Windows 11、スタートメニューの初期表示を「すべてのアプリ」とする方法(Explorer Patcherを使用)

Windows 11、スタートメニューの「おすすめ」を完全非表示にする方法(Explorer Patcherを使用)」の記事と関連して、Windows 11のスタートメニューの初期表示を「ピン留め済み+おすすめ」の構成から「すべてのアプリ」に変更する方法について記載します。

スポンサーリンク

Explorer Patcherの利用により実現

スタートメニューから「おすすめ」の完全非表示、「すべてのアプリ」を初期表示をする設定ともに、フリーソフト「Explorer Patcher」により実現します。ダウンロードとインストール方法は以下の記事を参照ください。

Windows 11、スタートメニューの「おすすめ」を完全非表示にする方法(Explorer Patcherを使用)
Windows 11のスタートメニューには、「ピン留め済み」の下に「おすすめ」が表示されていますが、私の場合には画像編集で一時的に使用したファイルが表示されており、再利用することはなく「おすすめ」自体が不要な状況です。 フリー...

 

▼「Explorer Patcher」での設定、Windows 11のスタートアイコンの押下により、以下の「すべてのアプリ」が初期表示となります。右上の「戻る」の押下により、通常の「ピン留め済み+おすすめ」の構成、あるいは「Explorer Patcher」の設定により「ピン留め済み」のみの画面を表示することができます。

スタートメニューの初期表示を「すべてのアプリ」とする方法

トップ下の画像を再掲載しましたが、「Explorer Patcher」の以下の設定により、上の画像右のように「すべてのアプリ」が初期表示となります。

 

▼「Windows 11、スタートメニューの「おすすめ」を完全非表示にする方法(Explorer Patcherを使用)」に記載の手順により、「Explorer Patcher」をインストール済であることを前提にしています。

以下のデフォルトの画像では、左メニュー「Start menu」の押下により表示の「Open Start in All apps by deault」が無効になっている状態ですので、これを有効化します。

 

▼下の画像は「Open Start in All apps by deault」を有効化した状態ですが、有効化後、左下の「Restart File Explorer」の押下により、「すべてのアプリ」が初期表示が実行となります。なお、「Restart File Explorer」の押下により(他の設定も含めて、設定変更後は押下する必要あり)、数秒間、白あるいは黒の画面が表示されますが、これは正常なプロセスです。

▲なお、「Open Start in All apps by deault」の上に「Disable he “Recommended” section」がありますが、これを有効化することにより(画像は有効化している状態)、スタートメニューの「おすすめ」が完全に非表示となります。

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました