Windows 11、設定画面からBIOSを起動する方法

Windows 11の設定画面から BIOSを起動する方法について記載します。手順としては、Windows 10での流れと途中からは同じとなり、Windows 11の設定項目の並びとデザインが、Windows 10と多少異なるのみです。

スポンサーリンク

Windows 11、設定画面からBIOSを起動する方法

 

▼スタートメニューより「設定」を選択します。

 

▼「システム」の「回復」を選択します。

 

▼「PCの起動をカスタマイズする」にある「今すぐ再起動」を押下します。

 

▼未保存のファイルの有無を確認、必要に応じて保存のうえ、「今すぐ再起動」を押下します。

 

以降はスクショではなく写真の掲載です。

 

▼トラブルが発生したわけではないのですが、「トラブルシューティング」を押下します。

 

▼「詳細オプション」を押下します。

 

▼「詳細オプション」のうち、「UFFI ファームウェアの設定」を押下します。

 

▼「再起動」を押下すると、再起動後にBIOSの画面が表示されます。

 

▼BIOSが表示されました。

まとめ

Windows 11の場合もWindows 10と同様に、PC起動の初期画面での「F1」キー、あるいは「Esc」キーの押下など(PCにより異なる)により、BIOSを起動できます。

Windowsの設定画面から BIOSを起動する場合、起動時のキーボード操作よりも工程は多いのですが、キーボード操作ではタイミングがずれて Windowsが起動してしまうこともあり、設定画面での対応がより確実とも言えます。上記のとおり、Windows 11での対応も Windows 10と、設定画面の項目配置以外は同ステップとなります。

 

Windows 11
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました