Xiaomi MIJIA コードレス電動ドライバーの実機レビュー、ネジのない一体型ボディは秀逸、使い勝手も良好

スマホ、パソコン、スマートウォッチのほか、プロジェクターやコードレス掃除機、家庭用防犯カメラなどの小型家電も販売する「Xiaomi」ですが、国内外通販で「電動ドライバー」も販売しています。そこで、今回れビューするのは、上の写真の「Xiaomi MIJIA 充電式コードレス電動ドライバー」。

一般的な電動ドライバーと比較して、ネジの露出が一切なく、シックな色合いと相まって デザインがよいことが大きな特徴となります。

 

▼国内通販でも販売されていますが、今回は新設の海外通販サイト「Hekka」から取り寄せました。

Hekka 公式サイト

スポンサーリンク

MIJIA 充電式コードレス電動ドライバーの特徴

製品の特徴については、Amazon サイト、海外サイト、説明書から引用しました。

  1. 12本のビット、60mmの延長アダプター、ハードケース、Type-C 充電ケーブルが付属
  2. ビットは、PH1 / PH2 / PH3 / H3 /H4 / H5 / SL 4 /SL 6 / T15 / T20 / T25 / PZ2
  3. 実測では 9mm溝ビッドとなり、市販のビットとの汎用性あり
  4. 2000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、フル充電で180本のネジ締めが可能
  5. USB Type-Cでの充電に要する時間は、最大3時間
  6. 最大トルクは 5N.m
  7. 正逆転切替、LEDライト機能あり
  8. ネジのない一体型ボディ、二層UV塗装
  9. 本体のサイズは、124 x 130.5 x 42mm、重さ 約350g

 

トルクの調節機能はないものの、大きな特徴は黄色網掛の一体型ボディのデザインのよさと、コンパクトなボディに約350gと軽量なこと。

 

▼私は電動ドライバーに詳しくなく、その効能がピンとこないのですが、全金属製のギアボックスがアピールされています。

 

▼最大の特徴となる ネジが一切ないボディ。素材は樹脂ですが、グレイの塗装は一見 金属のようにも見えます。また、2層のUV塗装も施されています。

外観

続いて外観について記載します。

 

▲▼縦横 165mmのコンパクトな外箱。Xiaomi および関連会社の小型家電は、本製品で3つめのレビューですが、いづれもホワイトの外箱です。

Xiaomi Mi Smart Scale 2 体組成計の実機レビュー。デザイン秀逸、管理が楽しい10項目の身体データを計測可能

Xiaomi Mijia ハンディ掃除機 レビュー、ノートPCが持ち上がる吸引力、水筒より細く手軽に掃除が可能

 

▼ハードケースに一式が収まっています。小さなユーザーガイドは中国語のみ。漢字で何となくはわかりますが、少なくとも英語表記もあるとありがたい。

 

▼かなり厚みのあるハードケースです。網目のため、油脂や指紋が目立つことはありません。

 

▼コンパクトにまとまった本体とビッドケース。内部も程よく厚みのあるクッションです。

 

▼充電用ケーブルから、コンパクトさを感じ取れるかと思います。

 

▼かなり太いビッドも揃っています。本体・延長アダプターへの装着はマグネット式で、すんなりと取り付けることができます。

▲ビッドケースは目に付くバリもなく良好です。

 

 

▼Xiaomiのスマホ・タブレット・パソコンは、他社と比較して特筆すべきデザインではなく、一般的なデザインですが、当製品のデザインは他社製よりも秀でています。

 

▲▼ネジもなければ、継ぎ目は3ヶ所あるのみです。

 

▲▼明るさは控えめですが、使用時にはLEDが白く点灯します。

 

▲▼充電の USB Type-C ポート。充電のインジケーターは、充電中は赤、充電完了すると白に点灯します。

 

▼実機は文字がより淡く判読しづらいのですが、正逆転切替のインジケーター。ダイヤルを回して切り替えますが、ほどほどに硬く 誤って回転させてしまうことはないでしょう。

 

▼ビッドを装着。本体への直接取り付け、アダプターともにマグネット式で、指で調整する必要もなく すんなりと装着できます。また、すぐに外れるような柔さもなく適切です。

 

▼サイズ感がわかるよう、マウスを並べてみました。

使用感

現在のところ、使用する状況は多くないため、組み立て済のデスクやウッドデッキなどのネジを緩めたり、締め直したりするなかでの使用感を記載します。

  • マグネット式のビッドの取り付けは、スルッと簡単に取り付けでき便利です。また、手動のビッド交換式ドライバーでは、ビッドがすぐに外れてしまう製品もあるのですが、そのような現象もありません。
  • トルクを調整できないこともあってか、二度締めを行う際には ドライバーが空回り・ネジをなめてしまうことが何度かありました。
  • 実測では 9mm溝ビッドとなり、所有するビッドも マグネットにより 取り付けることができました。
  • 何度も記載のとおり、デザインは秀逸ですが、やや油脂はつきやすい。デザインよく、質感も高いために 電動ドライバーとしては不要な(汚さないように)気遣いを抱いてしまいそうです。
  • LEDライトは室内の照明のもとでは明るさ控えめですが、暗闇では十分に活躍します。
  • 私が所有する手動のドライバーセット・他の電動ドライバーのケースはプラスチック製となり、ケースが割れてしまったものが多いのですが、本製品に付属のケースはその懸念もありません。

 

▼ 9mm溝ビッドの汎用サイズであり、手持ちのビッドも装着できました。

まとめ

デザインが大きな魅力となる「Xiaomi MIJIA 充電式コードレス電動ドライバー」ですが、汎用性のある 9mm 溝ビット、程よい硬さのスイッチと正逆転切替ダイヤルなど、使い勝手も良好。さすがに、Xiaomi ブランドと思わせる製品です。

 

▼今回はオープンして間もない海外通販サイト「hekka」から取り寄せました。提供いただいた クーポン「WinAndInet10」の利用により 39.99ドル、約4,600円での販売です。

XIAOMI Mijia Cordless Rechargeable Screwdriver

 

海外通販サイト、hekkaについて

最後に新設の海外通販サイト「hekka」について記載します。2022年2月6日時点では 取り扱い品数は多くないものの、ブランドを厳選して販売しているようであり、今後の展開に期待です。

  • 私が知る範囲では、Web サイトは2021年に開設の シンガポールを拠点する会社です。
  • Xiaomi、Amazfit、OnePlus、realme、CHUWI、Jumperなど、ブランドを厳選して販売しています。
  • 現在のところ、拠点のシンガポール以外では、EU、USA、ロシアに倉庫があり、これらの地域をメインに展開しているようです。
  • 今回レビューした製品はマレーシアからの発送となり、到着までに要した期間は13日(海外通販 マレーシアから日本への配送期間、国際eパケットライトでの事例 )。中国からの標準的な配送期間とほぼ同じです。

 

▼情報を見落としていましたが、Core i3-6157U、メモリ 16GBの14インチノート 「Jumper EZbook X5」が販売されていました

Jumper EZbook X5、hekka

Hekka 公式サイト

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました