ダイヤル式アナログTV型の3.5インチ Android端末が販売中。赤黒の配色も懐かしい

今回紹介するのは、当記事あるいは販売元のAliExpressの販売ページを参照するのみの製品です。おそらく40代後半以降の方は懐かしさを感じる、ダイヤル式アナログテレビ型のAndroid端末が販売されています。RAM 2GB / ROM 16GBと2017年あたりのエントリークラスのTV Box並みのスペックですが、Andorid 7.1で動作し、3.5インチのディスプレイはIPSパネル。背面にはUSBとHDMIポートも備えています。

スポンサーリンク

スペックと機能

ガチャガチャの製品のようにも見えますが、前面のダイヤルはボリュームとして機能する立派なAndroid端末です。そのスペックは下表となりますが、おそらくは、私が2017年に3,000円ほどで購入した以下のTV Boxと概ね同スペックです。

3,000円のTV Box、ベンチマークは7インチタブをやや上回る結果に
海外通販サイトより、約3,000円で購入したAndroid端末としてのTV Box。先ほどの記事「3,000円でも豊富な機能/拡張性のAdnroid,TV Boxの外観レビュー」に続き、今回はベンチマーク、ソフト的な面でのレビューで...

 

CPUAmiogi S905W (Amlogicとの誤植か?)
GPUMall-450MP
メモリ2GB
ストレージ16GB
ディスプレイ3.5インチ、解像度 640 x 480、IPSパネル
WIFi11 b/g/n
ポート類USB x 2、HDMI
サイズ11.5 x 10.8 x 9.3cm、325g

 

横幅は最大11.5cmと、写真よりも大きいようにも感じます。OSはAndroid 7.1となり、スペック的には必要最小限となりますが、このような端末をリリースするとは中国の方の発想というか企画は柔軟ですね。AliExpressでのお気に入り数は1200越えと意外と注目されています。

 

▼ディテールの造りもわるくありません。前面の右下はスピーカー、右の画像の中央は通風孔でしょうか。詳細な記載はありません。

 

▼3.5インチのIPSパネルはしっかりと機能しています。

▲私には SANPAOのロゴがSANYOに見えてしまいます。三洋製がどうか忘れましたが、私が小学生のころに、本製品と同じ、赤と黒の配色の14型のテレビが自宅にあったような記憶です。

 

▼System SwitchとSwitchの相違は不明ですが、USB x 2にHDMI、SD カードスロットとTV Box並みのポート類。

 

▼前面にはボリュームのほか、色調節のダイヤルも備わっています。

 

▼付属品の明記がないのですが、本体とACアダプター・リモコンが付属し、コントローラーにも対応するとのことかと思います。

まとめ

遊び心のあるダイヤル式のアナログテレビ型のAndroid端末。以下のとおり、価格は1万5千円超と同スペック帯のTV Boxと比較すると1万円以上も高く、おすすめするものではありませんが、参考までに記事としました。仮に購入しても何に使うべきか悩んでしまいますね。製品紹介ではゲームに重きをおいているようですが、3.5インチでは厳しく、また、TV Boxとしてもスペック的に無理があるように思います。

 

AliExpressでの販売価格は142.20ドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました