Teclast P85、8インチ Android 11搭載の最安タブ。従来機 P80からOSは更新されるも、スペックは厳しい

Teclastからリリースされた、8インチ エントリークラスのAndroid 11 タブレット「Teclast P85」。4コア CPUに、メモリ 2GB、GPS未搭載と妥協すべき点はありますが、AliExpressの販売価格は.タッチペン・フィルム・ケース・イヤホン付属で 約1万円。

「安価なため、サブ運用としてはいいかも」と記載したいところですが、CPUのAllwinner A133のAnTuTu スコアは 6万台(サイトにより記載が異なります)。もう少し出費を追加して 以下の「Blackview Tab 6」が望ましい。

 

▼現在レビュー中の「Blackview Tab 6」。4コア CPUながらも、エントリークラスの8コア CPUよりも高パフォーマンスです。

Blackview Tab 6、約13千円の8インチ Android 11 タブのスペック。安価ながらも GPS搭載にLTE対応、AnTuTu スコアは約13万

スポンサーリンク

Teclast P85のスペック

タイトル下の画像に「Level Up」とありますが、Amazonでも販売されている「Teclast P80」からのレベルアップです。ただし、CPU、メモリ、ストレージの基本スペックは変わらずに、OSが Android 10 GoからAndroid 11へと更新されたことが大きな変更点。

CPUAllwinner A133、4コア
メモリ2GB
ストレージ32GB
ディスプレイ8インチ、IPSパネル、解像度 1280 x 800
WiFi、Bluetooth11 a/b/g/n、Bluetooth 4.2
LTE未対応
カメラフロント 30万画素、リア 2百万画素
バッテリー容量4000mAh、USB Type-C
サイズ365g 209 × 125 × 9.5mm、354g
OSAndroid 11
その他GPS未搭載、金属製ボディ

 

1万円の端末ですので メモリ 2GBは我慢としても、CPUをスペックアップして欲しかった。CPUは、以下の従来機「P80」と同じ「Allwinner A133」を搭載していますが、AnTuTu ベンチスコアが6万台、P80は子供用タブレットと明記しており、Teclastとしても 低スペックの価格重視と割り切っているようにも感じます。

 

▼背面は Teclastの製品らしく金属製。樹脂製の場合には剛性が懸念され、押し込むとギシギシと音がすることもあるのですが、金属製なその心配も和らぎます。

▲▼ 製品紹介のイメージ画像では、ディスプレイのベゼル幅や厚みを、実機よりも狭く・薄く見せる傾向が特に強い Teclast。実機のベゼル幅は 画像よりも太くなりますが、下の画像に 珍しく「画像は参考」と記載があります。

価格情報

以下の画像のとおり、2021年12月31日現在のAliExpressの価格は「タッチペン・フィルム・ケース・イヤホン付属」で約1万円と、8インチ最安となります。ただし、スペックが低いために「お子様用に最安なタブレット」を求める方以外には、積極的におすすめしにくい端末です。

 

Teclast P85

 

▼安価な8インチタブレットをお探しなら、こちらの Blackview Tab 6がおすすめ。解像度は低いのですが、4コアながらも エントリーの8コアクラスのレスポンスに、GPSも搭載しています。レビュー記事は近日中に公開予定。

Blackview Tab 6、約13千円の8インチ Android 11 タブのスペック。安価ながらも GPS搭載にLTE対応、AnTuTu スコアは約13万
Blackviewより、CPUに「UNISOC T310」を搭載する、8インチタブレット「Blackview Tab 6」が販売されています。2021年12月20日時点のAliExpressでの販売価格は 110.99ドル(約13千...

コメント

タイトルとURLをコピーしました