Snapdragon 870搭載の11型タブレット「Xiaomi Mi Pad 5 Pro」がリリース、専用キーボードも用意

Xiaomiから Snapdragon 870を搭載する 11インチ 2.5K 解像度のAndroid タブレット「Mi Pad 5 Pro」がリリースされました。RAM 6GB / ROM 128GB、RAM 8GB / ROM 256GBのバージョンが存在しますが、動画を確認したところ、ディスプレイのベゼル幅も狭くスタイリッシュ、専用キーボードも用意されています。

ただし、8月14日時点では、言語は中国語・英語のみに対応し、Google Playに未対応。多言語対応のグローバル版の販売待ちです。

情報元
Geekbuying

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Pad 5 Proのスペック

上の画像は別売りのキーボードケースですが、ボディ色にあわせて ブラック・ホワイト・グリーンの3色が用意されており、かなり薄いキーボードです。

さて、Xiaomi Mi Pad 5 Proの詳細スペックは以下です。

CPUSnapdragon 870、8コア
GPUAdreno 650
メモリ6GB / 8GB
ストレージ128GB / 256GB UFS 3.1
ディスプレイ11インチ、IPS、解像度 2560 x 1600、120Hzのリフレッシュレートに対応
WiFi、Bluetooth11a/b/c/g/n/ac、Bluetooth 5.2
LTE5G対応版もあり
カメラフロント 8百万画素、リア 13百万画素 + 5百万画素
バッテリー容量8600mAh、USB Type-C、67Wの急速充電に対応
サイズ(本体)254.69 x 166.25 x 6.86 mm、515g
OSMIUI 12.5
その他8スピーカー、認証の詳細は確認できず 指紋認証・顔認証に対応、専用キーボードの設定あり、筆圧 4096レベルのスタイラスペンに対応

 

Lenovo XiaoXin Pad Pro、スナドラ 730G、11.5型有機EL搭載 Android タブレットのスペック、セール価格情報
Lenovoからリリースされた、11.5インチのAndroid タブレット「XiaoXin Pad Pro」。Snapdragon 730Gに、メモリ 6GB、ストレージ 128GB、JBLの4スピーカーを装備と基本スペックが高いう...

ハイエンド寄りのAndroid タブレットとしては、上の記事で紹介の「Lenovo XiaoXin Pad Pro」あるいは同型の「LAVIE T1195」がありますが、これらのCPUはSnapdragon 730G。Xiaomi Mi Pad 5 Proは上位のSnapdragon 870を搭載しており、スペックとしては完全に優位です。ただし、Lenovo XiaoXin Pad Proが有機ELパネルを搭載している一方、Mi Pad 5 Proにはその情報がありません。

 

▼直近で販売されたXiaomiのスマホで、Snapdragon 870を搭載する事例としては以下の「POCO F3」があります。私は下位のSnapdragon 860、ストレージに高速なUFS 3.1(Mi Pad 5 Proにも搭載)を採用の「POCO X3 Pro」を使用していますが、メイン使いのiPhone 12 Pro Maxと同等以上にキビキビと動作しています。

POCO F3、スナドラ870を搭載し、AnTuTu スコア 約63万で3万円ちょいの驚愕の高コスパ。3/29にセール開始
コスパに優れたスマホを展開する「POCO」ですが、Snapdragon 870、120Hzのリフレッシュレート、6.67インチのAMOLEDパネル、高速なUFS 3.1ストレージを搭載する「POCO F3」が、AliExpressの...

 

▼専用キーボードケースのホワイトモデル。ボディ色にあわせて、ブラック・ホワイト・グリーンの3色が用意されています。私が知る限りでは、ボディと専用キーボードの色がマッチングしている、Android タブレットは初めてです。

 

▼8月14日時点では細部を確認できる画像がほとんどないのですが、以下のキーボードの画像と動画にて雰囲気を確認することができます。ディスプレイは十分に明るく鮮やかで、ベゼル幅も一般的なタブレットよりも細いもの。

 

▼ブラックのキーボードの拡大画像ですが、中央にXiaomiのロゴがあり純正であることがわかります。

 

▼8月20日追記。指紋認証と顔認証の双方に対応しています。指紋認証は電源ボタンと兼用となり、認証を意識する必要もありません。

 

▼8月21日追記。対応バンドなどの詳細は明らかではありませんが、5G LTE 対応版、WiFi 版の双方が用意されています。

 

▼筆圧 4096レベルのスタイラスペンに対応しています。ちなみに、AliExpressで販売の専用スタイラスペンの価格は 75.99ドル

 

▼8スピーカーの仕様詳細の記載はないのですが、2つめのMi Pad 5(Pro版ではない)の4スピーカーを参照すると、背面とサイドにスピーカーを装備する仕様かも。

 

▼こちらは中国の店頭展示品の動画。ベゼルはイメージ画像よりも僅かに太いようにも見えますが、鮮やかなパネルです。

まとめ

速報ベースで「Xiaomi Mi Pad 5 Pro」のスペックをお伝えしました。8月14日時点では、中国版(中国語、英語のみに対応。Google Playに未対応で、アプリインストールはWebからインストールファイルをダウンロードする必要がある)のみの販売となり、様子見です。

多言語対応版の発売の際には、Xiaomi ブランドの製品、Snapdragon 870を搭載していることから、注目を集めることになるでしょう。

 

▼8月14日時点では中国版の販売となり様子見ですが、参考までの価格情報です。メモリ 6GB、ストレージ 128GBの最小構成は約61,000円、専用キーボードは約11,000円です。

Geekbuying

 

▼専用キーボードはこちら。Android タブレットのキーボードカバーで約11,000円とは、Surface Goのアルカンターラ素材のキーボードとほぼ同価格(Amazonはこちら)であり、ちょっと割高ですね。

専用キーボード、Geekbuying

 

8月21日追記。Snapdragon 860を搭載、無印の「Mi Pad 5」も販売となりましたので、以下の記事にて Pro版とのスペック比較をしています。
Snapdragon 860搭載の11型タブ Xiaomi Mi Pad 5、Pro版とのスペック・価格比較
XiaomiのAndroid タブレットとして、11インチの「Mi Pad 5 Pro」が先行販売されていますが、遅れること数日、「Mi Pad 5」も販売開始となりましたので、Pro版とスペックを比較してみました。大きな相違は、P...

 

8月25日追記。Snapdragon 870搭載機としては、13インチでモバイルモニターとしても利用できる、以下の「Lenovo Yoga Pad Pro (国内版は Yoga Tab 13)」にも注目です。
Lenovo Yoga Pad Pro、スナドラ870搭載の13型タブ、Yoga Tab 13の海外版が 669.8ドルの販売情報
先日紹介の、Snapdragon 870を搭載する13インチのAndroid タブレット「Lenovo Yoga Tab 13」。壁掛けができるうえに、パソコンなどを接続しモバイルモニターとしても利用できることも大きな特徴です。情報...

コメント

タイトルとURLをコピーしました