Windows 10 ストレージセンサーとは。自動で有効になったので機能を確認してみた

Windows 10の各種通知は気にしないことが多いのですが、先日 目に留まったのが「ストレージセンサーをオンにしました」とのメッセージ。一時ファイルなどを自動的に削除し空き領域を増やすものですが、これまでフリーソフトのCCleanerなどで不定期に行っていたものをWindowsの標準機能で可能とあれば使えるに違いないと、今さらながらに概要を確認してみました。

 

※ Windows 10 Home、バージョン 1803、OSビルド 17134.165に基づくものです。

関連記事

Win 10にも使えるCCleaner、PCファイルの掃除・各種制御に最適なフリーソフト

 

スポンサーリンク

ストレージセンサーの機能

▼こちらが通知領域で受領したメッセージ。

普段なら「勝手に機能をオンにするとはなんたることか」と思うのですが、「ストレージ使用率を最適化」に惹かれ概要を確認してみました。

 

▼「設定」「システム」にある「ストレージ」の画面より。

メッセージのとおり、ストレージセンサーがオンになっています。

 

▲▼「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」を確認してみると、変更可能な項目は以下の3点。

  1. 自動的に一時ファイルを削除するタイミング
  2. 削除する一時ファイルの経過期間
  3. ダウンロードファイルを一定期間経過後に削除するか否か

 

 

▼うち、一時ファイルを削除するタイミングは、「毎日、毎週、毎月、Windowsによって決定されたとき」の4択。ただし、毎日、毎週、毎月と言ってもそのタイミングはいつなのか、特に「Windowsによって決定されたとき」とはいつなのか、その定義が曖昧です。

 

▼ゴミ箱に移動してからの期間とダウンロードからの期間は「1日、14日間、30日、60日」から選択できます。

ダウンロードしたファイルを一律に削除されると困ることもあるため、「ダウンロード」の初期設定が「許可しない」としているのはよい配慮です。私の場合、ブログ記事で使用する圧縮した画像ファイルなど、大量のダウンロードファイルがあり、たまってくると並び替えなどの動作が重くなるために、このダウンロードファイルの定期的な削除は活躍しそうです。

 

「今すぐ空き領域を増やす」を実行してみた

定期的に削除する以外に「今すぐ空き領域を増やす」があるので、これを実行してみました。

 

▼チェックが入っている箇所はストレージセンサーのデフォルトの設定です。

私の環境では822MBの削減量。Windowsの機能だけのことはあり、Windows アップグレードログファイル、エラー報告ファイル、重要度の低いウィルス対策ファイルの項目があるのはありがたい。

また、「ゴミ箱」の整理はつい忘れがちなため(たまってくると、その削除にかなりの時間がかかる)、ゴミ箱ファイルの定期的な削除もよい機能です。

 

▲▼上の画像は一部抜粋ですが、気になるのは以下の「以前のWindowsのインストール」が29.3GBもあること。

▲▼以前のWindowsのインストールファイルは「Windows old」フォルダにあるとのことなので、これをプロパティで確認してみるとその容量は5.47GB。この程度の容量ならよいのですが、残りの24GBが他のフォルダに分散していると嫌なため、29.3GBをまとめて削除してみたくなります(しばらく様子見。24GBの差が気になりますが)。

まとめ

今さらながらのWindows 10の標準機能「ストレージセンサー」の概要を確認しました。私なりに整理すると以下の機能となりますが、大まかなところはストレージセンサーの機能により定期的に一時ファイルを削除し、詳細な条件でのファイル削除は、不定期にCClearnerなどのフリーソフトでの対応が有効かと思います。また、ストレージセンサーはWindowsの機能なだけに安心感もあります。

  • Windowsのアップロードログ、ごみ箱、ダウンロードファイルなどを、削除したい項目を選択したうえで、任意のタイミングで定期的に削除
  • 定期的な削除以外に、任意のタイミングでの不定期で都度の削除も可能
Win 10にも使えるCCleaner、PCファイルの掃除・各種制御に最適なフリーソフト
先日の記事「スタートアップアプリ・Cortanaを無効化など、Win10快適化への対応」にて、Windows 10 デフォルトの各種設定にてデスクトップパソコンの快適化への対応を行いましたが、今回はフリーソフト「CCleaner」に...

コメント