11.6型 2in1のTeclast X4、Gemini Lake搭載、SSD換装可能で高まる魅力

Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載する Windows 10 2 in 1のTeclast X4。競合機であるJumper EZPad Goの価格が以前より高くなっており、さらにはChuwi UBookのリリースが遅れているなか、Teclast X4の魅力が高まってきたように感じます。

そこで今回は以下の過去記事と一部重複しますが、あらためてTeclast X4の特徴について記載します。

関連記事

Teclast X4、11.6型 Gemini Lake Winタブのスペックと特徴。Teclastらしくデザインと機能は秀逸

スポンサーリンク

Teclast X4のスペックと特徴

Teclast X4のスペックは以下となります。

  • OS: Windows10 Home
  • CPU :Gemini Lake N4100
  • メモリ : 8GB
  • ストレージ : 128GB SSD
  • ディスプレイ : 11.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
  • WiFi : 11 b/g/n/a/ac
  • Bluetooth :4.2
  • カメラ : フロント 500万画素、リア 200万画素
  • ポート類 : USB 3.0 x 2、USB Type-C、Micro HDMI
  • サイズ :  290 × 179 × 8.9mm

 

TeclastのGemini Lake N4100搭載機としては並みのスペックですが、当初の記事「Teclast X4、11.6型 Gemini Lake Winタブのスペックと特徴。Teclastらしくデザインと機能は秀逸」を投稿した2019年3月と比較すると、競合機種の状況や新たに判明(当時は見落としていた)した以下の事項があり、Teclast X4の魅力が高まってきました。

 

  1. Gemini Lakeのタマ不足(インテルの供給不足)により、Gemini Lake N4100搭載機が減少、あるいはGemini LakeからApollo Lake搭載に切り替えているなか、Teclast X4はGemini Lake N4100を維持。
  2. 11.6インチの競合機種であるJumper EZPad Goの海外通販価格が上昇(Amazonは約3万円と比較的安い)、さらに、同じく競合するChuwi UBookが未だに正式リリースされていないこと。
  3. 私の見落としですが、Teclast X4はキックスタンドの裏側にM.2 SSDスロットがあり、背面から簡単にアクセスできます。つまりはユーザーでM.2 SSDの換装が可能です。

 

3点目のM.2 SSDを換装できることは、2 in 1ではかなり珍しく貴重な存在です。以下のTecTabletsの動画レビュー 9分41秒あたりに、 M.2 SSDスロットにアクセスしている動画がありますので参照ください。

機能性などを画像で補足

スペックでは表れないTeclast X4の特徴をイメージ画像で補足します。

 

▼2 in 1の場合、USBポートが右サイドに集中している機種が多いのですが、左右両サイドに配置されています。また、熱がこもりがちな2 in 1ですが、熱を逃がすためにサイドに無数の穴が開いています。

 

▼キックスタンドの裏側にM.2 SSDのスロットがあり、小さな扉を開けることで簡単にアクセス可能です。

▲▼デザイン・配色の上手さもTeclastの製品に共通する大きな特徴。

▲▼11.6インチとしてはタッチパッドは小さいのですが、タッチパッドを小さくした分、キーボードのキーサイズを大きくしているように感じます。タッチパッドを多用しない私としては、キーサイズが大きいほうがありがたい。

まとめ、価格情報

Teclast X4の大きな特徴は以下の3点。

  • Gemini Lake N4100がタマ不足のなか、N4100搭載を維持。
  • Teclastらしいデザインと配色。
  • 最大の魅力が、2 in 1では珍しく M.2 SSDを換装可能なこと。

 

上記を踏まえると、また、競合するJumper EZPad GoがApollo Lake N3450 / メモリ 4GBであり、海外通販サイトでは価格が上昇していることを踏まえると、以下のAliExpressのキーボード付価格 359ドル(ACアダプターはEUプラグであり、別途数百円の変換アダプターを用意する必要あり)はコスパ度がアップしているように思います。

 

Teclast X4 キーボード付 (AliExpress)

AliExpressでの購入手続きを実際の購入にあわせ 画像で概説

 

▼最近の傾向では、Jumper製品は海外通販サイトより日本のAmazonが安くなっています。EZPad Goも同様にAmazonでは低価格を維持。

EZPad Go、EZBook X3などが海外通販より安い、AmazonのJumper製品をピックアップ(2019年5月版)
Jumper製のコスパの高いPCを紹介する場合、これまでは海外通販サイトの価格を引用していたのですが、Jumper 直営店がAmazonでの販売を開始していることにより、海外通販サイトよりもAmazonが安い現象が生じています。 ...

 

コメント