ASUS VivoBook 15、Ryzen 3 3250U搭載の15.6型ノートがMS Office 2019付、税別 62,800円のセール情報(1/25まで)

なんと、ASUSのオンラインストアにて、15.6インチ、AMD Ryzen 3 3250Uを搭載する「VivoBook 15 X512DA」が、Microsoft Office Home and Business 2019を付属して、期間限定 1月25日まで税別 62,800円にて販売されています。メモリ 8GB、SSD 256GBを搭載していますので、在宅勤務などでは増設することなく、そのまま使用することができます。

VivoBook 15 X512DAのスペック、価格情報

今回はスペックと価格情報のみの短編記事となりますが、本製品で一点 留意事項があります。上の画像は英語キーボード、セール対象はもちろん日本語キーボードとなるものの、シルバーのキーに同系色の印字であるため、キーの視認性がよくなく、ここは注意が必要です。

また、ディスプレイが視野角の狭いTNパネルの可能性もあり、留意が必要です(公式サイトには記載がなく、複数サイトを参照するも現行販売品では、IPSパネル・TNパネルの別を確認できず)。

CPUAMD Ryzen 3 3250U
GPURadeon グラフィックス
メモリ8GB DDR4-2400
ストレージ256GB SSD (PCI Express 3.0 x2接続)
ディスプレイ15.6インチ、FHD 1920 ×1080、ノングレア
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
ポート類HDMI、USB3.1 (Type-C/Gen1)、USB3.0、USB2.0×2
バッテリー容量2セル
サイズ幅357.2mm×奥行き230.4mm×高さ19.9mm、約 1.7kg
OSWindows 10 Home Sモード 64ビット、Microsoft Office Home and Business 2019 付属

 

Microsoft Office Home and Business 2019を搭載する一方、OSはWindows 10 Home Sモードとなり、ソフトのインストールはMicrosoft Store経由に限定されます。ただし、以下の記事のとおり、簡単にSモードから通常のHomeに移行できるため、大きな課題ではありません。

Windows 10 HomeのS モードをオフにし、通常のHomeに変更する手順(2020年夏 再確認版)
個人ユーザーにとっては、ほとんど無用と思える「Windows 10 Home S モード」。現在テストしているノートパソコンがSモードを搭載しており、Microsoft Store 以外のアプリインストール・ベンチマークも測定できな...

 

CPUのAMD Ryzen 3 3250Uの実力は、インテル 第6世代 Core i5-6200U相当。私が所有する製品では、以下のThinkPad X1 Carbon 2016モデルに該当しますが、Webサイト閲覧やオフィスソフトなどでは遅さを感じることはありません。

中古購入 ThinkPad X1 Carbon 2016の実機レビュー。Celeronクラスの新品PCよりも安価で実用的
中古のThinkPad X1 Carbon 2016モデルをヤフオクで落札しました。サイト記事編集用あるいは在宅勤務でのサブ機としての使用が目的ですが、以前に同じく中古で購入のX220のトラックポイントとキーボードの使い勝手がよいた...

 

▼ヒンジ部分はすっきりとした造りに。

 

▼電源ポート、HDMIは右サイドにありますが、マウスを多用する私としては、左サイドの配置がよりよいとも思います。

 

▼Microsoft Office Home and Business 2019付を疑ってしまった私ですが、以下の画像のとおり明記されています。

ASUS ストア、VivoBook 15 X512DA
icon

コメント

タイトルとURLをコピーしました