UGREEN GaN PD 充電器 実機レビュー、コンパクト・130gの軽量ながらも65W出力、M1 MacBook Air 他の高出力PCでの充電を確認済

今回レビューするのは UGREENが販売するコンパクトなPD 充電器。USB Type-C ポートを2つとUSB-A ポートを装備し、合計65Wの出力が可能、窒化ガリウム(GaN)を採用することによりコンパクト、130gと軽量なことを大きな特徴とします。

製品を開封し最初に感じたことは、驚くほどにコンパクトなこと。スマホやタブレットの充電器より一回り大きい程度となり、このサイズで M1 MacBook Airや、より高出力のノートパソコンに充電・給電可能です(実機で確認済)。

レビューする製品はこちら

UGREEN Nexode PD 充電器

スポンサーリンク

製品の特徴

はじめに、Amazonの製品紹介から抜粋の製品の特徴について記載します。

  • USB Type-Cポートを2つ、USB-Aポートを一つ 装備し、合計 65Wの出力が可能
  • 最新のGaN技術を搭載し、一般的な65W充電器に比べて 約30%もコンパクトなサイズを実現
  • PD3.0 / QC4+に対応し、さらに USB-AポートもQuickCharge3.0に対応
  • 接続されたデバイスに合わせて自動的に出力を判別し、パワーを調整
  • また、耐火PC素材を使用し、過電流、過電圧、過熱、短絡などをしっかり防ぎます
  • サイズは 6.6 x 4 x 3.1 cmとコンパクト、約130 gと軽量

 

▼同社の製品としては、以下の4ポートの充電器をレビューしていますが、こちらの2/3程度のサイズとなり、M1 MacBook Airの充電器よりもコンパクトです。

UGREEN 充電器 実機レビュー、M1 MacBook Airも安定動作、窒化ガリウム採用で65Wの高出力、USB 4ポートの同時使用も確認済
私の自宅には、M1 MacBook AirにSurface Go、ThinkPadにUMPCなど、スマホも含めるとUSB Type-Cの端末が複数転がっていますが、付属する電源アダプターの出力の相違から共有できずにいます。そこで、窒...

 

Amazonの製品紹介からの引用ですが、各ポートと出力の関係は以下となります。PD 65Wでの出力は USB Type-Cの一つのみでのチャージングとなり、合計65Wの出力となります。

開封、外観

続いて外観について記載します。6.6 x 4 x 3.1 cmとコンパクト、約130 gと軽量であることを大きな特徴としますが、私の想像以上に小さいなサイズであり、これなら外出時に気軽に持ち運ぶことができます。

 

▼外箱のコンパクトさを確認できるよう、マウスと並べてみました。

 

▼開封してみると、本体は想像以上に小さく、外箱に空間が多くあります。

 

▼付属品は英語と中国語表記の簡易説明書と、英語表記のみのインストラクション。接続の組み合わせなどを記載するものであり、Amazon サイトの説明がより詳しいです。

 

▼マウスよりもコンパクトな本体。なお、他の写真も同様ですが、グレイの部分は実機よりも明るく映っています。

 

▼UGREENの4ポート(65W対応、USB Type-C x 3、USB-A)と、M1 MacBook Airのアダプターのサイズ比較です。3製品のなかで 最もコンパクトであり、私が所有するどのACアダプターよりも小さなサイズです。

▲▼掲載のUGREENの充電器はこちらの製品です。

UGREEN 充電器 実機レビュー、M1 MacBook Airも安定動作、窒化ガリウム採用で65Wの高出力、USB 4ポートの同時使用も確認済
私の自宅には、M1 MacBook AirにSurface Go、ThinkPadにUMPCなど、スマホも含めるとUSB Type-Cの端末が複数転がっていますが、付属する電源アダプターの出力の相違から共有できずにいます。そこで、窒...

 

▼合計出力 65Wのポート部分。USB Type-Cの「C1」「C2」は同じ仕様です。

 

▼UGREENのロゴのある表面より。艶やかな塗装ですが、指紋や油脂の付着は少ないです。

 

▼背面は大きく「65W」と記載されていますが、もう少し小さいテキストサイズがよかったかも。

▲プラグを折りたたむと、先端が数mm 露出した状態です。

 

▼あらためて全体像。重ねての記載ですが、グレイの部分は実機よりも明るく映っています。

使用感

パソコン、スマホ、Android タブレット、iPadを接続しての使用感を記載します。充電時には本体は温もり程度の熱を帯びますが、私として嬉しいのは、他の65W出力をアピールする USB PD 充電器では 電力不足となる パソコンで利用できること。

1つのみのチャージング

65W出力の利用となる USB Type-Cの1つのみの利用について記載します。なお、電力・電流、急速充電の時間を計測してのコメントではありません。

  • 初回利用時のみ、なぜか本体がかなりの熱を帯びていましたが(一般的な高出力のACアダプター以上の熱)、それ以降は温もり程度の熱となっています。
  • ThinkPad X280にて、他の65W対応を謳う充電器では電力不足のメッセージが表示される、あるいは充電できないのですが、本製品では普通に充電できています。私としては、X280で使用できるのみでも大きなメリットです。
  • その他、パソコンでは、M1 MacBook Air / MacBook 12 / 富士通 / Let’ noteにて使用しましたが、いづれも通常どおりに使用できています。
  • Android タブレット、Android スマホ、iPhone 12 Pro Max、iPhone SE 第2世代の急速充電も普通に対応できています。
  • ちなみに、30Wの急速充電に対応するiPhone SE 第2世代の公表値では「30分で最大50%の充電」とありますが、ほぼ記載どおりに「30分で47%の充電」でした。

同時のチャージング

Amazonの製品紹介にある上の画像に基づき、複数の機器を同時に充電してみました。なお、上記と重複しますが、一つの機器のみのチャージングでは、PCの場合には以下の製品での充電を確認しています(電力不足などの警告が出ることなく充電できています)。

  • M1 MacBook Air、MacBook 12、ThinkPadn X280、Microsoft Surface Go、トリガーケーブルを利用して 富士通 U937/R ・Let’s note CF-SZ5・Let’s note CF-RZ4

 

▼一般的にはおすすめしませんが、上記のトリガーケーブル利用の記事はこちら。

USB PDに非対応のLIFEBOOKを PDトリガーケーブル経由で充電してみた。一般的には取扱注意
先日、中古で購入の「富士通 LIFEBOOK U937/R」ですが、法人用はUSB Type-C ポートがなく、充電は専用端子となります。ACアダプターは他の製品のものを流用していますが、USB Type-Cから充電できないとなると...

 

複数の機器での充電を確認した組み合わせは以下です。

  • MacBook 12、iPhone 12 Pro Max、Android 10インチ タブレット or Android スマホ
  • M1 MacBook Air、iPhone 12 Pro Max
  • M1 MacBook Air、iPhone SE 第2世代
  • M1 MacBook Air、iPad 2017モデル
  • ThinkPad X280、iPhone 12 Pro Max  or iPhone SE 第2世代

 

▼こちらは M1 MacBook Airと iPhone 12 Pro Maxを充電中

まとめ

窒化ガリウム(GaN)を採用した他の製品よりもコンパクトで軽量(6.6 x 4 x 3.1 cm、約130 g)でありつつも、PD3.0 / QC4+に対応し、65Wの高出力に対応する製品です。

M1 MacBook Airへの充電のほか、より高出力なノートパソコンの充電にも対応し、コンパクトで軽量なサイズと相まって、自宅での使用のほか、外出先への気軽に持ち運ぶことができます。ノートパソコン用のコンパクトなPD 充電器を探していた私ですが、本製品を利用することに決定です。

 

▼2022年7月2日時点のAmazon 価格は クーポン利用により 5,380円。

コメント

タイトルとURLをコピーしました