ASUS VivoBook 15 X512JA、Core i3-1005G1搭載の15.6型ノートが 57,800円のセール情報

 

2021年5月4日時点、15.6インチ、Core i3-1005G1を搭載する「VivoBook 15 X512JA」が、Amazonにてクーポン利用により 57,800円で販売されています。ASUS オンラインストアでも 税込 59,800円となっており、今回はこのセール情報について記載します。

VivoBook 15 X512JAのスペック、価格情報

VivoBookはASUSの製品のなかで、一部の機能を抑制し価格を抑えたシリーズですが、本製品の場合、以下の2点を留意する必要があります。

  • 上の画像は英語キーボード、セール対象はもちろん日本語キーボードとなるものの、シルバーのキーに同系色の印字であるため、キーの視認性がよくありません。
  • 販売情報や他サイトの同シリーズのレビュー記事を参照すると、明記されていませんが ディスプレイは視野角の狭いTNパネル。ただし、視野角が狭い・色合いがよくないなどのコメントは見つからず、TNパネルとしては良好かと思われます。

 

在庫一掃セールとも思われる本製品ですが、そのスペックは以下となります。下記以外に、Microsoft Office Home and Business 2019が付属するバージョンもあります。

CPUCore i3-1005G1
GPUIntel UHD Graphics
メモリ8GB DDR4
ストレージ256GB SSD (PCI Express 3.0 x2接続)
ディスプレイ15.6インチ、FHD 1920 ×1080、ノングレア
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
ポート類HDMI、USB3.1 (Type-C/Gen1)、USB3.0、USB2.0×2
バッテリー容量2セル
サイズ幅357.2mm×奥行き230.4mm×高さ19.9mm、約 1.7kg
OSWindows 10 Home Sモード 64ビット、タッチパッドに指紋認証あり

 

OSはWindows 10 Home Sモードとなり、ソフトのインストールはMicrosoft Store経由に限定されます。ただし、以下の記事のとおり、簡単にSモードから通常のHomeに移行できるため、大きな課題ではありません。

Windows 10 HomeのS モードをオフにし、通常のHomeに変更する手順(2020年夏 再確認版)
個人ユーザーにとっては、ほとんど無用と思える「Windows 10 Home S モード」。現在テストしているノートパソコンがSモードを搭載しており、Microsoft Store 以外のアプリインストール・ベンチマークも測定できな...

 

CPUにCore i3-1005G1を搭載するPCは、以下の記事にて実機レビューしています。CPUに統合型のGPUのため、負荷の激しいゲームには向きませんが、VivoBook 15と同様にPCIe SSDと相まって、Web ブラウジングや在宅勤務のオフィスソフトは快適に動作します。

CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様。約39千円のクーポン情報あり
多くのミニPCやノートPCをラインナップに揃えるCHUWIですが、ミニPCの上位となるのが「CoreBox」シリーズ。うち、ハイエンドとなるのが インテル 第10世代のCPU Core i3-1005G1を搭載する「CoreBox ...
MINISFORUM X35G 実機レビュー、Core i3-1005G1に高品質ボディと静音性で人気となる予感。Amazonでも販売に
Amazonでも販売している「MINISFORUM」のミニPC。ミニPC専門ブランドとして、エントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、Indiegogoサイトにて 10月14日からクラウドファンディングを開始の製品...

 

▼ヒンジ部分はすっきりとした造りに。

 

▼電源ポート、HDMIは右サイドにありますが、マウスを多用する私としては、左サイドの配置がよりよいとも思います。

 

ASUS VivoBook 15 X512JA 、ASUS オンラインストアiconにおいても、5月10日 10時までの期間限定で 59,800円 (税込)で販売していますが、以下のAmazonではクーポン利用により 57,800円での販売です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました