Win 10 ノートPCのバッテリー容量・劣化の誤表示により、バッテリー駆動不可の状況も、ケーブルの抜き差しで解決

Windows 10のPCを使用していると、時々 不思議な現象に遭遇します。今回発生したのは、購入後 半年も経過していないにもかかわらず、バッテリーが3分も持たない現象。バッテリーの劣化を判断するソフトでは、バッテリーの劣化 99.7%となっており、それに応じて短いバッテリー持ち、つまりはソフトの誤動作となっていたのですが、マザーボード上のバッテリーケーブルを抜き差しすることで、無事に解決。今回はこの誤動作の状況などをレポートします。

スポンサーリンク

バッテリーの劣化 99.7%の状況

結果としては、バッテリーが99.7%も劣化するどころか、劣化は全くなく、ソフト側の制御がおかしくなっているためでした。このソフト側の不具合によって、バッテリーの劣化のような現象となり、バッテリーでは3分も持たない現象となっていたようです。

購入先に連絡を入れる寸前だったのですが、PCの底板を開け、マザーボードに接続されているバッテリーのケーブルを抜き差しすることにより、この現象も解消。何事もなかったかのように通常のバッテリー消費となっています。

 

▼こちらはバッテリーの劣化の確認のために導入したソフト

Win 10 ノートのバッテリー劣化を確認可能な「Battery Bar」と「Battery Report」の導入方法

 

▼フリーソフト「BatteryBar」で計測の、バッテリーの劣化の状況。上の画像は、バッテリーケーブルを抜き差し後に正常に戻った状態。下は劣化 99.7%の状態。

▲バッテリー容量が91mWhとあり得ない表示になっています。表示のみならよいのですが、この表示と同じようなバッテリー持ちとなっていたので大変でした。充電ケーブルを外した瞬間に電源が切れるような状態です。

 

▼こちらはWindows 10の標準機能である「Battery Report」で計測したもの。上の画像は正常なもの。

▲下の画像は充電状況を示すものですが、100%の充電で91mWhとおかしなことになっています。「BatteryBar」の表示も91mWhとなっているため、ソフト側での制御に不具合があったことで間違いなし。

バッテリー容量・劣化が誤表示となった原因

今回、ソフト的にバッテリーの劣化が99.7%となった原因ですが、「これで間違いないだろう」と思えることは、「電源とスリープボタンおよびカバーの設定」の変更(因果関係など、詳しいことは不明)。文末のリンク先記事に記載しましたが、今度はバッテリー残量が100%から変動しない状態が頻発しています。ちなみに、設定変更、今回の現象が発生したPCは以下のCHUWI MiniBook。

CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作のCore m3-8100Yに明るい液晶、タイピング感も想像以上。これで5万円台とは満足度高し

全てのMiniBook、あるいはノートPCで同様の現象になることはないのですが(所有する他のノートPCでは同現象は発生せず)、他の設定などと合わせて複合的にバッテリーの制御が効かなったように思います。

 

▼未使用時のバッテリー消費の抑制に有効な「電源とスリープボタンおよびカバーの設定」ですが、今回のバッテリー劣化の誤表示は、こちらの設定がトリガーになっていることに間違いないように思います。

 

▼バッテリー容量・劣化の誤表示は解消したのですが、今度はバッテリー残量が100%から変動しない状況が生じています。

CHUWI MiniBook、バッテリー残量表示が100%から変動しない状況に。ケーブル再接続で復旧するも一時的
Core m3-8100YのレスポンスとUMPCとしては良好なタイピングで、通勤電車内でのサイト記事編集などで快適に利用しているCHUWI MiniBook。ただし、最近 悩まされるているのが、バッテリー残量の表示がおかしいこと。残...

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました