NEC VersaPro VG-N(VK22TG)、中古購入の超軽量、2.5K解像度 13.3インチノートの実機レビュー

ヤフオクで落札した NECの法人向け超軽量ノート「VersaPro VG-N(VK22TG)」の中古。2016年製の古い端末ですが、約779gの超軽量に加え、やや暗いながらも 13.3インチ 2.5Kの高解像度、Core i5-5200Uを搭載していることにより、ライトユースなら遅さを感じることなく動作します。

これまで、ベンチマーク、底板を開けての内部構成をレポートしましたが、今回は簡易的であるものの、実機レビューのまとめとして投稿します。

スポンサーリンク

スペック、ベンチマークスコア

今さらながらの 2016年製 VersaPro VG-N(VK22TG)ですので、スペックとベンチマークスコアについては、あっさりと記載します。

CPUCore i5-5200U、2コア 4スレッド
GPUIntel HD Graphics 5500
メモリ4GB オンボード 増設不可
ストレージ128GB 2280サイズ M.2 SSD
ディスプレイ13.3インチ、解像度 2560 ×1440、ノングレア、IGZO液晶
WiFi11a/b/g/n
Bluetooth4.0
ポート類USB-A 3.0 x 2、HDMI
バッテリー容量29,600mWh
サイズ319 × 212 ×16.9mm、約779g
OSWindows 10 Pro
その他ボディの一部にマグネシウムリチウム合金を採用

メモリ 4GBであることが惜しいのですが、CPUは Core i5-5200Uであり、私の普段使い(記事の編集、Web ブラウジング)なら、遅さを感じることなく動作します。

ディスプレイの解像度は 2560 ×1440であり、テキストを拡大してもジャギーさを感じることはないのですが、劣化のためか やや暗いこと、視野角がそれほど広くないことがマイナスポイント。

 

NEC VersaPro VG、2016年製 779g 軽量ノートを9,480円で購入。システム情報とベンチマークスコア
以前から気になっていた、NECの法人向け 779gの超軽量ノート「VersaPro VG-N(VK22TG)」をヤフオクにて 送料別の9,480円で購入。2016年製のメモリ 4GB、Core i5-5200U、SSD 128GB、...

▲ベンチマークスコアは上の記事に掲載していますが、Geekbench 5のスコアのみ再掲です。

▲▼Single-Coreのスコアは 660と所有する同世代のCore i5と同水準ですが、以下の Jasper Lake (Celeron) N5095とベンチスコア・体感レスポンスともに同程度とは、N5095に驚きです。

TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...

外観、ボディの剛性など

13.3インチにして 約779gと超軽量の本製品ですが、ボディの剛性を犠牲にしています。以下の記事にて底板を開けた写真を多数掲載していますが、内部のスペースは大きく、底板は押せば凹みそうな薄いもの。実際に中古で流通の製品は、天板・底板に凹みのある端末が多いです。

VersaPro VG-N(VK22TG)を分解し、779gの超軽量の要因を確認してみた
中古で購入した 2016年製のVersaPro VG-N(VK22TG)。13.3インチ、CPUに Core i5-5200U、メモリ 4GB、SSD 128GBの製品ですが、779gの超軽量であることが大きなメリット。会社では、約...

 

▼左サイドの全体像。

2つめの写真は、所有する ThinkPad X1 Carbon 2016モデルですが、AC アダプターを共有できることがありがたく、このため私は VersaProのACアダプターなしの中古を安価で購入した経緯もあります。

 

▼左サイドのポート部分を拡大。

ヤフオクで 9,480円で落札した安価な中古でもあり、些細なことですが、電源ボタンの出っ張りが少なく、やや押下しにくい。

 

▼右サイドより。中国ブランドの13.3インチでは フルサイズのHDMIではなく、Mini HDMIとすることが多いのですが、フルサイズのHDMIであることもありがたい仕様です。

 

▼底面の全体。手前の中央(反対側)にも小傷がありました。

ディスプレイ

前述のとおり、2.5K 解像度のパネルを搭載していており、テキストなどはクリアであるものの、経年劣化のためか、あるいは仕様そのままか、明るさが不足しています。明るさ最大にしても、M1 MacBook Airの60%~70%ほどの明るさ。ただし、私が所有する Windows PCは全般的に暗めのディスプレイが多く ギリギリ許容範囲です。

また、同世代のLenovo ThinkPadのTNパネルと比較すると かなり良好ですが、視野角もそれほど広くなく、サイドや上から覗き込むと淡く感じます。

 

▼ディスプレイを点灯すると全く影響がない(わからない)のですが、やや広範囲に線傷がありました。ベゼル幅がもう少し狭いとよいのですが、この世代(2015 / 2016年モデル)としては 標準的なもの。なお、私が購入の端末は、Web カメラを未搭載でした。

 

▼ディスプレイが180°開くことも特徴の一つですが、ディスプレイの視野角はそれほど広くなく、また、淡い表示となっています。

キーボード、タイピング感

ストローク浅めのキーですが、タイピング感は上々。会社で使用の以下の富士通製 13.3インチ 軽量ノート(約800g)は底打ち感のあるものですが、VersaProは適度に戻り感があり、リズミカルに心地よくタイピングすることができます。

約800gの13.3型軽量ノート、富士通 U938/Tの実機レビュー。11.6型と錯覚するほどの軽さながら、一部に課題も
実機を操作してみたかった富士通の13.3インチの軽量ノートである LIFEBOOK UHシリーズ、もしくは法人向けのUシリーズ。タイミングよく、私の会社の業務用PCではそれまでの15.6インチのLIFEBOOKからU938/Tに変更...

 

▼サイドから。バックライトなしのキーボードですが、印字やキーの質感もわるくありません。

 

 

▼キーボード全体。

私はスペースキー両隣の「無変換」「変換」キーを、IMEオンオフ、言い換えれば 英数・かなの切替に割り当てているのですが、他の主要キーよりも小さく 誤タイプすることもあります。

体感レスポンス、その他

体感レスポンスや、中古としてのその他の事項などをランダムに記載します。

  • 体感レスポンスとしては、キビキビと動作する速さは感じないものの、記事編集などの作業では遅さを感じることもありません。少なくとも、現行販売のGemini Lake (Celeron)よりも レスポンスがよいことを体感できます。
  • メモリは4GBと少ないのですが、Web ブラウジングや 記事編集などの私の使い方では、メモリ不足によるレスポンスの悪化はありません。
  • CPUファンの音量もほとんど気になりません。負荷のかかっていない場合など、無音であることが多いです。
  • 中古となるとバッテリーの劣化が気になるところですが、約8%の劣化にとどまっています。
  • やはり、特筆すべきは軽量であること。13.3インチとなると 1.3kg前後の感覚で持ち上げてしまうのですが、約779gの軽さには唖然。

 

▲▼「BatteryBar」によるバッテリーの劣化状況の確認。中古PCを購入、バッテリー持ちの悪化を感じた場合、劣化状況の確認は必須です。

Win 10 ノートのバッテリー劣化を確認可能な「Battery Bar」と「Battery Report」の導入方法
使い古した、あるいは中古で購入したWindows 10 ノートで気になることの一つが、バッテリーの劣化状況。今回はこのバッテリーの劣化状況を確認するソフトを2つ紹介します。その2つとは、フリーソフトの「Battery Bar」と、W...

まとめ

これまで、1万円前後の中古ノートPCとしては、ThinkPad T550 / L560 / T420sなどを購入しましたが、これらのディスプレイは 程度のよくない TNパネルとなり、長期運用の場合には IPSパネルへの交換が望ましいもの。

一方の本製品は、(ボディに凹みがある中古品が多いものの)超軽量であることに加え、2.5Kの高解像度に加え、ディスプレイの品質も許容範囲となり、おすすめできる中古PCです。

関連記事

 

▼2021年11月28日現在では、ヤフオクで1万円前後から、楽天市場では1万円台半ばで流通しています。


 

▼Hackintoshにより、macOSのシングルブート化しました。

NEC VersaProをHackintosh、779gの超軽量 13.3型 2.5K ノートにmacOSを導入
先日、9,480円で購入で購入した、2016年製 13.3インチにして 779gと超軽量の「NEC VersaPro VG」を、Hackintoshにより macOS High Sierraを導入しました。2.5K 解像度の液晶は経...

 

2022年5月1日追記。同世代の軽量ノートとしては、以下で実機レビューの「Let’s note CF-SZ5」がよりよいです。重さ 849g(DVDドライブレス版の場合)と VersaProより重いものの、レスポンスもやや優位、私が中古で購入した端末では、液晶の劣化もなく綺麗です。
Let's note CF-SZ5 実機レビュー、849gの軽量でレスポンスもよく、液晶も綺麗、購入して後悔なしの12型ノート
外出先で多少 雑に扱えるPCとして、中古のLet's note CF-RZ4を物色していたのですが、私が希望する価格帯で画面に黄色味を帯びていない端末が少なく、検討を一時停止。そこで、たまたま 12.1インチのCF-SZ5が目に留ま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました