Teclast P80X、約8千円でAnTuTuスコアは約7万。高コスパの8型タブレットのスペックと特徴

TeclastからリリースされたP80X。8インチ Android 9.0搭載のタブレットですが、約8千円と安価にもかかわらず、AnTuTu ベンチマーク v7のスコアは約7万となり普段使いでは十分なレスポンス。さらには、LTE対応であることも大きな特徴。今回はこのTeclast P80Xのスペックと特徴を記載します。

スポンサーリンク

Teclast P80Xのスペック特徴

Teclast P80Xのスペックは以下となります。

  • CPU : UNISOC SC9863A、Octa Core、最大 1.6GHz
  • GPU : IMG-8322/650 MHz
  • メモリ : 2GB
  • ストレージ : 16GB
  • ディスプレイ : 8インチ、IPS、解像度 1280 x 800
  • カメラ : フロント 30万画素、リア 200万画素
  • WiFi : 11b/g/n
  • Bluetooth : 4.1
  • LTE対応バンド : FDD-LTE:B1,B3  TD-LTE:B39,B40,B38,B41
  • バッテリー : 4200mAh、micro USB
  • OTG / GPS サポート
  • OS : Android 9.0
  • サイズ : 208 x 124 x 9.8mm、315g

約8千円のタブレットしては奮闘している箇所を黄色網掛け、コストカットしている箇所をピンク網掛けしています。

LTE対応であることは、対応バンドの狭さと技適を通過していないことにより、おまけ程度と認識した方が無難。また、カメラも低画素ですが、中国製のタブレットの場合、高画素・高スペックであっても画質やオートフォーカスなどがスペックどおりでないことも多いため、逆に割り切ったほどに低画素としたことは新鮮。

なお、同じくSC9863Aを搭載するTeclast P10Sも同様ですが、メモリは2GBと心もとなく、3GBあるとよりよかったのですが。

Teclast P10S、ベゼル幅 7mmの10型タブ、プレオーダー数が凄まじいことに。89.99ドルのセール情報も
Banggoodを参照していると、10.1インチのエントリータブレットの「Teclast P10S」のプレオーダーが6000越え(10月5日時点)と凄まじいことになっています。CPUはオクタコアながらも、メモリ 2GBであるために紹...

 

さて、私が認識するP80Xの最大のメリットは、約8千円の価格にして AnTuTuベンチマーク v7のスコアが約7万であること。ゲームなどの負荷のかかるアプリ以外との前提ですが、このスコアでは上位機と比較しなければ、遅さを感じることなく普通に動作します。

 

▼Teclastの製品紹介としては珍しく、AnTuTuベンチマークのスコアを掲載しています。約8千円のタブレットでこのスコアを叩き出すのは、CPUのUNISOC SC9863Aの恩恵。

 

これまでのTeclastの8インチタブレットのエントリー機は、P80Xと同価格帯のP80 Proでしたが、P80 Proよりもコスパ度は完全に優位です。

▼こちらはTeclast P80 Proの実機レビュー

100ドルの8型タブ「Teclast P80 Pro」実機の使用感。FHD・アルミ製ボディでコスパ度はFire HD 8以上
2018/5/26現在では11,000円ほどで購入できる、8インチ Androidタブレット Teclast P80 Proのレビューです。質感高めのアルミ製ボディに、1年以上前のオクタコアのエントリー機、あるいはAmazon Fire HD 8と同等もしくはそれ以上にサクサクと稼働します。

 

▼こちらは、P80Xと同じく、AnTuTuベンチマークのスコアが約7万のUMIDIGI A5 Proの実機レビュー。

普通に使える100ドルスマホ、UMIDIGI A5 Pro 1ヵ月の使用感。A3 Pro実機との比較も
UMIDIGIのエントリースマホであるA5 Proを使用し1ヶ月経過しましたので、あらためてその使用感を記載します。全般的には、もう一つのエントリー機であるA3 Proと比較すると、雲泥の差でサクサクと動作し、レスポンス、指紋認証ともに...

Teclast P80Xの外観と機能

▲▼ 私の見落としかもしれませんが、Teclastのタブレットとしては珍しく「背面はメタル製」との記載がありません。安価なエントリー機でもアルミ製の背面とすることの多いTeclastですが、本機はプラスチック製の可能性もあります。

 

▲▼安価ながらもLTE対応、GPSもしっかりサポート。

まとめ

CPUにUNISOC SC9863Aを搭載し価格を抑えた 10インチのP10Sと8インチのP80X。双方ともにコスパ度のかなり高い端末となり、P80Xの場合には従来のエントリー機であるP80 Proに取って代わることは確実。惜しいのはメモリが2GBであることですが、約8千円での販売となると納得。

 

▼2019年10月7日時点のBanggoodでの価格は71.99ドル、円換算では7,884円となります。

Teclast P80X

 

▼同時期にリリースされた、こちらのタブレットにも注目。

Teclast P10S、ベゼル幅 7mmの10型タブ、プレオーダー数が凄まじいことに。89.99ドルのセール情報も
Banggoodを参照していると、10.1インチのエントリータブレットの「Teclast P10S」のプレオーダーが6000越え(10月5日時点)と凄まじいことになっています。CPUはオクタコアながらも、メモリ 2GBであるために紹...
Teclast T30、Helio P70搭載でAnTuTuベンチ 14万の10型タブへの期待度大。189.99ドルに安値更新
Teclastより、Helio P70を搭載する10.1インチのAndroid タブレット Teclast T30がリリースされています。これまでのAndroidタブレットでは、Teclast T20をはじめ、デカコア Helio ...

 

コメント