ASUS VivoBook 14 M413DA、AMD Ryzen 3 3250U,PCIe SSD搭載の14型PCが 税別42,545円とコスパ高

ASUSより同社Web Store 限定モデルとなる「VivoBook 14 M413DA」が11/20に発売予定であり、11/14現在では事前注文を行っています。AMD Ryzen 3 3250Uを搭載し、メモリ 8GB、PCIe SSD 256GBの14インチ FHDにして、税別価格は42,545円。AMD Ryzen 3を採用していることもあり、かなりのコスパ度です。このスペックでは在宅勤務にもピッタリですが、惜しいのはディスプレイが視野角の狭いTNパネルであること。

引用元

ASUS ストア、VivoBook 14 M413DA
icon

スポンサーリンク

VivoBook 14 M413DAのスペック

VivoBook 14 M413DAのスペックは以下となりますが、オンボードのメモリは変更できず、SSDの容量のバリュエーションはありません。また、製品仕様にIPSパネルとの記載がないため、TNパネルと判断しています。

CPUAMD Ryzen 3 3250U、2コア4スレッド
GPUAMD Radeon Vega 3 Graphics
メモリ8GB DDR4-2400
ストレージ256GB NVMe 対応 M.2 SSD (PCIe 3.0 x2接続)
ディスプレイ14インチ解像度 1,920×1,080 (FHD)
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth5.0
フロントカメラ92万画素
ポート類USB3.1 (Type-C/Gen1)、USB3.0、USB2.0×2、HDMI
バッテリー容量46.2Wh(11.55V/4000mAh)
サイズ324.9mm×奥行き215mm×高さ19.1mm、1.45kg
OSWindows 10 Home Sモード

 

税別価格 42,545円として充実したスペックですが、惜しいのは(繰り返しですが)TNパネルとWindows 10がSモードであること。Sモードの場合、インストールできるソフトはMicrosoft Store経由に限定されるため、以下の記事のとおり、即 Sモードを解除し通常のHomeにすべきかと思います。ただし、一度 HomeにするとSモードに戻すことはできません。

Windows 10 HomeのS モードをオフにし、通常のHomeに変更する手順(2020年夏 再確認版)
個人ユーザーにとっては、ほとんど無用と思える「Windows 10 Home S モード」。現在テストしているノートパソコンがSモードを搭載しており、Microsoft Store 以外のアプリインストール・ベンチマークも測定できな...

 

AMD Ryzen 3 3250Uの実力ですが、いつも参考にしているGeekbench 5のWebブラウザから抽出できないため、他サイトから引用すると、Geekbench 5のベンチマークスコアは「シングルコア 670、マルチコア 1437」。手元にあるPCでスコアが近いものでは ThinkPad X1 Carbon 2016モデル。

所有するX1 Carbon 2016モデルは、インテルの第6世代 Core i5-6200Uを搭載し、PCIe SSDに換装していますが、私の普段使い(Webブラウジング、動画視聴、記事編集、オフィスソフト)では遅さを感じることはありません(第8世代以降のCore i 5クラスと比較すると、僅かにキビキビ感に欠ける程度)。

 

中古購入 ThinkPad X1 Carbon 2016の実機レビュー。Celeronクラスの新品PCよりも安価で実用的
中古のThinkPad X1 Carbon 2016モデルをヤフオクで落札しました。サイト記事編集用あるいは在宅勤務でのサブ機としての使用が目的ですが、以前に同じく中古で購入のX220のトラックポイントとキーボードの使い勝手がよいた...

 

CPUの型番がもう一つ上がり、AMD Ryzen 3 3300Uとなると、以下のミニPCの実機レビューのとおり、第8世代のCore 13-8145U相当の実力となったのですが。

MINISFORUM UM300 実機レビュー、Ryzen 3 3300U搭載でベンチマークはCore i3-8145U以上、静音仕様のミニPC
最近、私が注目している「MINISFORUM」のミニPC。同社はミニPCに特化し、エントリークラスからミドルレンジをメインに20製品以上をリリースしていていますが、このうちミニPCとしてはハイエンド寄りの製品が AMD Ryzen ...

VivoBook 14 M413DAの外観と機能

以下のE210MAと同様に、Enterキーは黄色で縁取られています。Enterキーの右に1列あるため、この縁取りによりEnterキーのタイプミスは軽減されるかと。

ASUS E210MA 実機レビュー、コンパクトボディにCeleron N4020の動作は実用的
11.6インチのコンパクトなPC「ASUS E210MA」。Gemini Lake (Celeron) N4020、メモリ 4GB、64GB eMMCを搭載するエントリーPCですが、かなり以前に E203NA / E200HA / ...

 

▼タッチパッドのサイズは標準的ですが、右上に指紋認証を装備しています。画像のキーボードは英語キーボードですが、販売の製品は日本語キーボード 86キーです。なお、スピーカーの配置はわからないのですが、2W x 2。もちろん、マイクも装備しています。

 

▼ポート類は、USB3.1 (Type-C/Gen1)、USB3.0、USB2.0×2、HDMIと充実しています。

まとめ

インテル 第6世代のCore i5相当のAMD Ryzen 3 3250Uに、メモリ 8GB、SATAよりも高速なPCIe SSDを搭載し、税別価格 42,545円とコスパに優れた「VivoBook 14 M413DA」。ただし、14インチのディスプレイが視野角の狭いTNパネルであることがマイナスポイント。私のTNパネルの使用感では、視野角は許容できても正面からの色合いも劣る製品が多いため、購入を検討する際には留意する必要があります。

引用元

ASUS ストア、VivoBook 14 M413DA
icon

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました