Windows 11のシステム要件、セキュアブートを有効にする手順

Windows 11のCPU・TPM 2.0などのシステム要件を満たしたPCを Windows 11へ更新しようとしたところ、「セキュアブートの要件を満たさず」との表示となりました。私はWindows PCに他のOSを導入するために、セキュアブートを無効化にしていたのですが、セキュアブートを有効化する手順について記載します。なお、今回はLenovo ThinkPadの事例ですが、お使いのPCによっては BIOSの画面や手順が異なります。

スポンサーリンク

PC正常性チェック、セキュアブートの要件を満たさない事例

Windows 10からWindows 11に更新する場合にには、以下の「Windows PC 正常性チェックアプリ」により、システム要件を満たすことが前提(これを突破しないとWindows 11の更新に進めず)となりますが、「セキュアブートの要件を満たさない(無効となっている)」PCの事例を記載します。

Windows 11、更新時のシステム要件確認に必須の「Windows PC 正常性チェックアプリ」の使用事例
Windows 10から11への更新時に、Microsoftの「Windows PC 正常性チェックアプリ(Windows PC Health Check」による システム要件の確認が必須となっています(今後、更新通知に基づく場合に...

 

▼Windows 10の「Windows Update」にて「Winodws 11のシステム要件を満たさず」との表示があります。

▲画面右にあるリンク「PC 正常性チェックを受ける」とは、前述の「Windows PC 正常性チェックアプリ」での確認となり、リンク先は以下のMicrosoft公式サイトの互換性の確認サイトです。

Microsoft 公式サイト、Windows 11 互換性の確認

 

▼上記リンク先・上述の「Windows PC 正常性チェックアプリ」の確認結果が以下です。「PCではセキュアブートをサポートしている必要があります」となり、セキュアブートの要件を満たしていません。これはBIOSでセキュアブートが無効化となっている状態ですが、一般的には簡単に有効化できます。

▲▼私が「セキュアブート」を無効化していたのは、ThinkPadに増設したSSDにmacOSを導入していたため。

ThinkPad X280でHackintosh、macOS Catalinaを導入。課題はあるも概ね安定動作
ThinkPad X280のM.2 2242サイズのポートに片面実装のNVMe SSDを増設しましたが、そのSSDはCHUWI MiniBook用に、HackintoshによるmacOS Catalinaを導入していたものです。これ...

セキュアブートを有効化する手順

お使いのPCにより、BIOSの画面や設定項目の表示が異なる製品もありますが、一般的には以下の手順でセキュアブートを有効化します。

  1. PC起動時にEsc、あるいはF1キーの押下により BIOSを表示
  2. Securityのタブに移動する
  3. Secure Bootの項目にて、Secure BootをEnabledに変更する
  4. 変更した設定を保存して完了

 

▼BIOSを表示し「Security」タブを開きます。

 

▼「Secure Boot」の項目にて、DisabledをEnabledに変更し保存して完了です。

Windows 11
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました