価格を抑えたXiaomi Mi Notebookのスペックと特徴、Pro、Pro 2との比較

2018年9月現在では既に販売開始となっているXiaomi Mi Notebook。第8世代のCore i5 8250Uを搭載する15.6インチですが、先行するNotebook Pro / Pro 2の廉価版の位置づけです。先の記事「Xiaomi Notebook、15.6型ノートにCore i5-8250U搭載の廉価版がラインナップ」では概要をお伝えしましたが、今回はより詳細にPro / Pro 2と比較してみました。

スポンサーリンク

Notebook Pro、Pro 2とのスペック比較

▼先の記事「Xiaomi Notebook、15.6型ノートにCore i5-8250U搭載の廉価版がラインナップ」の再掲ですが、Xiaomi Mi Notebook Pro、Pro 2とのスペック比較表です。

▲▼スペック表で明らかですが、メモリ・SSD搭載量など変更可能なものを除いての相違は以下となります。なお、今回紹介のNotebookは無印Notebookと表記しています。また、スペック表に記載のない、イメージ画像が読み取れる事項も含みます。

 

  • SSDの接続方式は、Pro / Pro 2がPCI-E、無印Notebookが(明記ないのですがおそらく)SATA。「Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻」に記載していますが、PCI-EとSATA接続では、体感差は劇的に異なります。SATAのSSDもHDDと比較すると爆速であるものの、PCI-Eの速さは別次元。
  • 無印Notebookのストレージは、SSDとHDDのデュアル構成。
  • 無印Notebookには、USB-Type-Cの搭載なし。
  • 2018年9月15日時点では販売されていないようですが、イメージ画像での判断では、ボディ色はブラックとホワイトの2色展開。
  • イメージ画像の説明では「metal cover」とありますが、ボディのどの面が金属であるか不明。天板・底版は金属製と類推(あるいはどちらか一方か?)しますが、内側はプラスチック製と思われます。
  • キーボードは10キー付。私はテキスト入力の効率性(誤タイピングの回避)を高めるべく、10キーなしが好みなのですが。
  • GPUは、ProのGeForce MX150、Pro 2のGeForce MX1050からスペックを落とし、GeForce MX110に。負荷の大きいゲームをしない場合にはMX110で十分。

 

全般的に、SSDとGPUのスペックを落とし、1TBのHDDを追加したものと言えるでしょう。最近、SSDにばかり目が行き、HDDの価格に疎くなっていたのですが、以下のとおり1TBの2.5インチHDDは6,000円前後。それほど高いものではないですが、大量の画像・動画を扱う場合にはありがたい。

 

▼Xiaomi Mi Notebook Proのレビュー。PCI-E接続のSSDの速さに感動

Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻
国内外のレビューで評価の高いXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチ、Core i5もしくはCore i7、メモリ8GBもしくは16GB、PCIe SSD、GeForce MX150と豪華な仕様です。このXiao...

イメージ画像による特徴の補足

▲こちらは、Xiaomi Notebook Proの実機。詳細は「Xiaomi Mi Notebook Pro、1週間使用後のまとめレビュー。つい微笑んでしまう快適なレスポンスと操作性」を参照。

 

以降、今回紹介のXiaomi Mi Notebookのイメージ画像での補足です。

 

▲▼全般的な特徴として、以下の記載があります。

  • 新しい製造工程にて製作
  • メタル製のカバー
  • 第8世代のCore i5、128GB SSD、デュアルファン・デュアル排出機構を備えた冷却、マルチファンクション機能のあるキーボード、7つのインターフェースを特徴とする
  • 厚みは19.9mmを確保

 

▼GPUは2GBのビデオメモリーを持つGeForce MX110を採用

 

▼10キーを備えたキーボード。

私の感覚、10キーを備えた他機種での使用感では、この10キーが誤タイピングを招きやすく、大量タイピングする際に効率性が落ちるのですが、このXiaomi Mi Notebookの使用感が気になります。

 

▼2つのファンを備えています。Xiaomiのことですので、風切り音にもケアしていると思いますが、負荷をかけた際のファンの回転数・風切り音も気になります。通販サイトからお借りし、1週間ほど使用したNotebook Proではそれほど気になるほどの風切り音ではなかったのですが。

 

▼2018年9月15日時点での販売はブラックのみですが、ホワイトのイメージ画像も多数あり、近々にホワイトバージョンも販売されることでしょう。

 

まとめ

第8世代のCore i5、128GB SSD / 1TB HDD、GeForce MX110を搭載し価格を抑えたXiaomi Mi Notebook。Proバージョンからスペックを抑えているものの、それでもなお基本スペックが高い製品となっています。

Pro 2の発売に伴い、セール時には800ドル台で販売しているXiaomi Notebook Proもおすすめですが、より価格を抑えたい、あるいはSSDとHDDのデュアル構成も捨てがたい場合には、国内製品よりもコスパに優れた当機もおすすめです。

 

▼2018年9月15日時点のGearBest(上)とGeekbuying(下)の価格情報。

双方とも約680ドルと同価格帯ですが、いづれも送料が30~40ドルほどかかります。送料無料としている製品も多いなか、送料別での価格表示ですね。

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント