Xiaomi Mi Notebook Pro 2(GTX版)が新規リリース、進化のポイントをまとめてみた

最近、海外通販サイトでの値下げ幅が大きくなったXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチのディスプレイに第8世代のCore i5もしくはCore i7を搭載し、PCI-E接続のSSDと圧巻のスペックです。値下げ幅が大きくなっていたのは、Notebook Pro 2 (GTX版)のリリースを控えていたためですが、既に海外通販サイトではスペックが明らかにされています。今回はこのXiaomi Mi Notebook Pro 2 (GTX版)のスペックアップした事項を確認してみました。

 

関連記事

Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻

 

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Notebook Pro 2 (GTX版)の進化のポイントはGPU

こちらの画像はPro 2ではなくProです。Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻より。

 

▼CPU、メモリ搭載量、SSD容量により価格が異なるXiaomi Mi Notebook Proですが、以下はエントリークラスの構成での、ProとPro 2の比較です。

いいのか、わるいのか、大きくスペックアップしたのは、海外サイトあるいはXiaomi公式での事前情報(中国語)のとおりGPUのみとなっています。確かに、現状でも十分にスペックの高い端末ですので、現段階でこれ以上のスペックアップとなると、GPUあるいは解像度のアップでしょうね。

スペック表に記載していない事項も含め、スペックアップした事項は以下となります。

 

  • GPUは、GeForce MX150からGeForce MX1050 Max-Qに。
  • デスクトップ向けのGeForce MX1050では大きなファンを持つ製品が定番ですが、NVIDIAのいうMax-Qとは、ノートPC向けに電源と熱設計を大きく変え、それらをカバーするソフトウェアを含めたもの(詳細は「熱くて厚いゲーミングノートがMax-Qで変わる。新設計を提案するNVIDIAの狙い」を参照)。
  • 具体的には不明であるものの、冷却装置も見直し。
  • さらに、SDカードの高速化対応(UHS-IIに対応)と読み取れます。

 

さて、GeForce MX150からGeForce GTX1050 Max-Qとなりましたが、これがどれほど貢献するものか。GeForce MX150とGTX1050のベンチマークスコア、あるいは比較動画など、わかりやすく表現しているサイト・動画がみつからなかったのですが、Xiaomi公式サイトの中国語の意訳では以下としています。

新しいNVDIAGeForce GTX 1050 Max-Qグラフィックスカードを搭載し、MX150バージョンのProとの比較では大幅に72%増加(何が増加か読み取れず)。 GeForce Max-Qによる革新的なデザイン、スリムで高性能で静かなノートブックとなり、4GB DDR5大容量メモリ、大規模3Dゲームや1080p解像度でのプロフェッショナル向けのスムーズな動作環境を実現。

 

GeForce GTX1050については、関連する以下の製品などでイメージしやすいかと思いますが、ゲーミングPC向けのGPUとして紹介されています。

 

▼デスクトップ用となりますが、GeForce GTX1050搭載のグラボ。換装用のグラボとしては安い部類ですが、それでも15,000円強の価格。

 

▼こちらはマウスコンピューターのゲーミングPCのうち、GeForce GTX1050を搭載する「NEXTGEAR-NOTE i5320 シリーズ(同社のゲーミングPCではエントリークラス)」へのリンクです。Xiaomi Notebook Pro 2とは搭載するCPUが異なりますが、税抜価格は10万円~16万円となっています。

ベンチマーク「3DMark」のうち、高性能なゲームPC向けベンチマーク 「Fire Strike」のスコアは6,035(CPUはCore i7-7700HQ)として紹介されています。

icon
icon

▼こちらはNotebook Pro 2 (GTX版)の冷却装置。ファン2個搭載はProと同様で一見して変わってないように見受けられますが、銅板等を見直したものか。Proでは負荷がかかるとやや耳障りなファン音のため、改善されているとよいのですが。

まとめ

GPUがGeForece MX150からGeForce GTX1050となった、Xiaomi Mi Notebook Pro 2 (GTX版)。ゲームを行う方にとっては吉報かと。私の興味はMX150版とGTX1050版の価格差がどれほど縮まるか、あるいはMX150版と併存されるのか。MX150版も十分にハイスペックであるため、(これ以上の値下げは無理かと思いますが)価格を抑えて併存だとよいのですが。

 

▼2018年8月13日現在のGearBestでのGTX版とMX版の価格はこちら。Core i5 / メモリ 8GB / SSD 256GBの場合、GTX版が1356.84ドル、MX版が849.99ドル。

Gearbest Xiaomi Mi Notebook Pro / Pro 2
Xiaomi Mi Notebook Pro / Pro 2

 

▼こちらはMX版のレビュー

Xiaomi Mi Notebook Pro、1週間使用後のまとめレビュー。つい微笑んでしまう快適なレスポンスと操作性
Xiaomiのフラッグシップ機となるXiaomi Mi Notebook Proを、1週間ほどGeekbuying様よりお借りしていましたが、今回は1週間使用したなかでのまとめレビューです。私がお借りしたのは、Core i5、メモリ...
Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・9月半ばの出荷待ちですが、クーポン適用で279.99ドルで販売中(8/7日現在)
・全面アルミ製ボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Jumper EZBook X4

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・価格は300ドル前後。セール時には280ドルほどになることも
・リンク先はTNパネル版ですが、IPSパネル版も販売中(8月末に出荷)

Win And I net

コメント