広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Ulefone Power Armor 19 タフネススマホ、Helio G99、RAM 12GB、マイクロスコープなどの周辺機器も接続可能

CPUにHelio G99を搭載するタフネススマホとして、Ulefoneから「Power Armor 19」がリリースされました。

物理メモリ 12GBに 5GBの拡張機能により 最大 17GB、9600mAhの大容量バッテリーは 66Wの急速充電に対応し、Ulefoneのみならず、タフネススマホ全体においても、同じくHelio G99を搭載する「OUKITEL W21 / W21 Ultra」と並び フラッグシップ機クラスの端末です。

販売元

Ulefone Power Armor 19、Banggood

Ulefone Power Armor 19のスペック

CPUには AnTuTu ベンチ v9のスコアが約38万となる Helio G99、メモリ 12GB + 拡張機能 5GBしています。製品紹介に明記はありませんが、ストレージは eMMCより高速な UFS 2.1と思われます。

CPUMediaTek Helio G99、6nm プロセス、最大 2.2GHz
GPUARM G57 MC2
メモリ12GB、拡張機能により最大 17GB
ストレージ256GB
ディスプレイ6.58インチ、解像度 2460 x 1080、401PPI、120Hzのリフレッシュレートに対応
リアカメラ108百万画素、8百万画素 ワイド5百万画素 マクロ
フロントカメラ16百万画素
SIM4G Dual SIM
LTE 対応バンドTDD:B34/38/39/40/41

FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66/71

Bluetooth, GPSBluetooth 5.2
バッテリー9600mAh、66W 急速充電、15W ワイヤレス充電に対応
サイズ175.2 x 83.4 x 18.8mm 、重さ 409g
OSAndroid 12
その他IP68&IP69Kの防塵・防水、MIL-STD-810H

 

 

上の記事で紹介のOUKITEL WP21 / WP 21 Ultraと比較すると、WP21が背面スクリーン・WP21 Ultraがサーマルイメージングの付加機能を装備しているのに対して、 Power Armor 19は108百万画素のメインカメラを搭載しています(WP21は64百万画素)。

その他、「Ulefone Power Armor 19」の特徴的な事項は以下です。

  1. Power Armor 19は 物理メモリ 12GBに加え、ストレージから最大 5GBまでを仮想的にメモリに割り当てる機能もあります。
  2. 66Wの急速充電に加え、15Wのワイヤレス充電に対応。さらに、Bluetooth イヤホンなどへの給電として 5Wのワイヤレスにも対応。
  3. 温度センサーを搭載し、簡易的な(医療向けではない)温度計として利用可能。
  4. サイドに「uSmart Expansion Connector」を装備し、マイクロスコープなどを接続可能。

 

▼よい意味で気になる装備が上記4の「uSmart Expansion Connector」。詳細はこちらのUlefone 公式サイトに掲載されていますが、ケーブルの長いマイクロスコープやデュアルカメラを接続できるようです。

価格情報

2023年3月12日現在では、Banggood(予約販売)とAliExpressにて、300ドル台半ばでセールを開催中です。また、AliExpressでは uSmart Expansion Connectorに接続可能な周辺機器やケースとのセット販売も行っています。