ThinkPad X280 実機レビュー、モバイル用途・サブ機として十分な実力だが、IPSパネルは必須

中古でのThinkPad 5台めの購入となった「X280」。外出先での本気モードでの記事編集、あるいは非力な会社のWindows 10 ノートの代替として使用する目的です。購入したX280のスペックは、Core i3-8130Uはよいとして、メモリは4GBで妥協。ディスプレイはTNパネルからFHDのIPSパネルに換装済、PCIe SSDを増設して macOSも動作します。現在のところ、バッテリーが充電しないとの課題もありますが(バッテリーを注文済、受領待ち)、今回はこのThinkPad X280をあっさり風味でレビューです。

関連記事

ThinkPad X280の液晶をFHD・IPSパネルに交換。明るさ・発色・視野角ともに効果は期待以上

ThinkPad X280、バッテリー交換の過程と使用感。5千円弱のバッテリーとしては十分

スポンサーリンク

購入した中古のThinkPad X280のスペック

メルカリにて「バッテリーが充電しない」とのことで、相場よりやや安く(2万円ほど。ジャンクに近い製品としてはやや割高かも)購入したのですが、そのスペックは以下です。黄色網掛は私が換装・増設したものです。

CPUCore i3-8130U、2コア4スレッド
GPUIntel UHD Graphics 620
メモリ4GB
ストレージ256GB SATA SSD、+ 256GB 2242サイズ PCIe SSDを増設
ディスプレイ12.5インチ TNパネル 解像度 1366 x 768、IPSパネル FHDに換装
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth4.1
フロントカメラHD 720p カメラ 、ThinkShutter付
ポート類USB Type C x 2、USB 3.0 x 2、HDMI
サイズ約 307.7 x 209.8 x 17.8mm、約 1.26kg
OSWindows 10 Pro

 

メモリ 4GBであることに難ありですが、X280の中古価格は、メモリ 8GB・FHDのIPSパネルとなると、価格が相応に高くなるため、メモリ 4GBで妥協です。Webサイトの閲覧・サイト記事編集・軽めのオフィスソフトであれば、メモリ 4GBでも何とかなります。

標準のHD画質・TNパネルも極端にわるくはないのですが、青白い色合いと視野角の狭さ、明るさ不足であることで、目が疲れてしまいます。このため、Amazonで購入の以下のIPSパネルに交換しました。これが大正解で、かなり明るく、視野角・色合いともに良好で、別の端末のようになりました。

ThinkPad X280の液晶をFHD・IPSパネルに交換。明るさ・発色・視野角ともに効果は期待以上
中古のThinkPad X280を購入したのですが、価格面から Core i3-8130U / メモリ 4GBで妥協。ディスプレイは解像度1366 x 768のTNパネルですが、やはりテキストなどのギザギザ感と視野角の狭さ、寒色系(...

実機のシステム情報

続いて実機から抽出のシステム情報です。

 

▼「デバイスの仕様」と「Windowsの仕様」

 

▼フリーソフト「HWiNFO (HWiNFO、Win 10のデバイス詳細情報やCPU温度など、導入必須のフリーソフトの概要)」から抽出のシステム情報。縮小していますので、クリックして拡大ください。

▲左下はドライブの情報ですが、NVMeとあります。これが増設したPCIe SSD。

 

▼同じく「HWiNFO」から抽出のデバイス情報。デフォルトの SATA M.2 SSDはSanDiskのSD9TN8W256G1001とあります。メモリの製造元は確認できず。

外観

外観については、今さらながらのX280となるため、あっさりと写真少なめで記載します。

 

▼左サイドの全体とポート部分の拡大写真。

▲左から、USB Type-C(電源兼用)、USB Type-C(Thunderbolt3兼用)、USB 3.0、HDMI、ヘッドホン出力。充電は左2つのUSB Type-Cから可能。USB 3.0の抜き差しはやや硬め。

 

▼右サイドの全体とポート部分の拡大写真。

▲右より、盗難防止用のセキュリティースロット、USB 3.0

 

▼ヒンジ部分を拡大

 

▼ディスプレイのベゼル幅は太いのですが、ブラックであるためにそれほど気にならず。

 

▼ぱっと見では、2016モデルまでのX1 Carbonと見分けがつきにくい。

 

▼キーボード面にややテカリのある中古のため、キーボードの全体写真はサイドからのみ。

 

▼トラックポイント周辺を拡大。「無変換」「変換」「右Alt」など一部のキーが主要キーよりも小さくなっていますが、タイピング時の違和感はありません。

 

▲同じく12.5インチのThinkPad X220と厚みの比較。X220は、2.5インチ HDD(SSDに換装済)、有線LANポートを装備していることもありますが、厚みの差は大きく、X220は今 屋外に持ち出し一目に晒すと恥ずかしさもあります。

 

▲12.5インチのOnda Xiaoma 21とXIDU Tour Proとのサイドの比較。両製品ともに金属製のボディで質感高く薄いのですが、CPUがエントリーであり非力。また、Tour ProはCPUファンの音量が大きいことに難あり。

Onda Xiaoma 21 1週間使用後の総括レビュー、モバイル用途としてはMBA 11よりも優位なファンレスノート
Apollo Lake N3450を搭載するファンレスノート「Onda Xiaoma 21」を使用して一週間になりますので、前回の外観・ベンチマークに続き、総括的なレビューを記載します。 全般的には質感も高く、12.5インチな...
実機レビュー、XIDU Tour Pro 2週間使用後のまとめ。高品質のボディ・高解像度パネルは優秀なだけに、常時稼働のCPUファンが惜しい
12.5インチ 2.5K 解像度のシャープ製ディスプレイを搭載するTour Proを使用し、約2週間経過しましたので、その使用感などのレビューをまとめて記載します。全般としては、ボディの質感の高さは想像以上、エントリークラスの割には...

ベンチマークスコア

▼Geekbench 5のスコア。

上から順に、ThinkPad X280のCore i3-8130U、BMAX B4 ProのCore i3-8145U、ThinkPad X1 Carbon 2016モデルのCore i5-6300U。順当なスコアです。

 

▼ドラクエベンチマークのスコアは「5245 普通」。

 

▼このクラスでCINEBENCHを計測すると、そのスコアの低さに悲しくなるのですが、参考までのCINEBENCH R23のスコアです。

 

▼デフォルトのSATA M.2 SSDの、CrystalDiskMark v7のスコアは標準的。

 

▲▼こちらは、増設した2242サイズ・片面実装のPCIe SSDに、HackintoshによるmacOS側でのベンチマークスコア。PCIe SSD自体が高速なものでなく、スコアは控えめです。

ThinkPad X280でHackintosh、macOS Catalinaを導入。課題はあるも概ね安定動作
ThinkPad X280のM.2 2242サイズのポートに片面実装のNVMe SSDを増設しましたが、そのSSDはCHUWI MiniBook用に、HackintoshによるmacOS Catalinaを導入していたものです。これ...
ThinkPad X280に片面実装のNVMe対応 M.2 PCIe SSD 2242サイズを増設、難なく認識
中古で購入した ThinkPad X280に2242サイズのNVMe対応のPCIe SSDを増設しました。薄いボディへの取付となるため、片面実装のPCIe SSDが必要となりますが、他のPCに取り付けていたKingSpecの製品が片...

体感レスポンス

体感レスポンスは、上記のベンチマークスコアに応じたものです。BMAX B4 ProのCore i3-8145U、ThinkPad X1 Carbon 2016モデルのCore i5-6300Uなどとの比較も含めた、体感レスポンスのコメントは以下。いづれも、Web ブラウジング、サイト記事の編集、画像編集のライトユースのものです。

  • Core i5-6300Uを搭載し、リード 3000MB/s越えのPCIe SSDに換装したThinkPad X1 Carbon 2016モデルとの比較では、X280がやや快適。大きな差ではないですが、X280は画像やWebサイトの表示、画像編集がより小気味よく動作します。
  • Core i3-8145U、メモリ 8GB、PCIe SSDのBMAX B4 Proとの比較では、B4 Proが僅かに機敏に動作します。PCIe SSDとSATA SSDの読み書きの小さな相違が積み重なり、機敏な動作に影響しているイメージでしょうか。
  • メモリ 4GBであることが心もとないのですが、全般的に普段使いとしては十分。ただし、 X1 Carbon 2016モデルでは全くといってよいほどに気にならないCPUファンの音量ですが、X280では時おり大きくなることがあります。「大きくなる」といっても、朝の通勤電車内で使用した場合に、隣の方に多少聞こえる程度の音量です。

 

▼引用した、ThinkPad X1 Carbon 2016モデル、BMAX B4 Proの実機レビュー記事はこちら。

中古購入 ThinkPad X1 Carbon 2016の実機レビュー。Celeronクラスの新品PCよりも安価で実用的
中古のThinkPad X1 Carbon 2016モデルをヤフオクで落札しました。サイト記事編集用あるいは在宅勤務でのサブ機としての使用が目的ですが、以前に同じく中古で購入のX220のトラックポイントとキーボードの使い勝手がよいた...
Core i3-8145U搭載のBMAX B4 Proに、HackintoshでCatalinaを導入。課題はあるもレスポンスと静音性で快適なデュアルブート機に
先日、Hackintoshの夢が実現したミニPC「CHUWI GT Box」「CHUWI CoreBox」に引き続き、今度はCore i3-8145Uを搭載する「BMAX B4 Pro」にてHackintoshによりmacOS Ca...

ディスプレイ

スペックの項目でも記載しましたが、HD画質のTNパネルからFHDのIPSパネルに交換して大正解。TNパネルとIPSパネル別に品質などを記載すると以下となります。

デフォルトのTNパネル

X280を手にした直後には、HD画質のTNパネルでもよいと思ったものの、以下の状態に耐え切れずに、FHDのIPSパネルに交換。

  • TNパネルとしては標準的な視野角ですが、明るさが不足しており、老眼でド近眼の私としては、2時間ほどの使用で目が疲れてしまいます。
  • 色あいとしては、私が好きではない青白さがやや強い。
  • 解像度が低いために、テキストのギザギザ感が目立つ。
  • 上記により、全般としては2ランク下のPCのように感じる。

交換したIPSパネル

交換後は上記の課題を全て解消する品質です。以下は交換したIPSパネルの事例であり、標準装備(オプション)のX280のIPSパネルとは品質が異なるかと思います。

  • 手元にある十数台のノートPCのIPSパネルと比較しても、明るい液晶。X1 Carbon 2016モデルと同等、もしくはやや明るい。
  • ThinkPad T550の液晶もTNパネルからIPSパネルに交換したのですが、T550よりも断然明るく視認性がよい。
  • 視野角も十分。普通のIPSパネルですが、標準装備のTNパネルとの相違は歴然。
  • 色合いとしては、どちらかと言えば暖色系でしょうか。私の好みの色合い・発色です。

 

▼こちらは引用した ThinkPad T550のIPSパネル化の記事。

ThinkPad T550の15.6インチ TNパネルをIPS・3Kパネル化。目の疲れも大きく軽減
2020年9月に1万円ほどでヤフオクにて落札した、15.6インチのThinkPad T550。Core i5-5300Uを搭載していますが、購入直後にメモリを4GBから8GBに増設、HDDをSSDに換装、M.2 SSDを増設したもの...

 

▼「ThinkPad X280の液晶をFHD・IPSパネルに交換。明るさ・発色・視野角ともに効果は期待以上」で掲載の、TNパネルとIPSパネルの視野角の相違。上から見た場合の相違は歴然。

キーボードのタイピング感

2020年に、X220、X1 Carbon 2016モデル、T550、E130、X280と5台のThinkPadを中古で購入した私。それも、快適なキーボードとSSDの増設などの拡張性の高さに惹かれてのことですが、このX280のキーボードもすこぶる快適。具体的には以下となります。

  • 全般的には、上記 5台のThinkPadのなかでも、特に快適な部類。
  • X1 Carbon 2016モデルのキーの表面は艶やかなために滑る感覚もありますが、X280は適度なザラツキもあり感触のよいもの。
  • タイピング時のほどよい押し込みと戻り感は、他のThinkPadと同様に心地よい。
  • 私はどちらかと言えばコンパクトなキーボードが好みなのですが(大量タイピング時に指・腕の移動が少なく疲れにくように感じる)、12.5インチのX280はちょうどよいサイズ感。

まとめ

一時期の思い入れで購入した感の強い中古のX280。自宅での記事編集にノートPCを使用する場合、X1 Carbon、X280、T550とその時々の気分に応じて、あるいは目の疲れ度合いに応じて、使い分けています。

現在のところ、バッテリーが充電しないために自宅での使用に限定されますが、外出先での本気モードで使用する場合や、在宅勤務でのサブ機としても使用するつもりです。また、非力な会社のノートPCの代替として、X280、X1 Carbon 2016モデルのどちらかを持ち込もうと目論んでいます。

なお、同じく中古で購入したX1 Carbon 2016モデルの記事でも記載しましたが、Gemini Lakeクラスを搭載する新品のWindows 10 ノートの購入を検討する場合、ThinkPad X280の中古を購入する価値は十分にありです。スペック・レスポンス、タイピングともに利便性が高くなります。ただし、IPSパネルの場合です。

関連記事

ThinkPad X280の液晶をFHD・IPSパネルに交換。明るさ・発色・視野角ともに効果は期待以上

ThinkPad X280、バッテリー交換の過程と使用感。5千円弱のバッテリーとしては十分

コメント

タイトルとURLをコピーしました