ThinkPadのセンターボタンが機能しない現象は、ドライバーの導入で即解決

先日、中古で購入した「ThinkPad L560」。スクロールに便利なセンターボタンを操作すると、機能しません。タッチパッドでもスクロールできずに確認してみると、SSDの搭載時にドライバーを導入していなかったためでした。あらためて、Lenovo公式サイトからドライバーをダウンロードし、インストールしてみると、あっさりとセンターボタンとタッチパッドともにスクロール可能となりました。

ドライバーの未導入だったため、ドライバー導入後に操作可能となるのは当然のことであり、公式サイトを参照すると簡単なことですが、参考までにドライバーのインストールなどの手順について記載します。

スポンサーリンク

ThinkPad、センターボタンのドライバーのインストール手順

正確にはセンターボタン単体のドライバーではなく、ThinkPadのマウスのドライバーです。

 

▼「タッチパッドのスクロールができない」でググった結果、確認したのはこちらのサイト。ドライバーのインストール手順を記載したものではないのですが、「ドライバーを導入済」と思っていた私は、このサイトを参照し、ドライバーの未導入であることが発覚。

タッチパッドの縦スクロールを有効にするには – IdeaPad S10-3(Lenovo 公式サポート)

 

▼本来はこちらのプロパティ(「コントロールパネル」「ハードウェアとサウンド」「デバイスとプリンター」にある「マウス」を選択)に「ThinkPad」のタブがあるはずなのですが、私のL560にはありません。

 

▼他のドライバー、他のLenovoのPCも同様ですが、ドライバーのダウンロードは、以下のLenovo公式のサポートにアクセスします。

PC 製品サポート

 

▼以下の画面となりますので、Lenovo Service Bridgeをインストール済の方は②を(自動的に製品名とシリアル番号が検出されます)、インストールしていない方は①に製品名を入力し検索します。

 

▼私のL560の場合は Lenovo Service Bridgeをインストール済のため自動検出でしたが、検索結果の一部が以下の画像。下にある「ドライバーとソフトウェア」を押下します。

 

▼ドライバーの更新は手動と自動から選択できますが、自動更新はかなりの時間を要すことがあり、手動更新がおすすめです。

 

▼今回はセンターボタン・タッチパッドのドライバーが不足していたため、「マウスとキーボード」から該当するドライバーを選択します。

 

▼ドライバーの導入過程の一コマ。

 

▼ドライバーの導入後に、あらためてコントロールパネルの「マウスのプロパティ」を確認すると、ThinkPadのタブが表示となり、センターボタン・タッチパッドともにスクロールが使用できる状態になりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました