Xiaomi Redmi Note 11 Pro+ 5G、Dimensity 920と120W 急速充電対応にスペックアップ

Xiaomiからリリースされた「Redmi Note 11 Pro+ 5G」。CPUにMediatek Dimensity 920、6.67インチのAMOLED パネルのスマホですが、最大の特徴は 120Wの急速充電に対応し、4500mAhのバッテリーを15分でフル充電できること。さらには、JBLのデュアルスピーカー、108百万画素のリアカメラを装備しています。

この「Redmi Note 11 Pro+ 5G」が、AliExpressにて4月6日(日本時間 4月6日 17時開始)から4月8日までセールを行っています。

スポンサーリンク

Redmi Note 11 Pro+ 5Gのスペック

Redmi Note 11 Pro+ 5Gのスペックは以下となりますが、Note 11 Proよりもスペックアップしている箇所に黄色網掛けしています。

CPUMediatek Dimensity 920、8コア、最大 2.5GHz
メモリ6GB / 8GB
ストレージ128GB / 256GB
ディスプレイ6.67インチ、AMOLED(有機EL)パネル、解像度 2400 x 1080、120Hzのリフレッシュレートに対応
リアカメラ108百万画素 + 8百万画素 ワイド + 2百万画素 マクロ
フロントカメラ16百万画素
WiFiWiFi 6、11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.2
SIM4G FDD: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
4G TFF : 38/39/40/41/42
5G:  n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
バッテリー4500mAh、120W 急速充電
サイズ厚み 8.34mm、204g
OSMiui 12.5,、Android 11ベース
その他JBL 2スピーカー
  • Dimensity 920は  Cortex A78 2.5GHz x 2 +Cortex A55 2.0GHz x 6。AnTuTu ベンチ v9のスコアは 約49万。Note 11 Proに搭載のSnapdragon 695 5Gのスコアは 約39万となり、順当にスペックアップ。
  • ストレージに UFS 3.1 or 2.2などの明記がなく、Note 11 / 11 Proと同様に UFS 2.2かと思われます。

 

▲▼上表は以下の Note 11 Pro / Note 11の記事に掲載の比較表ですが、11 Pro +5Gは 11 Proをベースに、CPU(Snapdragon 695から Dimensionity 920へ)、急速充電(67Wから120Wへ)、 スピーカー(Pro+は JBL 2スピーカー)をスペックアップした端末です。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G / 11 Pro、6.67型有機EL, 67W充電は共通ながらも CPUやカメラ数は相違。スペック比較とグローバル版の価格情報
Xiaomiのスマホのなかでも特にコスパに優れた Redmi シリーズですが、「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Redmi Note 11 Pro」のグローバル版が、2022年2月16日現在、AliExpress にて...

 

▼所有するスマホのうち、AnTuTu ベンチスコアが近い端末は、Snapdragon 860を搭載する以下のPOCO X3 Pro(スコア 約55万)。このクラスのスマホの普段使いでは、スコア 約40万の端末と 大きな差は感じず。この意味では、スコア 約39万のNote 11 Proもよいのですが、(繰り返しますが)120Wの急速充電と JBL 2スピーカーは大きなメリット。

POCO X3 Pro 実機レビュー、AnTuTu ベンチスコアは55万越え、ストレージもSSD並みの実力機
200ドル台前半の価格で、Snapdragon 860、ストレージにUFS 3.1、6.67インチのディスプレイは120Hzのリフレットレートに対応と、同価格帯としては高スペックの「Xiaomi POCO X3 Pro」。4月に発売...

 

▼こちらは 120Wの急速充電(4500mAhのバッテリーを15分でフル充電可能)をアピールするイメージ画像。技術的なことを理解できていないのですが、Dual Charge Pumpsを採用とあります。

 

▼スペック・価格的には Xiaomiのミドルレンジとなる製品ですが、JBLの2スピーカーを搭載し、JBLのロゴがさりげなく主張しています。

 

▼108百万画素のメインカメラ、8百万画素のワイドカメラ、2百万画素のマクロは、Note 11 Proと同じ構成。

Redmi Note 11 Pro+ 5Gの外観

外観においてはNote 11 / 11 Proと変わらず、フラットなサイドを特徴としています。

 

▼グラファイトグレイ、フォレストグリーン、スターブルーの3色展開。シックなグリーンもよいものです。私としては、Note 11 Proのアトランティックブルーもあるとよかったのですが(Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G / 11 Pro、6.67型有機EL, 67W充電は共通ながらも CPUやカメラ数は相違。スペック比較とグローバル版の価格情報)。

 

▼Xiaomiのスマホはサイドがラウンドした製品が多いのですが、Note 11 シリーズはフラットな側面となっています。ホールドしやすさではラウンドした製品がよいのですが、(以前はフラットなスマホが多いかったものの)新鮮さを感じます。

 

▼グラファイトグレイのボディですが、イメージ画像よりも濃く見えます。120WのACアダプター、TPUケースも付属しています。

まとめ

CPUのDimensity 920は Xiaomiの製品としてはミドルレンジとなりますが、Note 11シリーズに共通する 6.67インチのAMOLED パネルに 108百漫画素のメインカメラに加え、120Wの急速充電とJBL 2スピーカーを搭載することが大きな特徴の「Note 11 Pro+ 5G」。

AliExpressの4月6日(日本時間 4月6日 17時開始)から4月8日のセールでは、注目を集めること間違いなしです。なお、以下の画像の中央下に、当初500個はフリーギフトを用意とあります。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro+ 5G、AliExpress

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました