TRIGKEY Speed S、Core i5-8279U搭載でクーポン価格38千円と、高コスパなミニPC

インテル 第8世代 4コア8スレッドの Core i5-8279U、メモリ 8GB、256GB SSDを搭載するミニPC「TRIGKEY Speed S」。11月23日時点のBanggoodのクーポン価格は 38,368円と、このクラスではコスパ度最強の製品です。

以下で掲載のJasper Lake N5095を搭載するミニPCも「TRIGKEY」の製品ですが、ボディと装備は一般的なミニPCながらもコスパは高く、今後の展開にも期待です。

Jasper Lake N5095を搭載、約23千円のミニPCのスペックと特徴。メモリの増設も可能

スポンサーリンク

TRIGKEY Speed Sのスペック

TRIGKEY Speed Sのスペックは以下となります。

CPUIntel Core i5-8279U、4コア8スレッド、最大  4.1GHz
GPUIntel HD Graphics 655
メモリ8GB DDR4、最大 32GBまで増設可能
ストレージM.2 SSD 256GB、2.5インチ HDD / SSDを増設可能
WiFiWIFI6 -802.11 ax
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.0 x 4、USB Type-C、HDMI x 2、有線LAN
サイズ12.6 x 11.3 x 4.0 cm
OSWindows 10

 

▲▼最大の特徴は、3万円台で インテル 第8世代 4コア8スレッドのCore i5-8279Uを搭載するコスパの高さですが、Geekbench 5のCPUベンチマークのスコア(本製品ではなく、同CPUの一般的なPC)は、Single Core 996、Multi-Core 3698

▲2つめの画像のスコアは、以下で実機レビューの「MINISFORUM U820」に搭載の Core i5-8259Uですが、型番が近いこともあり同水準のスコアです。このスコア(以下のU820)では、在宅勤務や記事編集などの軽作業ではキビキビと動作し、大きな負荷となる Windowsの更新前後でも レスポンスの悪化を大きく感じることはありません。

MINISFORUM U820 実機レビュー、Core i5-8259U / PCIe SSDの快速仕様に 2.5インチ SSD 2基を簡単に増設可能。静音でバランスのよいミニPC
エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを展開する「MINISFORUM」。同社より最近リリースされた製品が、第10世代のCore i5-10210Uを搭載する「U850」と、第8世代のCore i5-8259Uを搭載する...

 

▼形状と豊富なポート類、2.5インチのSSD / HDDを増設可能であることは、通常のミニPCと変わりません。SSDのM.2 ポートは SATA / PCIeの両用ですが、標準装備のSSDは 仕様にSATA or PCIeの明確な記載はありません。イメージ画像では PCIe / NVMeをアピールしていることから、PCIe SSDとも思います。

▲こちらの画像は上下逆となっています。

 

▼前面のUSB Type-Cポートはデータ専用となり、映像出力に対応していません。前面にUSBポートがないミニPCも多いなか、前面のUSB ポート x 2は重宝します。


▼CPUファンは最大 4500RPMとあります。12.6 x 11.3cmのサイズから、4cmのファンと思われますが、負荷をかけた際のファン音量は多少 喧しいかもしれません。

価格情報、競合製品

Banggoodの画像の価格は 379.99ドルですが、2022年1月31日まで有効なクーポン「BGJPJANN24」の利用により、329.99ドル(約38千円)となります。メモリ 16GB / SSD 512GB版は、クーポン「BGJPJANN25」の利用により 409.99ドル(約48千円)。

Speed S、メモリ 8GB / SSD 256GB

Speed S、メモリ 16GB / SSD 512GB

 

▼競合する製品は、同スペックとなる以下の製品。11月23日時点のAmazon 価格は 42,474円となり、「TRIGKEY Speed S」との価格差は約4千円。4千円では 120GBの2.5インチ SSDが購入できます。ただし、「TRIGKEY Speed S」は中国からの発送のため、納期は10日~2週間要します。

 

こちらは同ボディを採用し、Jasper Lake N5095を搭載の「TRIGKEY Green G2」の実機レビュー記事。第5世代のCore i5-5200U相当のベンチマークスコア・体感レスポンスとなり、コスパ度は抜群です。

TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...

 

以下はSpeed Sと同型(おそらくは外枠違い)の「Beelink SEi 8」の実機レビュー記事です。

Beelink SEi 8 ミニPCの実機レビュー、Core i5- 8279Uを搭載しサクサク動作、大手ブランド RAM・SSDの安心感、特筆すべき静音性
Amazonや楽天市場などの国内通販においても販売している、ミニPCやTV Boxの老舗的なブランド「Beelink」。エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを揃えていますが、今回はCPUに インテル 第8世代のCore...

 

2022年2月11日追記。「TRIGKEY Speed S」を購入した方から、Windows 11への更新時の留意事項として、以下の情報をいただきました。

コメント

  1. ISU より:

    このPCを購入しました。2点報告です。1)インストール時にキーボードが101設定になります。(日本語を選択しても)そのため、はじめにマイクロソフトIDでログインする際にパスワードの入力時に困ることがあるかと思います。インストールが完了したのちには日本語キーボードに変更可能です。2)WINDOWS11にアップデートした際に音が出なくなりますので、当該HPよりサウンドデバイスなどのドライバ一式をダウンロードし、インストールする必要があります。以上です。

    • kenken より:

      情報、ありがとうございます。
      1)のキーボードの設定はそうだろうと思いますが、2)の情報は見落としていました。本文にも追記します。
      また、後ほど、Windows 11に更新した TRIGKEY G2でも確認してみます。

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました