UMIDIGI Power 3が149.99ドルで販売中(1/2現在)。Helio P60,6150mAhバッテリーに4カメラとスペックも充実

6150mAhの大容量バッテリーを搭載するUMIDIGI Power 3が、Banggoodにて期間限定 149.99ドルにてプレセールとなっています(12/23時点、継続中)。低価格ながらも、CPUはHelio P60、メモリ 4GBに4カメラとスペックは充実。11月に他サイトでも同価格で販売されていましたが、この価格がセール時の狙い目です。

関連記事

UMIDIGI Power 3、Helio P60,6150mAhバッテリー搭載で新登場。詳細・割引価格待ちだが画像が公開に

スポンサーリンク

UMIDIGI Power 3のスペック

上記のリンク先記事でも掲載していますが、スペックの確認です。

  • CPU : Helio P60
  • メモリ : 4GB
  • ストレージ :64GB
  • ディスプレイ : 6.53インチ、解像度 2340×1080
  • フロントカメラ : 16百万画素
  • リアカメラ :4カメラ。メインの48百万画素、120° ワイドの13百万画素、深度計測の5百万画素、マクロ用の5百万画素
  • バッテリー : 6150mAh、USB Type-C
  • 顔認証あり、日本語対応、ボディはグリーン・グレイ・レッドの3色
  • OS : Android 10
  • サイズ : 162.1 x 77.2 x 10.3 mm、218g

 

全般的にはUMIDIGI F2に近い構成となり、F2との比較では、バッテリーを5150mAhから6150mAhに増量した一方、CPUはHelio P70からP60としています。

なお、6.53インチのノッチレスのディスプレイ、48百万画像をメインとしたリアの4カメラ、Android 10搭載と、価格らしからぬ構成です。

外観と機能

UMIDIGIのスマホの場合、安価なA3 ProやA5 Proにおいても背面をガラス製としていますが、Power 3の背面はオーソドックス。ただし、4カメラのデザインが一つの特徴となっています。

 

▼リアの4カメラは、F値 1.79の48百万画素、120° ワイドの13百万画素、深度計測の5百万画素、マクロ用の5百万画素の構成。UMIDIGのスマホとしてはエントリー寄りの製品でもあり、過度の期待は禁物ですが、UMIDIGIや他社製でも搭載例の多い48百万画素のカメラをメインとしており、ほどほどの実写画像を期待。また、各種パーツの拡大画像を撮影することの多い私としては、5百万画素のマクロカメラにも惹かれます。

 

▼6.53インチのディスプレイは、しずく型ノッチではなく、F2と同じく左上にフロントカメラが位置するインスクリーンタイプ。この恩恵もあり、6.53インチのサイズを実現しています。

 

▼6150mAhのバッテリー容量は、スタンバイ時には566時間、通話は55時間、動画視聴は29時間、ゲームは11時間のバッテリー持ち。これなら、一日 余裕で持ちます。

 

▼フロントカメラは16百万画素、スピーカーはシングル。

 

▼以下の画像ではサイズの記載がありませんが、Banggoodの製品ページでは 162.1 x 77.2 x 10.3 mm、218gとなっています。UMIDIGIのスマホはほぼ全製品ともに重いのですが、Power 3は大容量バッテリーを搭載することもあり、やはり重い。

まとめ

Helio P60、大容量の6150mAhのバッテリー、リアに4カメラ、Android 10を搭載しつつも、クーポン価格は149.99ドルとUMIDIGIらしく、かなりコスパの高いPower 3。UMIDIGI F2のこれまでの最安価格は199.99ドルですが、コスパ度的には同水準以上とみています。

 

12/16までの期間限定ですが、Banggoodではクーポン「BGUMIPOWER3」の利用により 149.99ドルにて販売中。 1/2現在では、クーポンなしで149.99ドルで販売しています

UMIDIGI Power 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました