Windows 10 / 11にて、タスクバーの天気アイコン・ウィジェットを非表示にする手順

Windows 10 / Windows 11のタスクバーに常駐している「天気のアイコン、ニュースのウィジェットへのショートカット」を非表示にする手順について記載します。メモリを特に消費するものでもなく、表示のままでも大きな影響はないのですが、私はPCでの作業に集中したい場合など、アイコンをフォーカスするたびにウィジェットが表示されると鬱陶しく感じ、非表示にしています。

Windows 10にて非表示にする手順

 

▼タスクバーに常駐している天気のアイコン・ショートカット。今回はこちらを非表示にする設定です。

 

▼今後、Windows 10のバージョンによって手順が異なることもあるかと思いますが、21H2での手順となります。

 

▼天気のアイコンにフォーカスを当ててみると、ニュースなどのウィジェットが表示となります。通勤電車内などでは、スマホでYahoo! ニュースを毎日 閲覧している私ですが、このウィジェットは PC作業中にはお邪魔な存在です。

 

▼アイコンを右クリックし、「ニュースと関心事項」を押下すると、標準設定では「アイコンとテキストを表示」となっています。非表示にするには「無効にする」に変更して設定完了です。

 

▼非表示となりました。もちろん、PCを再起動しても非表示の状態を保持しています。非表示から表示にする場合には、バッテリーアイコンの左を右クリックすると上の画面が表示されますので、「アイコンとテキストを表示」に変更します。

Windows 11にて非表示にする手順

Windows 11の場合には、タスクバーを右クリックし「タスクバーの設定」を押下、以下の画面にてウィジェットをオフにして設定完了です。

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました