ThikPad L560、中古で購入のマルチドライブ付き15.6型ノートの実機レビュー

先日、メルカリにて購入した2016年製のLenovo ThinkPad L560。家族が利用の2012年製 Lenovo IdeaPadが電源不通となり、家族の要望によりマルチドライブ付のPCを候補として検討、購入したものです。15.6インチのほぼ同世代のThinkPadとしては、ドライブなしのT550を所有していますが、ドライブの有無以外は概ね同様な使用感となり、ThinkPadらしくタイピングは快適です。

関連記事

1万円で購入の中古 ThinkPad T550 実機レビュー、液晶は難あるも拡張目的では面白い。Hackintoshも対応中

スポンサーリンク

スペック、実機のシステム情報

購入した ThinkPad L560のスペックは以下です。ストレージなし、OSなしの中古をメルカリにて 15,000円で購入したものですが、黄色網掛は私が導入したものです。

CPUCore i3-6100U、2コア4スレッド
GPUIntel HD Graphics 520
メモリ8GB DDR3
ストレージ2.5インチ SATA SSD 240GB
ディスプレイ15.6インチ、TNパネル、ノングレア、解像度 1366 x 768
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
ドライブDVD スーパーマルチ(DVD±R / ±RW / RAM / ±RDL)
ポート類USB 3.0 x 4、Mini-Displayport、D-Sub、有線LAN
サイズ377 x 27.6 x 255 mm、2.38kg
OSWindows 10 Pro

 

公式サイトのスペック情報を確認すると、標準構成のストレージは HDD 500GB (7200rpm)。HDD付、OSインストール済の中古の場合にも、私としてはSSDに換装することになるため、ストレージなし、OSなしの割安な中古の購入で正解です。

ちなみに、楽天市場の中古では、メモリ 4GB / HDD 500GB / Windows 10 インストール済が1万円台後半から。私がメルカリで購入の中古は、価格のみではそれほど割安感がないのですが、メモリ 8GBでボディやキーボードは無傷に近く、バッテリーはかなり状態のよいものでした。

この世代のThinkPadで厳しいのは、エントリー構成の場合にはディスプレイの解像度が低く(1366 x 768、HD画質)、視野角の狭いTNパネルであること。以下の記事のとおり、ThinkPad T550とX280は、TNパネルから視野角の広く、色合いも鮮やかなIPSパネルに交換していますが、長時間の連続使用を想定している場合には交換した方が無難です。テキストのギザギザ感が目立ち、色合いも淡いために疲れてしまいます。

ちなみに、今回のL560は家族用ですが、使用頻度も高くないため、TNパネルのまま使用するつもりです。

ThinkPad T550の15.6インチ TNパネルをIPS・3Kパネル化。目の疲れも大きく軽減
2020年9月に1万円ほどでヤフオクにて落札した、15.6インチのThinkPad T550。Core i5-5300Uを搭載していますが、購入直後にメモリを4GBから8GBに増設、HDDをSSDに換装、M.2 SSDを増設したもの...
ThinkPad X280の液晶をFHD・IPSパネルに交換。明るさ・発色・視野角ともに効果は期待以上
中古のThinkPad X280を購入したのですが、価格面から Core i3-8130U / メモリ 4GBで妥協。ディスプレイは解像度1366 x 768のTNパネルですが、やはりテキストなどのギザギザ感と視野角の狭さ、寒色系(...

 

▼Windows 10 設定のデバイスの仕様。CPUは第6世代のCore i3-6100U、メモリ 8GB。

 

▼フリーソフト HWiNFOのサマリー画面。

 

▼メモリはSamsung製の8GB、1枚刺し。空きスロットがあるため増設、デュアルチャンネル化し、GPU系のベンチマークはスコアアップを図ることができます(メモリ増設、デュアルチャンネル化でスコアアップ可能です)。

古いThinkPad(T550)のメモリ増設、デュアルチャンネル化でGPUベンチスコアが約44%アップ
キーボードのタイピング感のよさとトラックポイントの利便性から、今更ながらにThinkPadに惹かれている私。Hackintosh用のThinkPad X220、サイト記事編集用のX1 Carbon 2016に続き、Hackintos...

 

▼OSなし、ストレージなしの中古を購入しましたが、手元にあったSamusung SSD 850 EVO 250GBを増設しました。

 

▼こちらはディスプレイの情報。ディスプレイをIPSパネルに交換する場合、適合するディスプレイとケーブルを確認するベースとなるため、掲載しておきます。

 

▼バッテリーのサイクルカウントは9回と、かなり少ない。

外観

手元にあるThinkPad (X220,X280,X1 Carbon 2016,T550)と比較すると、プラスチック感の強い反面、天板はピーチスキンではないために、経年劣化などによる塗装の剥げやまだら模様もなく、よい感じ。マルチドライブを搭載していることもあり、厚く重いことはやむを得ず。

中古としての状態は、天板とキーボード面に目視できる線キズが3カ所あるのみで、キーボードのテカリもなく、状態としてはかなりよいもの。繰り返しますが、天板はピーチスキンではなく、樹脂に通常の塗装であるため、中古としては状態のよいものが流通しているものと思います。

 

▼2016年の古い製品でもあり、ベゼル幅は太い。

 

▼マルチドライブを搭載していることもあり 27.6mmと太く、ドライブレスのT550よりも 5mmほど厚い。右サイドのポートはUSB 3.0 x 2。

 

▼左サイドのポート類は、左から電源、Mini-Displayport、D-Sub、USB 3.0、カードスロット。

 

▼背面はUSB 3.0と有線LANポートがあります。

 

▼左のヒンジ部分には、Lenovoのロゴが貼られています。

▲拡大してみると樹脂製であり、天板はピーチスキンではないことを感じ取れるかと思います。

 

▼アルコールで拭き取った後のため、手前部分が油脂が付着したような状態になっていますが、小傷が一つある程度のもの。

 

▼キーボード全体。テンキー付きのため、ディスプレイとキーボードの中心線のズレに違和感がありますが、キーボードのタイピング感がよいために、それほど気になるものではありません。

 

▲写真の左下に線キズがありますが、同様の線キズがキーボードに2カ所、天板に1カ所あるのみの、よい状態の中古です。

 

▼タッチパッドとトラックポイント周りを拡大。タッチパッド、トラックポイントともに汚れもなく、キーボードは使用感も少ない。

 

ベンチマークスコアと体感レスポンス

ベンチマークと体感レスポンスは、同世代のThinkPad X1 Carbon 2016モデル、ThinkPad T550と大きく変わらず。Webサイトのブラウジング、WordやExcel、画像編集程度では遅さを感じることなく、サクサクと動作します。

ベンチマークスコア

比較対象として掲載の機種は、Core i5-5300U搭載のThinkPad T550、Core i5-6200Uを搭載のThinkPad X1 Carbon 2016モデル。

中古購入 ThinkPad X1 Carbon 2016の実機レビュー。Celeronクラスの新品PCよりも安価で実用的
中古のThinkPad X1 Carbon 2016モデルをヤフオクで落札しました。サイト記事編集用あるいは在宅勤務でのサブ機としての使用が目的ですが、以前に同じく中古で購入のX220のトラックポイントとキーボードの使い勝手がよいた...

 

▼Geekbench 5のCPUベンチマークスコア。

上から順に、L560(Core i3-6100U)、T550(Core i5-5300U)、X1 Carbon 2016(Core i5-6200U)。L560とT550は同水準と思いきや、それなりの差があります(体感レスポンスとしては同水準)。

 

▼ドラクエベンチマークのスコア。

上から順に、L560(Core i3-6100U)、T550(Core i5-5300U)、X1 Carbon 2016(Core i5-6200U)。Geekbench 5のMulti-Coreのスコアに反して、L560は健闘しています。

 

▼こちらは他のPCで取り付けていたSSDを移植。ベンチマークスコアとしては、通常のSATA SSDと同水準。

中古で購入のThinkPad L560、2.5インチ SSDの取付過程を写真で概説
家族が利用していた 2012年製の15.6インチノートが電源不通となり、代替となる中古のPCを物色。家族の要望としては、今さらながらのマルチドライブ付きが必須の条件。そこで、15,000円でストレージなし、OSなしの中古のThink...

体感レスポンス

現在のところ、Webサイトのブラウジング、Excel、記事の編集、画像編集に使用している程度ですが、この程度のライトユースではメイン利用としても使用できます。第8世代のCore i3-8130U、Core i3-8145Uを搭載するPCなどと比較しつつの体感レスポンスは以下です。

  • 記載するまでもなく、Apollo Lake / Gemini LakeのエントリークラスのPCと比較すると、Windows 10の更新前後など、負荷がかかっている場合のレスポンスが異なります。Apollo Lake / Gemini Lakeよりも、CPU 100%の使用時間が短いもの。
  • ライトユースでのCore i3-8130U、Core i3-8145Uのレスポンスと比較すると、体感できるほどの差を感じず。在宅勤務やオンライン授業でも十分に活用できます。
  • X1 Carbon 2016(Core i5-6200U)には、より高速なPCIe SSDを搭載していますが(ただし、メモリは4GB)、L560に取り付けたSATA SSDとの相違から、X1 Carbon X1がよりキビキビしているように感じます。

ディスプレイ

スペックの項目でも記載しましたが、ThinkPadの中古を購入する場合の要注意はディスプレイ。最近のThinkPadは、エントリー構成でもFHDのIPSパネルが多くなってきましたが、数年前のモデルのエントリー構成では、HD画質に視野角の狭いTNパネルがメインです。

今回購入のL560も、HD画質のTNパネルですが、FHDのIPSパネルと比較すると以下の点で見劣りします。

  • ホーム画面にせよ、Webサイトにせよ、文字の粗さが目立つ。
  • 視野角が狭く、色の変化なく見ることができるのは、正面から見たごく限られた範囲。
  • コントラスト、メリハリに欠け、Webサイトなどの白の背景に黒の文字などか淡い。

キーボードの使用感

X1 CarbonやX280のキーボードと比べると、ストローク深めでしっかりとタイピングを行う必要がありますが、ThinkPadらしく タイピング感はかなり良好。

同世代の15.6インチのThinkPadは概ね同様のタイピング感かと思いますが(少なくとも、所有するT550とは同じタイピング感)、キーボードの雑感は以下です。

  • 深めのストロークに合わせ、しっかりと押し込む必要があるために、X1 Carbonなどのストロークの浅いThinkPadと比較すると、長時間の連続使用時にはやや疲れを感じます。
  • Lenovo 15.6インチのIdeaPad(2012年製)とは比較にならないほどに快適。IdeaPadではキーピッチが狭いうえに、10キーとの誤タイピングが頻発しましたが、L560では誤タイピングはほぼ皆無。
  • 所有するThinkPad (X220、X280、E130、T550、X1 Carbon 2016)との比較では、T550以外は(T550はL560と同様)ストローク、キーの軽さなどにそれぞれ特徴があるものの、甲乙つけがたいほどにどれも快適にタイピング可能。

静音性など

インテル 第5世代、第6世代のCPUを搭載する ThinkPadのメリットの一つは、CPUファンが静音であること。私が所有するX1 Carbon、T550、L560ともに、負荷をかけた場合もCPUファンが回転していることもわからないほどに静音であり、ボディの熱も感じません。

第8世代のCore i3-8130Uを搭載する X280では、ベンチマークやWindows 10更新前後の負荷がかかった場合には、やかましくはないにせよ、多少のファン音は聞こえますが、ファンレスに近い静音性を重視する場合には、第5、第6世代あたりがよいようにも思います。

まとめ

HD画質で視野角の狭いTNパネルを許容できれば、ライトユースでは快適なレスポンスとキーボードで、(重たいものの)マルチドライブ付きの15.6インチノートの中古をお探しの場合には、購入候補の一つとなる製品です。

メルカリやPayPayフリマでは流通量が少ないのですが、楽天市場では、メモリ 4GB / HDD 500GB / Windows 10 インストール済が1万円台後半から販売されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました