ThinkPad X12 Detachable、第11世代 Core i搭載、Surface風 12.3インチ 2 in 1のスペックと特徴

Lenovoから2月9日にリリースされた「ThinkPad X12 Detachable」。ネーミングのとおり、ディスプレイとキーボードを分離可能、キックスタンド を備えたSurface風の2 in 1です。12.3インチのタッチパネルはFHDとなりますが、CPUは、第11世代のCore i3-1110G4 / Core i5-1130G7 / Core i7-1160G7を搭載し、ストレージは高速なPCIe SSDです。

公式サイト情報

ThinkPad X12 Detachable

スポンサーリンク

ThinkPad X12 Detachableのスペック

公式サイトの製品紹介には「LTE 4Gモデルを選択するとスマートフォンのようにいつでもネットに接続可能」とありますが、2月18日時点では国内のSIMを挿入して利用可能などの明記はありません。

CPUCore i3-1110G4 / Core i5-1130G7 / Core i7-1160G7
GPUインテル UHD グラフィックス / インテル Iris Xe グラフィックス
メモリ8GB / 16GB LPDDR4X 4266MHz (オンボード)
ストレージ128 / 256 /512 GB PCIe SSD(M.2 2242)
ディスプレイ12.3インチ、1920×1080、ノングレア、IPSパネル、10点 マルチタッチ
WiFiWi-Fi 6 AX201 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.1
ポート類USB 4 (Thunderbolt 4 対応)、USB Type-C 3.2 Gen 2
サイズ約 283.3 x 203.5 x 14.5mm、約 1.1kg〜(いづれもキーボード装着時)
OSWindows 10 Home / Pro 64bit
その他キーボードに指紋センサー搭載、顔認証あり、Lenovo デジタル・ペンに対応

 

  • メモリはオンボードとなり、メモリ 16GBとする場合には Core i7-1160G7のモデルを選択する必要があります。
  • 上表には記載していませんが、フロントカメラは500万画素、リアカメラは800万画素と、3,000円前後で販売の200万画素のWeb カメラより高画素。Web カメラを追加購入することなく利用できます。
  • 『システムを瞬時に起動してネットに接続できる「モダンスタンバイ」機能を搭載』とあります。私は通常のスリープからの復帰で十分なのですが、試してみたい機能です。

Surface Pro 7との簡易比較

Microsoft Surface Pro 7 (Microsoft Store)と同じ 12.3インチでキックスタンドを備えていることから、簡易的に比較コメントを記載します。

Surface Pro 7とタイプ カバー キーボードのセット価格 135,080円(税込)のキャンペーン情報、売り切れ次第終了
Microsoft Storeにて、Surface Pro 7(ブラック)と タイプ カバー キーボード(ブラック)のセットが 135,080円(税込、送料無料)のキャンペーンを 行っています(売り切れ次第終了)。第10世代のCor...

 

  • Surface Pro 7のCPUが 第10世代のCore i3-1005G1 / i5-1035G4 /i7-1065G7であるのに対し、本製品は第11世代のCore i3-1110G4 / i5-1130G7 / i7-1160G7。大きな差ではなく、2コア4スレッドのCore i3-1110G4においても、普段使いでは快適に動作します。
  • Surface Pro 7と同じくディスプレイは12.3インチですが、Surfaceの解像度が 2736 x 1824である一方、本製品は1920 x 1080。Surface Pro 7のアスペクト比が 3:2であることからも、情報量としては Surface Pro 7が優位。
  • ThinkPadに共通する大きなメリットは快適なキーボード。ただし、Surfaceのキーボードも、浅いキーストロークで軽快に入力できるため、タイピング感は異なるものの、ここは同水準の快適さと思われます。
  • ただし、ThinkPadのトラックポイントとセンターボタンでのスクロールなど、外出先で使用を想定すると、キーボードの利便性では本製品が優位でしょう。

 

▼Surface Pro 7に搭載の第10世代 Core i3-1005G1の使用感はこちら。4コア8スレッドの第8世代 Core i7-8565Uと同水準のレスポンス・ベンチマークスコアとなり、負荷の大きいゲームなどを行わない限りは快適に動作します。

MINISFORUM X35G 実機レビュー、Core i3-1005G1に高品質ボディと静音性で人気となる予感。Amazonでも販売に
Amazonでも販売している「MINISFORUM」のミニPC。ミニPC専門ブランドとして、エントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、Indiegogoサイトにて 10月14日からクラウドファンディングを開始の製品...

ThinkPad X12 Detachableの外観

キーボード装着時の厚みは14.5mm、タブレット単体では8.8mmとなっていますが、イメージ画像では数値以上の厚みも感じます(私個人の主観です)。

 

▼角度調整式のキーボード。私のSurfaceの使用感では、この僅かな角度が快適なタイピングに貢献します。また、角度をつけた場合、ディスプレイ下のベゼルが狭くなることも、見た目のよさに貢献。

 

▼タッチパッドの右に指紋センサーがあります。また、イメージ画像ではわかりづらいですが、ディスプレイ面にはIRカメラによる顔認証(セキュリティ対策、プライバシー保護のため、ThinkShutterを装備)を備えています。

 

▼背面の素材の記載はありませんが、ThinkPadのことですので、キックスタンドも含めて剛性高く仕上げているでしょう。

 

 

▼他のSurface風 2 in 1以上に、キーボードに対してタブレット本体の厚みがあるように感じます。

 

▼本体右上の①が電源ボタン、右サイドの②が音量調整ボタン、③はセキュリティ キーホール。USBは左サイドに集中し、⑤はThunderbolt4 対応のUSB 4 Type-C、⑥Nano SIMカードリーダー(2/18時点の販売モデルでは、使用できるとの明記はありません)、➆は映像出力に対応する .USB 3.2 Gen2 Type-C

まとめ

Surface風 2 in 1の「ThinkPad X12 Detachable」。2月18日時点の直販 エントリーモデル(Core i3-1110G4、SSD 128GB)のクーポン適用価格は税込・送料無料の156,332円。一方の「Surface Pro 7」のOffice Home & Business 2019 搭載・キャンペーン価格は税込・送料無料の135,080円。ThinkPad好きには「ThinkPad X12 Detachable」で決まりですが、一般的にはスマートさと価格面で「Surface Pro 7」が受け入れやすいように思います。

公式サイト情報

ThinkPad X12 Detachable

Surface Pro 7

コメント

タイトルとURLをコピーしました