悲報、Win 10 OSクローンソフト無料版ではクローン不可能に(4/4時点、EaseUS Todo Backup Free、MiniTool Partition Wizard)

HDDやeMMCからSSDへのWindows 10 OSクローンに便利に使用していたフリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free」と「MiniTool Partition Wizard 無料版」。ただし、2020年4月4日現在、双方ともに Ver.12の無料版ではOSクローンができずに有料版の購入が必要となっています。

当サイト、他サイトともに多く紹介されている「EaseUS Todo Backup Free」と「MiniTool Partition Wizard 無料版」ですが、4月4日時点の無料版ではOSクローンができないことを、留意事項として記載します。代替として、私はWindows 10の標準機能を活かして対応予定です。

関連記事

スポンサーリンク

EaseUS Todo Backup Free 12.0の事例

4月4日現在、無料版ではOSクローンができない状況になっているために、サイトのリンクを貼ることに意味はないのですが、参考までにEaseUS Todo Backup Free 12.0の公式サイトは以下です。

EaseUS Todo Backup Free 12.0

12以前のバージョンではOSクローンできていたのですが、かなり残念です。OSクローンにあたり、有料版が必要となる過程は以下。

 

▼システムクローンのドライブ選定画面は普通に遷移します。

 

▼クローン前の設定が終わり、クローンを実行しようとすると以下の画面となり、ライセンスコードの入力(ライセンス購入)を行わないとクローンができない仕様となっています。

MiniTool Partition Wizard 無料版 12の事例

上の画像は、中古で購入した 2011年に発売のLenovo X220ですが、HDDからSSDへのOSクローンを目論んでいました。

EaseUS Todo Backup Free 12.0と同様に、MiniTool Partition Wizard 無料版 12でもOSクローンができないのですが、参考までのダウンロードサイトは以下です。双方ともにVer.12で対応しなくなるとは、お互いに意識しているのでしょうか。

MiniTool Partition Wizard 無料版 12

 

 

▼ホーム画面は従来どおり。

 

▼クローン先ディスクの選定画面も従来と変わらず。

 

▼OSクローンを実行しようとすると以下の画面となり、ライセンスなくしては OSクローンできません。無料版の機能は全てバツになっており、何もできなくなっています。

まとめ

Windows 10 OSクローンに便利に使用していたフリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free」と「MiniTool Partition Wizard 無料版」。2020年4月4日現在では、双方ともにバージョンアップにより、無料版ではOSクローンができなくなっています。これまで無料で対応できていたのはありがたいのですが、私と同様にこの状況を嘆く方も多いと思います。

代替手段として Windows 10の標準機能で対応してみますが、ここで無用版で対応できるソフトが出現すると、一気に利用価値が高まりそうです。

ソフト
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました