Chuwi UBook Pro、12.3型 Core m3-8100Y搭載の2in1がリリース予定

Chuwi UBook Proが、9月25日前後にクラウドファンディングサイト Indiegogoに登場予定です。12.3インチの2 in 1となりますが、大きな特徴はCPUにCore m3-8100Yを搭載すること。サイズなどの一部の詳細は明らかではありませんが、9月11日現在で確認できるスペックなどを速報ベースでお伝えします。

追加記事 スペックの詳細とファンディングでのキャンペーン価格が明らかになりました。

Chuwi UBook Proの詳細と価格が明らかに。キーボード、ペンセットのキャンペーン価格は51,309円

スポンサーリンク

Chuwi UBook Proのスペック

以下の記事のとおり、Pro版でないUBookは、2019年1月にクラウドファンディングサイトであるKickstarterに登場していましたが、正式リリースも確認できない状況になっているなかで、Pro版のアナウンスです。

Chuwi UBook、Core M3 U型キックスタンドの11.6型 2 in 1がリリース予定。1TB SSD搭載版もあり
2019年早々、新製品のリリースが続くChuwiですが、LapBook Pro、HeroBookに続き、Ubookをリリース予定です。 11.6インチの2 in 1となるUbookですが、CPUにCore m3、ストレージに1...

 

さて、UBook Proのスペックは以下となります。

  • CPU : Core m3-8100Y
  • GPU : Intel UHD graphics 615
  • メモリ : 8GB DDR3
  • ストレージ : 256GB SSD (SATA or PCIeは不明だが、Chuwiの傾向としてはSATA接続)
  • ディスプレイ : 12.3インチ、IPS、FHD、タッチパネル、アスペクト比 3 : 2
  • ポート類 : 画像からの推定では、USB 3.0 x 2、USB Type-C、Micro HDMI
  • 厚み 9mm、重さ 780g
  • 筆圧1024のスタイラスペン対応、U型のキックスタンドは145度まで可変

 

U型キックスタンドに、ポート類の配置など、11.6インチのUBookをそのまま大型化し、CPUをCore m3-6Y30からCore m3-8100Yにスペックアップした製品のように見受けられます。

よくもわるくも気になるのは、2019年1月にUBookの発表後に、Jumper EZPad GoにPIPO W11と立て続けに同デザインの製品がリリースされたこと。Jumperあたりが、同デザイン・同サイズの製品を先に販売開始とする可能性もあります。

Jumper EZPad Go、11.6型 U型スタンドの本命 2 in 1が登場。PIPO W11、Chuwi UBookと三つ巴の状況に
JumperからU型のキックスタンドを持つ、11.6インチのWindows 10 2 in 1のEZPad Goがリリースされています。 同じく11.6インチのU型キックスタンドの2 in 1としては、Chuwi UBook、...
PIPO W11,11.6型 2in1に256GB SSDが追加。N4100搭載機がスペックアップし299.99ドルに
Gemini Lake N4100を搭載する、Surface風のWindows 10 2 in 1の「PIPO W11」ですが、デフォルトの64GB eMMCに256GB SSDが追加されたバージョンが販売されています。64GB e...

Chuwi UBook Proの外観

より大きな画像は Chuwi 公式サイトで確認できますが、同サイトより一部をピックアップしコメントしています。

 

▼ポート類はUBookと同様に、左右両サイドにUSB 3.0、USB Type-C、Micro HDMIと一通りそろっており、電源は専用DC。DCポートは右サイドのトップに配置されているようです。

▲キーボードはSurfaceと同様に角度調整式、専用スタイラスペンも用意されているのではないでしょうか。

 

Chuwi 公式サイトには記載されていませんが、背面にはカメラもあるようです。見出し下の画像でもわかるように、Chuwiらしいシックな外観で好印象。

まとめ

Chuwi UBook Proのスペックを速報ベースでお伝えしました。12.3インチにCore m3-8100Yを搭載し、Chuwiの特徴であるシックな外観もあり、注目の製品となりそうな予感。価格は、12.3インチ、Core m3-7Y30を搭載するTeclast X6のキーボードなしの単体価格が545.99ドル(GearBest)であることを考慮すると、キーボード付で600ドル台前半あたりでしょうか。気がかりなのは、クラウドファンディングで出資を募る場合には正式リリースまでに時間を要すため、前回のUBookと同様に、Jumperなどの他ブランドから同デザインの製品が先にリリースされるのでは、との懸念。

 

追加記事 スペックの詳細とファンディングでのキャンペーン価格が明らかになりました。

Chuwi UBook Proの詳細と価格が明らかに。キーボード、ペンセットのキャンペーン価格は51,309円
Chuwi UBook Proの詳細と価格がクラウドファンディングサイトのIndiegogoにて明らかになっています。12.3インチ、Core m3-8100Y、メモリ 8GB、256GBを搭載する、Surface風 2 in 1の...

▼2019年11月2日 追記。

Tectabletsにて、UBook Proのプロトタイプのレビューが公開されています。キーボードは安っぽくなっていますが、あくまでプロトタイプ。今後の展開に期待です。

コメント