ThinkPad トラックポイント・キーボード(有線)の使用感。接続ポートに不安があるも、タイピング感は格別

自宅でのWindows PCのキーボードとしては、「iClever」の10キー付きの製品を使用していましたが、省スペースでの使用では面積をとること、複数所有するThinkPadのタイピング感が格別であることにより、今更ながらに有線タイプの「ThinkPad トラックポイント・キーボード」を購入しました。

早速、Windows、Macの双方で使用していますが、ThinkPad PCと変わらないタイピング感で、早く購入すべきだったと後悔しています。

関連記事 ミニPC・デスクトップPCにて、これまで使用していたキーボードはこちら

検索 icle iClever USB無線キーボードの実機レビュー、Apple純正似でMac / Win 10ともに良好なタイピング感

スポンサーリンク

外観

他のレビューを参照すると、「プラスチック感漂うキー」とのコメントが多いのですが、確かにそのとおり。ThinkPad以外の 6,000円台のキーボードの質感よりも劣るように感じますが、タイピング感のよさでカバーです。

古い製品ばかりですが、所有するThinkPad 6製品(X220、X280、T420s、T550、L560、E130、X1 Carbon 2016モデル)のうち、サイズ・質感・タイピング感・ストロークともに近いのが、以下のT550とL560。私はT550、家族はL560を使用しているのですが、T550の10キーを外したのが、今回購入のキーボードもような感覚です。

1万円で購入の中古 ThinkPad T550 実機レビュー、液晶は難あるも拡張目的では面白い。Hackintoshも対応中
先日、ヤフオクにて10,500円で落札した ThinkPad T550。Core i5-5300Uを搭載する、2015年に発売の15.6インチノートです。ビジネス向けの人気薄のPCのために、他サイトのレビュー記事もごく僅かの製品です...
ThikPad L560、中古で購入のマルチドライブ付き15.6型ノートの実機レビュー
先日、メルカリにて購入した2016年製のLenovo ThinkPad L560。家族が利用の2012年製 Lenovo IdeaPadが電源不通となり、家族の要望によりマルチドライブ付のPCを候補として検討、購入したものです。15...

 

▼普通の段ボールでの梱包ですが、驚いたのが(写真は未掲載の)外箱の大きさ。今回は楽天市場で購入したのですが、製品が8個ぐらいは入りそうな、Amazon並みの大きな外箱でした。

 

▼同封品一式。使用することはないのですが、説明書も付属しています。

 

▼実測で、横幅 30.5cm、縦幅 26.4cm。各所のレビューを参照すると、12インチのThinkPadと同程度のサイズとするものが多いのですが、手元のThinkPadで比較したところ、12.5インチよりも大きく、15.6インチの10キーなしと ほぼ同サイズです。なお、主要キーのキーサイズは 実測 16mm。

 

▼別の角度より。全般的に、樹脂製と即わかる質感です。

 

▼写真ではわかりませんが、印字は明らかにシールです。全般的に、質感としては ミドルレンジ以上のThinkPad PCのキーボードよりも劣ります。

 

▼背面より。平置き・スタンドの双方に対応しています。

 

▼スタンドを立てた様子。赤い部分はゴム製です。

 

▼Micro USB ポートの位置がわかるように撮影。

 

▼グラつきが多いとされる Micro USBのポート部分。確かに、挿入して即 グラつきがわかるレベルで、耐久性に不安があります。

ThinkPad PCのキーボードとの比較

照明の当たり具合他によりイマイチな写真ですが、12.5インチ、15.4インチのThinlPadのキーボードとの比較です。繰り返しも記載ですが、サイズ感は15.6インチの10キーを除いた部分とほぼ同サイズです。

12.5インチとの比較

比較対象は以下のThinkPad X280。X280は一部のキーサイズが小さいために、タイピング感としては本製品がより良好です(X280も、12.5インチとしては かなり良好な打鍵感で、高速タイピングできます)。

ThinkPad X280 実機レビュー、モバイル用途・サブ機として十分な実力だが、IPSパネルは必須
中古でのThinkPad 5台めの購入となった「X280」。外出先での本気モードでの記事編集、あるいは非力な会社のWindows 10 ノートの代替として使用する目的です。購入したX280のスペックは、Core i3-8130Uはよ...

 

▼上はX280、下は本製品ですが、本製品が幅広です。また、X280は「無変換」「変換」キー(私は英数・かなの切替に割り当てを変更しています)が他の主要キーよりも小さいのですが、本製品は均等であることがわかります。

 

▼キーボードの質感としては、X280が優れています。本製品は樹脂感が強く、古い製品ですが ThinkPad E130のキーボードと同水準の質感。

 

▼引用した ThinkPad E130のレビュー記事はこちら。

8年落ちの中古のThinkPad E130 実機レビュー、格安機ながらも快適タイピングで、レスポンスも現行のApollo Lake以上
2020年10月にジャンクな中古で購入した「ThinkPad E130」。2012年6月の発売の11.6インチ Windows 10 ノートであり、約1.5kgの重量とヒンジが壊れやすいことから、販売時も中古としても人気薄のPCです...

15.6インチとの比較

15.6インチのThinkPadの比較対象は以下のT550。前述のとおり、サイズはT550の10キーを除いた部分と同サイズ、質感・タイピング感ともに近いです。

1万円で購入の中古 ThinkPad T550 実機レビュー、液晶は難あるも拡張目的では面白い。Hackintoshも対応中
先日、ヤフオクにて10,500円で落札した ThinkPad T550。Core i5-5300Uを搭載する、2015年に発売の15.6インチノートです。ビジネス向けの人気薄のPCのために、他サイトのレビュー記事もごく僅かの製品です...

 

▼10キーを除いたサイズは、本製品がごく僅かに大きい程度。

 

▼写真ではわかりにくいのですが、キートップのザラつきもT550と同様です。

タイピング感など

私はトラックポイントは補助的に使用している程度のため、主にタイピング感について記載します。また、現在のところはショートカットキーを多用していないため、ショートカット・Fnキーのコメントも未掲載です。

全般的に、キーの質感はそれほど高くなく、エントリーのThinkPad ラップトップに搭載されるキーボードと同水準との認識ですが、タイピング感はさすがにThinkPad。タイピング時の適度な押し込みと戻り感で、使い始めた当初から、快適に高速タイピングできています。

  • ストロークは、X270 / X280などの12.5インチ、X1 Carbonと比較すると深め。
  • 手元にあるThinkPadのストロークの浅い順に記載すると(7列キーのX220 / T420sを除く)、X1 Carbon 2016モデル、X280、本製品、T550、E130 = L560のイメージです。
  • ストロークが深いことより、ThinkPad PCのタイピング感に比べて違和感ありとする方もいるようですが、私としては全く違和感がなく、所有するThinkPadでは X1 Carbon以外と同感覚。ただし、2019年以降のThinkPad PCを所有していないため、直近のThinkPad PCとの比較ではありません。
  • 12.5インチのX280よりも幅が広いこともあり、X280では他キーよりも狭い「無変換・変換」キーが広く快適。
  • トラックポイントは、所有する他のThinkPad PCよりも軽快なような感覚も。
  • 打鍵音は、他のThinkPadのキーボードと同様に、低い打鍵音で全く気にならず。
  • 私はWindowsとMacの双方で使用していますが、Macでの「英数・かな切替」は、キーの割当変更により、Macと同様にスペースキー両隣のキーで行うことができます(MacでWindows用キーボード使用時に「英数・かな切替」をワンタッチで行う方法(Karabiner-Elementsを利用))。

 

▼Macでは以下のApple ワイヤレスキーボードをメイン利用していますが、高速タイピングでは同水準。Apple ワイヤレスキーボードと比較して、ThinkPad トラックポイント・キーボードは、キー表面がやや滑る感覚もあります。

中古購入のApple ワイヤレスキーボード「A1314」、Macでの高速タイピングは2020年でも有効
中国製のミニPC「CHUWI GT Box」に、Hackintoshによる macOS High Sierraをインストールし、記事編集などに便利に使用している私ですが、より快適に使用すべく、旧型のApple製ワイヤレスキーボード「...

まとめ

ワイヤレスのThinkPad トラックポイント・キーボードも購入候補でしたが、中古のThinkPad PCが購入できる価格のため、割安な有線タイプを購入。Micro USB 接続部分のグラつき・耐久性に不安もありますが、やはり ThinkPad キーボードのタイピング感は格別。極端に言えば、キーを意識することなく軽快にタインピングでき、会社用にもう一台欲しくなってきました。

 

▼価格表示は9,900円となっていますが、国内通販価格は6,400円前後。

▼こちらはワイヤレス版。

 

2022年3月27日追記。Micro USB端子のグラツキに不安があったため、マグネットケーブルでの接続としました。角度も変更でき、安定動作しています。
ThinkPad トラックポイント・有線キーボードをマグネットケーブルで接続。即認識し安定動作
先日、今さらながらに購入の有線のThinkPad トラックポイント・キーボードですが、各所のレビュー記事で記載されているとおり、Micro USBの接続ポートがグラグラしていて不安になります。そこで、スマホ向けのマグネットケーブル(...

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました