Teclast T30、Helio P70搭載でAnTuTuベンチ 14万の10型タブへの期待度大。189.99ドルに安値更新

Teclastより、Helio P70を搭載する10.1インチのAndroid タブレット Teclast T30がリリースされています。これまでのAndroidタブレットでは、Teclast T20をはじめ、デカコア Helio X27を搭載する製品が多かったのですが、AnTuTu ベンチマーク v7のスコア 約10万の割にはレスポンスの機敏さに欠けるものでした。T30では、ミドルレンジのスマホに多く搭載され、同ベンチマークスコア 約14万となるHelio P70を搭載するだけに、そのレスポンスに期待です。

 

2019年11月16日 追記。こちらは11.6インチ、Helio X27(デカコア)搭載のTeclast M16。Banggoodではキーボード付きで179.99ドルで販売しています。

Teclast M16、11.6型 デカコア搭載のAndroidタブ、タッチパッド付キーボードセットが179.99ドルで新登場

スポンサーリンク

Teclast T30のスペック

TeclastのAndroidタブレットのフラッグシップとなるTシリーズですが、T20のCPU Helio X27からHelio P70へと変更したことが大きな特徴のT30。そのスペックは以下となっています。

 

  • OS : Android 9.0
  • CPU : MTK Helio P70
  • GPU : ARM Mali-G72 MP3
  • RAM : 4GB
  • ROM : 64GB
  • ディスプレイ : 10.1インチ、解像度 1920 x 1200
  • WIFI : 802.11 b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.1
  • カメラ : リア 800万画素、フロント 500万画素
  • バッテリー : 8000mAh、USB Type-C
  • サイズ : 24.90 x 13.50 x 0.85 cm、560g
  • 背面はアルミ製、LTE対応

 

LTE対応となりますが、対応バンドが狭いために省略しています。

重ねての記載ですが、CPUがTeclast T20や他社製品も含めて多くの機種で搭載されているHelio X27から脱却し、スマホでの搭載事例の多いHelio P70としたことによる期待度は大きいです。AnTuTu ベンチマークスコアが10万前後のHelio X27も遅くはないのですが、同CPUを搭載するTeclast T20の使用感では、AnTuTu ベンチマークスコア 8万程度のスマホがよりサクサクと動作するように感じます。

 

▼Helio P70を搭載するスマホとしては、UMIDIGI S3 Pro、OUKITEL Y4800などがあります。

Helio P70に48百万画素カメラのUMIDIGI S3 Proが登場、バッテリーも5150mAhと大容量
IndiegogoサイトにUMIDIGI S3 Proが登場。つい先日リリースされたUMIDIGI F1がHelio P60を搭載し「欲しい」と思っていた矢先に、S3 ProはHelio P70、さらにはイメージセンサーにSONY ...
OUKITEL Y4800、Redmi Note 7対抗のHelio P70、48百万画素カメラ搭載機がリリースに。199.99ドルの価格も対抗
48百万画素のリアカメラを搭載するXiaomi Redmi Note 7への対抗としてリリースされた「OUKITEL Y4800」。CPUにHelio P70、Redmi Note 7と同様に48百万画素のリアカメラを搭載する6.3...

 

▼こちらはHelio X27を搭載するTeclast T20とChuwi Hi9 Plusの実機レビュー記事。

Teclast T20 実機レビュー、高い質感にして体感レスポンス・ディスプレイなどの使用感はいかに
デカコア MT6797 (X27)、メモリ 4GB、ストレージ 64GBにLTE対応、前面・背面ともに1300万画素のカメラを搭載するTeclast T20。前回の外観レビューに続き、実際の使用感などをお伝えします。Teclastの...
Chuwi Hi9 Plus 実機レビュー、10.8型の鮮やかな液晶は特筆もの。Chuwiらしいシックなボディと品質にも好感
中国 新興メーカーのタブレットのなかでは人気のChuwi Hi9シリーズ。このうち、Hi9 Plusは10.8インチと一回り大きなディスプレイサイズで、CPUに10コアのHelio X27、メモリ 4GB、ストレージ 64GBにLT...

 

一方、チップセットの関係からか、あるいはコストカットのためか、不思議なのが、Teclast T20のようにディスプレイの解像度が2.5KではなくFHDであること。10インチクラスでは、それほど大きく差が出ることはないのですが惜しい仕様です。

それ以上に期待したいのが、T30のディスプレイの品質。T20のディスプレイは、2.5Kのシャープ製でありながらも、かなり青味の強い発色で、オススメできないものでした。実機や動画レビューを見ないと確認できないのですが、解像度よりも発色が大きなポイントかと思います。

外観、デザイン

スマホ、ダブレットの場合には、他製品と外観の差別化は難しいのですが、Teclast T30は私の好きなブラックのボディ色に無難なデザインとなっています。

 

▼ベゼル幅がいかほどのものかの記載はないのですが、サイズと前フラッグシップ機のT20からの推定では、そのベゼル幅は一般的なタブレットよりはやや狭いように思います。

▲背面の大部分はアルミ製、SIMカードスロットのある上部のみプラスチック製。

 

▼Light Sensor、Distance Sensor、Hall Effect Sensorの3つのセンサーを備えているとの記載があります。Teclast 公式サイトにも、どのようにワークするのか記載がなく、詳細は確認できていません。

 

▼スピーカーはサイドや背面ではなく、電源ボタンと同じ側の上部にあるのが珍しい。

▲▼下部にキーボードとの接続端子があり、専用のキーボードを接続できます。2019年9月25日時点では、キーボードの価格やキーの配置は明らかではありませんが、タッチパッドも付属しています。 文末のとおり、キーボード単体も販売開始となりました。

まとめ

TeclastのAndroid タブレットのフラッグシップとなるTシリーズ。T20のCPU、Helio X27からベンチマークも優位なHelio P70としたことによる、T30のレスポンスアップには期待度大。ここで気になるのはディスプレイ。前機種のT20がシャープ製のディスプレイを搭載しながらも青味の強いものだったため、普通の色合いのディスプレイだとよいのですが。

 

▼GearBestの価格情報。2019年10月19日時点では189.99ドル。当初のクーポン価格 199.99ドルから安値更新です。

Gearbest Teclast T30
Teclast T30

 

▼2019年11月16日 追記。こちらは11.6インチ、Helio X27(デカコア)搭載のTeclast M16。Banggoodではキーボード付きで179.99ドルで販売しています。

Teclast M16、11.6型 デカコア搭載のAndroidタブ、タッチパッド付キーボードセットが179.99ドルで新登場
Teclastより、11.6インチの大型ディスプレイにデカコア Helio X27を搭載するAndroid タブレット「Teclast M16」がリリースです。この10月以降、T30、P10S、P10HDと続けて10インチクラスのタ...

コメント