Xiaomi Mijia 1S、USB Type-C充電によるコンパクトな電動エアポンプの特徴とクーポン価格情報

電動ドライバーや掃除機など、小型家電・ツールも展開している XiaomiおよびXiaomi 関連企業ですが、上の画像のUSB Type-Cによる充電・ワイヤレスで使用できる電動エアポンプ「Xiaomi Mijia 1S」も販売しています。

Amazon他の国内通販でも販売されていますが、海外通販のhekka サイトにて 5月31日まで クーポンセールを行っていますので、製品の特徴と価格情報を掲載します。

Xiaomi Mijia 1Sの特徴

国内外通販では、多くのコンパクトな電動エアーポンプが販売されていますが「Xiaomi Mijia 1S」もその一つ。スマホやタブレットなどを多く展開している「Xiaomi」ならではの安心感に惹かれます。hekka サイト・Amazon サイトから抜粋の特徴は以下となります。

  1. USB Type-Cでの充電式。フル充電で、8本の自動車タイヤ(大型車には未対応)、9本のロードバイクタイヤ、10本の自転車タイヤ、41個のボールに空気充填可能。
  2. 自動車のタイヤ 1本の空気充填に要する時間は約5分。
  3. 最大圧力は150psi、空気圧を指定できる機能も装備。設定された空気圧に達成すると自動的に停止する機能により、空気の入れすぎや空気不足などの心配も不要。
  4. LEDライトを装備し夜間や暗所でも利用可能、空気圧単位を一目で確認できるLCDデジタル液晶を搭載。
  5. 約480gと軽量、専用の収納ポーチが付属。サイズは本体のみで124 x 71 x 45.3mm

 

上記の特徴において、レビューなどを参照しつつ、私が感じた事項は以下です。

  • 上記1の充填可能な事例において、レビューを参照すると普通自動車の8本の充填には無理があり(フルに充填する方はいないと思いますが)、車の場合には空気不足時の充填、軽自動車向きと思ったほうが無難。
  • 動作ノイズ・騒音は「1mの距離で80dB未満」とあり、70dB台とした場合には「高速走行中の自動車内、セミの鳴き声」相当の音量。製品の性質上、動作時の音量には覚悟すべきですね。
  • 私はXiaomiのLED ライト付きの電動ドライバーを使用していますが、電動エアーポンプにおいても LEDライトを装備することは便利です。

 

▼自転車で通勤・通学する場合の面倒なことの一つがタイヤの空気入れですが、「Xiaomi Mijia 1S」の利用により、1本約3分で充填可能となり手間いらず。

 

▼USB Type-Cでの充電、LED照明付きであることも、夜間・暗闇での対応では便利な機能。ただし、騒音レベルは80dB未満とあり、夜間の使用には要注意です。

 

▼5つの充填モードを備えており、自由モードも含めて一定の範囲内で空気圧を設定することができます。

価格情報

Amazon 価格 5,999円に対して、海外通販のhekka サイトでは クーポン利用により 37.49ドル。気になる送料と換算レートですが、試しにカートに入れて確認したところ、送料は無料。同サイトでは円貨表示できないのですが、AliExpressの5月15日時点の換算レートを適用すると 5,006円。昨今のように円安が進んでいない場合には、4,000円台前半となるのですが、それでもAmazonよりも割安です。

 

▼クーポン「xiaomi1s0426」の利用により 37.49ドル、クーポンの有効期限は5月31日。中国からの出荷、コロナ禍も踏まえ、納期は3週間程度要すると思われます。

 

▼こちらはhekka サイトから取り寄せの「Xiaomi MIJIA 充電式コードレス電動ドライバー」。家族で便利に利用しています。

Xiaomi MIJIA コードレス電動ドライバーの実機レビュー、ネジのない一体型ボディは秀逸、使い勝手も良好
スマホ、パソコン、スマートウォッチのほか、プロジェクターやコードレス掃除機、家庭用防犯カメラなどの小型家電も販売する「Xiaomi」ですが、国内外通販で「電動ドライバー」も販売しています。そこで、今回れビューするのは、上の写真の「X...

コメント

タイトルとURLをコピーしました