Teclast T40 Plus、UNISOC T618,RAM 8GBの10.4型 Android 11 タブが発売に。179.99ドルの発売セールを開催中

TeclastのAndroid タブレットではフラッグシップとなるTシリーズですが、CPUにUNISOC T618、メモリ 8GB、ストレージ 128GBの10.4インチ Android 11 タブレット「T40 Plus」が発売となりました。UNISOC T618のAnTuTu ベンチマーク v8のスコアは約20万となり、同CPUを搭載する同社の「M40」との比較では、メモリ 8GBと4スピーカーを搭載する点で優位です。

Banggoodでは 7月27日現在、予約注文セールとして、当初 150個まで 179.99ドルで販売していますが(文末を参照、151〜400個は189.99ドル)、この価格なら同CPUでメモリ 6GBの「Teclast M40 Pro」よりも安く、「買い」となります。

引用元
Teclast T40 Plus、Banggood 販売ページ

スポンサーリンク

Teclast T40 Plusのスペック

コスパに優れたCPU「UNISOC T618」をメインとした、100ドル台のAndroid タブレットとしては基本スペックが高く、Teclastの製品の傾向を踏まえた シックな外観の金属製ボディに LTE対応です。

CPUUNISOC T618、8コア
GPUG52-3EE-2-core 850MHz
メモリ8GB DDR4
ストレージ128GB
ディスプレイ10.4インチ、IPSパネル、解像度 2000 x 1200
WiFi、Bluetooth11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.0
LTEFDD-LTE : B1,B2, B3, B5, B7, B8, B17, B20
TDLTE : B39, B40, B38, B41
カメラフロント 5百万画素、リア 8百万画素
バッテリー容量6600mAh、USB Type-C
サイズ(本体)未確認
OSAndroid 11
その他金属製ボディ、4スピーカー、GPS搭載

 

Alldocube iPlay 40 Pro、スペックアップの概要と195.99ドルのセール情報(7/26開始)
国内外で人気のAndroid タブレット「Alldocube iPlay 40」が「iPlay 40 Pro」にスペックアップとなり、販売されています。CPUのUNISOC T618、メモリ 8GB、2K 解像度の10.4インチは変...

UNISOC T618を搭載するAndroid タブレットとしては、「Teclast M40」と「Alldocube iPlay 40」が人気を2分していましたが、「Teclast T40 Plus」の競合機種は、上記リンク先で紹介の「Allducube iPlay 40 Pro」。

上表は iPlay 40 Proのスペックをベースに編集しましたが、T40 Plusの優位な箇所を黄色網掛け、劣る部分をピンク網掛けしています。相違は以下となりますが、両製品のセール時の価格は iPlay 40 Proの195.99ドルに対し、T40 Plusは 179.99ドル。コスパ度としては同水準です。

  • ストレージは、iPlay 40 Proの256GBに対して、T40 Plusは 128GB
  • バッテリー容量は、iPlay 40 Proの6200mAhに対して、T40 Plusは 6600mAh
  • CPU、メモリ、ディスプレイの仕様、Andorid 11搭載であることは、両製品に共通

 

▼8コアのUNISOC T618のAnTutu ベンチマーク v8のスコアは約20万。ゲームに過度の期待をしない限りは、サクサクと動作する水準です。少なくとも、Fire HD 10や、Amazonで販売の1万円台のタブレットよりも、メモリ 8GBも含めて、スペックは優れています。

 

▼ディスプレイは 10.4インチの2K 解像度。10.1インチの「Teclast M40」よりも一回り大きくなります。

 

▼GPS搭載でLTEにも対応していますが、ドコモ回線よりも Y! mobileのソフトバンク回線が無難です。

 

▼こちらは、引用した「Teclast M40」、「Alldocube iPlay 40」の紹介記事

Teclast M40、100ドル台半ばでAnTuTuスコア約20万の10型タブレットがリリース
Teclastよりリリースされた、10.1インチのAndroidタブレット「Teclast M40」。コスパに優れたCPU「UNISOC T618 (8コア)」を搭載しています。このT618は、2020年10月20日時点では他の搭載...
ALLDOCUBE iPlay 40、AnTuTuスコア 20万、RAM 8GB、4スピーカーの10.4型タブがリリース
ALLDOCUBEより 10.4インチのAndroid タブレット「iPlay 40」がリリースです。CPUには、AnTuTu ベンチマークスコア 約20万となる「UNISOC T618」を搭載し、メモリ 8GBにストレージは128...

 

▼情報を見落としていましたが、UNISOC T618を搭載する10.1インチの「Teclast M40 Pro」も発売されていました。メモリ 6GBであるために、8GBのT40 Plusが優位です。また、価格も文末のBanggoodで販売のT40 Plusが安くなります。

Teclast M40 Pro、AliExpress

Teclast T40 Plusの外観

Teclastの他製品の紹介記事でも記載していますが、同社製品のイメージ画像は、ディスプレイのベゼル幅を実機よりも狭く、ボディの厚みを実機よりも薄く見せる傾向があります。製品紹介ページでサイズを確認できないのですが、実機のベゼル幅と厚みは イメージ画像よりも太いと認識ください。

 

▼アルミ製の背面ですが、明るいグレイとのツートンとなり「Dual-Tone Design」と表現されています。

 

▼こちらが実機よりもベゼル幅を狭く、厚みを薄く見せている極端な事例。Fire HD 10ほどに厚く太くはありませんが、一般的なベゼル幅と厚みとの前提です。

 

▼こちらも異様に薄く見せています。このクラスとなると専用キーボードが欲しいのですが、接続用の端子がなく 専用キーボードの設定はないようです。

まとめ、価格情報

CPUは「Teclast M40 / M40 Pro」と同じ UNISOC T618を搭載する「Teclast T40 Plus」ですが、メモリ 8GBに4スピーカーを搭載することで、M40シリーズよりも優位です。また、価格的にも、Banggoodの179.99ドルの特別セールは別にしても M40 Proと同水準となり、人気製品となりそうな予感です。

 

▼Banggoodの販売情報。

当初 150個までは 179.99ドルでの販売ですが、7月27日中に完売しそうな勢いです。ただし、151〜400個までの 189.99ドルも 193.99ドル(AliExpress 価格)の「Teclast M40 Pro 」よりも安価でおすすめ

Teclast T40 Plus、Banggood 販売ページ

BanggoodのT40 Plus 特設会場はこちら

 

▼Teclast M40 Proも7月に発売されていますが、コスパはT40 Plusが優れています。

Teclast M40 Pro、従来版からバッテリー増量、外観変更のAndroid 11 10.1型タブのスペックと特徴
Teclastより、10.1インチ Android タブレット M40のスペックアップ版「M40 Pro」が販売されています。7月28日現在では、Amazonでは未販売のモデルですが、M40との比較では、CPUのUNISOC T61...

コメント

タイトルとURLをコピーしました