Wajun Pro 14インチノートのスペックと特徴。EZBook X4の同型カスタマイズ版だがキーボードの変更は好感

Amazonでのサクラレビュー度を確認できる「サクラチェッカー」サイトでは、検索上位となっている「Wajun(ワジュン)」のPCですが(サクラではなく高評価)、最近 目に留まったのが上の画像の「Wajun Pro 14インチノート」。どこかで見たことがあるPCと思っていると、私が所有する「Jumper EZBook X4」と同型で、スペック・キーボードの色のカスタマイズ版です。EZBook X4などの海外通販サイトで販売の同型モデルよりもやや割高ですが、海外モデルの視認性のよくない、マイナスポイントのシルバーに白の印字のキーボードを克服している点はよいですね。

スポンサーリンク

Jumper EZBook X4と同型モデルであることの確認

「Wajun Pro 14インチノート」と「Jumper EZBook X4」はサイズは全く同じ、ディスプレイのデザインも同じなのですが、同型であることの確認はサイドのポート類や形状を見ると確実です。

▲上の画像は「Wajun Pro 14インチノート」、下の写真の下のPCが「Jumper EZBook X4」ですが(上はEZBook 3 Pro)、どう見ても同じですね。同じということは、「Wajun Pro 」の素材は、天板と底板はアルミ製、キーボード面はプラスチック製です。

「Wajun Pro 14インチノート」と「Jumper EZBook X4」の外観が気になる方は、以下の記事を参照ください。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...

 

▼本製品の外観で気になるのは天板のロゴ。VAIOぽくもありますが、下の写真のJumper EZBook X4のように控えめだとよかったのですが。

 

▼私は視認性のよくないEZBook X4のキーボードの交換を試みたのですが、マザーボードを取り外して完全に分解する必要があり断念。その点、ブラックのキーボードの本製品の視認性は全く問題なし。

EZBook X4のキーボード交換を試すも、難易度高くしばし保留に
Webサイト閲覧やサイト記事編集には、程よいレスポンスとタイピング感で活躍中のJumper EZBook X4 (私が所有の機種は現行のApollo Lake搭載ではなく、Gemini Lake)ですが、上の画像のとおり、キー印字の...

 

Wajun Pro 14インチのスペック

海外通販サイトでは同型のモデルが複数ブランドより販売されており、私が所有するJumper EZBook X4のCPUはGemini Lake N4100、現行はApollo Lake J3455、本製品はApollo Lake N3450であることなど、CPUは微妙に異なります。

CPUApollo Lake N3450
GPUIntel HD Graphics 500
メモリ8GB DDR3
ストレージ1TB SSD (120GB、180GB、256GB、512GB版もあり)
ディスプレイ14インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
WiFi11 b/g/n
Bluetooth対応
ポート類USB 3.0 x 2、Micro HDMI
バッテリー容量未確認
サイズ333 x 222 x 14.5mm、1.5kg
OSWindows 10 Pro
その他リカバリーUSBメモリー付属、Microsoft Office 2019搭載

 

4コアのApollo Lake (Celeron) N3450は、Webサイト閲覧やWordなどのライトユースでは遅さを感じることはありませんが、僅かに優位なGemini Lake N4100を搭載する製品が安価で出回っているなかでは、ややマイナスポイント。また、普段使いでは影響はありませんが、WiFiが11a/acに対応していません、

なお、OSはWindows 10 Pro、Microsoft Office 2019搭載を搭載していますが、Yahoo! ショッピングでは 合わせて 3,000円程度で購入できるため、これらを搭載していることは大きなメリットではありません。

▼上記で引用した、Yahoo! ショッピングの激安なWindows 10 Pro、Officeはこちら。私は何度か利用しています。

Windows 10 Pro

Microsoft Office 2019

 

大きなポイント・評価すべき事項としては、上述のとおり、海外展開の同モデルでは視認性のよくないシルバーのキーに白の印字であるのに対して、本製品はブラックにカスタマイズしていること(日本語の印字もありますが、英語キーボードに日本語を印字した仕様かと思います)。さらには、まさかの場合に備えて、リカバリーUSBメモリーも付属しています。

冒頭にやや割高と記載しましたが、最小構成のSSD 128GBでは 39,999円。メモリ 6GB、SSD 128GBのJumper EZBook X4、AliExpressでの最安が31,950円であることを考慮すると、また、Windows 10 ProとMicrosoft Office 2019搭載のコスト 約3,000円を加算すると、コスパ度はわるくないですね。

 

▼英数・かな切替は、以下の手法でより便利になります。

Win 10 日本語キーボードでの英数・かな切替を、複数キーに割り当て快適タイピングする方法
Windows PCの日本語キーボードでの快適タイピングの妨げになるのが、英数・かなの切替。Macの日本語キーボードのように、スペースキーの両隣のキーにより切替できると便利なのですが、Windowsでの日本語キーボードではスペースキ...

 

▼こちらもベースが同じとなるGLMの製品

コメント

タイトルとURLをコピーしました