリーン、1920×1200の解像度、アルミ製ボディはHD 8より優位
・OSはAndroid 7.0
・価格は100ドル前後

Win And I net

コメント