Xiaomi Mi Pad 4、iPad miniサイズのAndroidタブレットがリリース。Mi Pad 3、Teclast M89とのスペック比較

Xiaomiからリリースされた8インチタブレット「Xiaomi Mi Pad 4」。Mi Pad 3の後継となる、ほぼiPad miniと同サイズの製品。8インチタブレットでは、4:3のアスペクト比のiPad miniのサイズ感が好きな私としては、Xiaomi Mi Pad 4の大きさ(4:3ではなく16:10ですが)と、多くの魅力的なスマホをリリースするXiaomiの製品として気になるところ。

今回はこのXiaomi Mi Pad 4の概要を、Mi Pad 3、同じくiPad miniと同サイズのTeclast M89と比較しつつ整理してみました。

 

関連記事

Teclast M89、iPad miniサイズの6コア 金属製ボディのAndroidが登場

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Pad 4の概要

下表はXiaomi Mi Pad 4とMi Pad 3、iPad miniとほぼ同サイズのタブレットのうち、リリースされたばかりのTeclast M89のスペックを比較したものです。また、ディスプレイ・サイズのみの参考として、iPad mini 2,3,4を併載しています。

なお、Mi Pad 5には、下表のメモリ 4GB / ストレージ 64GBの他、メモリ 3GB / ストレージ 32GBのバージョンがあり、LTE版もあります。

主として、Mi Pad 3と比較した場合のポイントは以下のとおり。

 

  • CPUは6コアのMTK8176から8コアのSnapdragon 660に。
  • GPUは、Mi Pad 3のGX6250に対し、Mi Pad 4はAdreno 512。双方のベンチマーク比較(海外サイト PowerVR GX6250 vs Qualcomm Adreno 512)によると、全てのベンチマーク・項目でAdreno 512はほぼ倍のスコアとなっています。
  • Mi Pad 3ではiPad miniと同じ4:3のアスペクト比・解像度でしたが、ディスプレイサイズを0.1インチと僅かにアップするとともに、アスペクト比を16:10にし、解像度をやや落としています。製品情報では「片手での操作をしやすく」としていますが、確かに横幅ではMi Pad 3より約1.2cm、iPad mini 4よりは約1.5cm小さく、片手操作する場合に、この差は大きい。
  • バッテリー容量は、Snapdragon 660となりバッテリー消費が抑制されたためか、あるいは軽量化のためか、Mi Pad 3より600mAh少なくなっています。
  • 後ほどにリンクを貼ったTecTabletsのレビュー動画では、HDMIポート・GPSを持たない点が惜しいとしています。

 

▼幅は約12cm。手持ちの8インチで幅12.6cmのタブレットは、確かに片手で持つことはできます。快適操作となると厳しいのですが。

 

▼Type-Cポートがあるため必ずしも必要ではないのですが、HDMIポートがあるとよりよかったかも。

▼「eye-protection mode」を搭載とあります。Alldocube X1、2カ月使用後も感じるサクサクなレスポンスと視認性のよさ、価格に見合う 10コア8.4インチタブレットのeye-protection modeが秀逸なだけに、Mi Pad 4にも期待。

 

▼TechTabletsのレビュー動画。ピンクのボディですが、金属ボディの質感、レスポンスのよさともに伝わってきます。

このTechTabletsサイトは、サイト・レビュー動画ともに、メリット・デメリットともにユーザー目線での平易なものから、マニアックなものまで記載・コメントしており、大いに参考になります。

まとめ

メモリ 4GB / ストレージ 64GB / Wi-Fiモデルの価格は約300ドル(2018年7月22日時点)と、やや高めのXiaomi Mi Pad 4。先のリンク先のTechTabletsサイトでは、「中国国内では安いのに なぜEUではこんなに高いのか?」とのコメントが散見されます。

がしかし、日本国内に目を向けると、約4万円の8.4インチタブレット「Huawei MediaPad M5」と比べると、Xiaomi Mi Pad 4のコスパ度が優位。好みは人それぞれですが、iPad miniサイズの手軽さは見逃せません。

 

GearBestの価格情報
Gearbest Xiaomi Mi Pad 4 Tablet PC 4GB + 64GB
Xiaomi Mi Pad 4 Tablet PC 4GB + 64GB

 

▼ミドルハイクラスの製品比較では、Amazonでも販売のHuawei MediaPad M5よりもコスパ高し

▼こちらはM5の64GB版

HUAWEI MediaPad M5の64GB版が期間・個数限定で365.99ドルで販売中(29%オフ)
量販店やAmazonで人気のAndroid タブレットとして、まず思い浮かぶのはHuaweiのMediaPadシリーズ。そのMediaPadのフラッグシップ機が、国内では2018年5月18日に発売されたMediaPad M5。 ...

 

製品情報(タブレット)
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめの8インチタブレット
Teclast M89

・7.9インチ、MTK8176 6コア、メモリ 3GB、ROM 32GB
・iPad miniと同じ解像度、サイズはiPad mini 2,3とほぼ同じ
・iPad miniのケース等が活かせるかも
・OSはAndroid 7.0
・価格は150ドル前後

Alldocube X1

・Alldocubeのハイエンド機
・8.4インチ、Helio X20 10コア、メモリ 4GB、ROM 64GB、LTE対応
・解像度 2560 x 1600、Eye comfortモードを備え視認性よし
・OSはAndroid 7.1
・価格は240ドル前後だが、価格以上の価値あり

Teclast P80 Pro

・Amazon Fire HD 8対抗(?)の8インチタブレット
・CPUはFire HD 8と同じMTK8163 4コア
・メモリ 2GB、OGSスクリーン、1920×1200の解像度、アルミ製ボディはHD 8より優位
・OSはAndroid 7.0
・価格は100ドル前後

Win And I net

コメント