ThinkPad X13s Gen 1、Snapdragon 8cxを搭載のファンレス 13.3インチノートのスペック

Lenovoより、CPUにSnapdragon 8cx Gen 3を搭載の「ThinkPad X13s Gen 1」が販売されていますので、スペックを掲載します。なお、nanoSIMによる5Gにも対応していますが、オプションとしての取り扱い・国内での対応状況などは未確認です。

引用元

ThinkPad X13s Gen 1、公式サイト

スポンサーリンク

スペック

ThinkPad X13s Gen 1のスペックは以下となります。Snapdragon 8cx Gen 3を採用していることにより、ファンレスであることも特徴の一つです。

CPUSnapdragon 8cx Gen 3、8コア、最大 3.00GHz
GPUQualcomm Adreno 690
メモリオンボード: 8GB/16GB/32GB 最大32GB(LPDDR4)
ストレージ256GB/512GB/1TB、PCIe SSD
ディスプレイ13.3型 WUXGA IPS 省電力液晶 (1920 x 1200)
WiFiQualcomm WCN6855 Wi-Fi 6E a/b/g/n/ac/ax、WiFi 6Eは日本では利用できず
Bluetooth5.2
ポート類USB 3.2 Gen2 Type-C x2 (Video-out対応)
バッテリー4セル リチウムイオンポリマーバッテリー 49.5Whr
サイズ298.7 x 206.4 x 13.4mm、 約 1.06kg~
OSWindows 11 Pro
その他2スピーカー(キーボード面にスピーカー)、ファンレス仕様

 

Snapdragonの搭載により、インテル・AMD搭載のPCと比較すると バッテリーの持続時間が長いことに間違いがないのですが、製品情報では以下1の記載にとどまっています。

  1. JEITA2.0に基づく計測では、最大 約31.2時間、「数日間のバッテリー駆動が可能」との表現あり。
  2. 参考指標として、AMD Ryzen 5 PRO 4650Uを搭載の「ThinkPad X13 Gen 1」のJEITA2.0では 約 12.3時間となっています。これにより、バッテリー容量なども考慮しない単純計算では、約2.5倍程度のバッテリー持続時間。

外観

ブラックボディにトラックポイントを装備する外観は、通常のThinkPadと同様ですが、ファンレス仕様であり、底板に通風孔がないことも特徴です。

 

▼通常のThinkPadよりも、ディスプレイ・キーボード面の四隅が丸みを帯びているように感じます。なお、画像は英語キーボードですが、国内販売版は日本語キーボードです。

 

▼通風孔のないフラットな底面です。左下に「Mg」とあり、マグネシウム製であることがわかりますが、ボディの90%に再生マグネシウムを使用しています。

 

▼Web カメラの部分を除いてはフラットな天板です。左サイドの「Lenovo」のロゴがアクセントになっています。

まとめ

ごく簡単にですが、PUにSnapdragon 8cx Gen 3を搭載の「ThinkPad X13s Gen 1」のスペックと外観について記載しました。快適タイピングのThinkPadのキーボードに、バッテリーでの長時間稼働、ファンレス仕様と、私にとっては13.3インチの理想形の一つです。

なお、以下の画像のとおり、2022年6月25日時点の価格は 158,499円となっていますが、5Gの国内の対応状況、5G対応で必要となるオプションなどは未確認です。

 

ThinkPad X13s Gen 1、公式サイト

販売、カスタマイズページはこちら

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました