8インチ アルミ製で約100ドル「Teclast P80 Pro」実機外観レビューとベンチマークスコア

Teclast P80 Pro ディスプレイ面全体

先日ご紹介の「1万円ちょいで購入できる、8インチ Androidタブレット」であるTeclast P80 Pro。Fire HD 8と同じCPU / GPUを搭載し、金属ボデイ・OGSスクリーンが特徴。

このTeclast P80 ProをGearbestさんより提供いただきましたので、2回に分けてレビューしますが、今回のレビューは、外観、システム情報、ベンチマークスコアについてとなります。外観全般としては、この価格帯としては質感高く仕上がっています。

 

▼実際の使用感のレビューはこちら

100ドルの8型タブ「Teclast P80 Pro」実機の使用感。FHD・アルミ製ボディでコスパ度はFire HD 8以上
2018/5/26現在では11,000円ほどで購入できる、8インチ Androidタブレット Teclast P80 Proのレビューです。質感高めのアルミ製ボディに、1年以上前のオクタコアのエントリー機、あるいはAmazon Fire HD 8と同等もしくはそれ以上にサクサクと稼働します。
スポンサーリンク

基本スペック

外観に入る前に基本スペックと特徴の確認です。

先の記事「Teclast P80 Pro、8インチOGSスクリーン・金属製ボディのAndroidタブが1万円ちょいで新規リリース」にて掲載のスペック表となりますが、Amazonでも販売のTeclast P80H、コスパの高いAmazon Fire HD 8との比較です。

 

Teclast P80 Pro スペック

 

3製品ともに同じCPU(MTK8163、クアッドコア)を搭載していますが、Teclast P80 Proが優位な事項は以下となります。

  • メモリ 2GBを搭載
  • ディスプレイはOGSスクリーンに、1920×1200と高解像度
  • P80Hと同様に、Micro HDMIポートを搭載
  • ボディは金属(アルミ)製

外観

冒頭にも記載しましたが、1万円ちょっとの価格帯としては珍しくアルミ製のボディを採用し、低価格機としては質感高めに仕上がっています。

 

▼厚めのエアー入りクッションで梱包されています。これなら搬送中に破損する心配もなし。

Teclast P80 Pro 梱包

 

▼Teclastに共通のデザインの外箱。

Teclastのタブレットは「tPad」との名称のようです。

Teclast P80 Pro 外箱

 

▼他製品と比較すると簡易的な、厚さ薄めの外箱となっています。このために、厚めのエアー入りクッションでの梱包であったなら、うれしい配慮です。

 

▼付属品は説明書、保証書、充電用のMicro USBケーブル。ACアダプターがありませんが、少しでも価格を抑えるためだと思われます。

当製品を購入する方は、2台目、3台目のAndroid端末でしょうから、ACアダプターなしとするのもよいでしょう。

Teclast P80 Pro 付属品

 

▼セッティング後のホーム画面。

ディスプレイの詳細は使用感の別記事としますが、視野角も広く綺麗な液晶です。色調としては、全般的にやや淡め。

▲左右のベゼル幅は実測で7mm。他社製品も含め、イメージ画像ではベゼル幅を実態より細めに見せる傾向があるのですが、本製品も同様にGearbestサイトにあるイメージ画像ほど狭くはありません。

とは言っても、ベゼル幅が太いこともなく、これが黒のベゼルであれば、より引き締まって見えたことでしょう。

なお、本機に指紋認証ボタンはありません。

 

▼OGSパネルとなりますが、他の高価格帯のタブレットと比較すると、やや液晶との隙間があります。ただし、所有のOGSパネルではないFire HD 8やiPad 2017との比較では、その隙間もかなり少なめ。

Teclast P80 Pro OGSスクリーン

 

▼本体上部より。

左から、Micro HDMI、Micro USB、イヤホンジャック。

低価格機の場合には、これらの造りが粗いこともあるのですが、本製品は粗さもありません。

なお、Teclastの製品では、エントリークラスでもMicro HDMIポートがついており、テレビに接続し大画面で動画参照も可能です。

 

▼下部の左右にスピーカーがあります。

Teclast P80 Pro スピーカー

 

▼右サイドの電源ボタンと音量ボタン。

左手で持った場合、電源ボタンに手が届きにくいので、音量ボタンを多用しない私としては、電源と音量ボタンの位置が逆のほうがよりよかった。

ちにみに下の写真では、背面に保護フィルムを貼ったままの状態です。

Teclast P80 Pro 背面

 

▼背面は、上下の色違いの部分を除きアルミ製。より価格の高いミドルクラス機のアルミと比較すると「アルミがやや薄いのでは」との感覚もあるものの、この価格でアルミ製としたのは立派。

なお、写真では色合いが薄くなっているのですが、実物は写真よりもやや濃いめのシャンパン色。

Teclast P80 Pro 背面全体

 

▼Teclastのロゴがわかるように拡大。ロゴは主張しすぎず、よい感じ。

Teclast P80 Pro 背面ロゴ

▲▼ギラつきからアルミ製の質感が伝わるでしょうか。プラ製のタブレットを複数所有しているのですが、質感は明らかに異なります(P80 Proの質感が高い)。

 

▼カードスロットを拡大。

操作時に、この凹凸に引っかかることもあるのですが、大きな問題ではありません。

Teclast P80 Pro カードスロット

▲角の部分が光っていますが、ダイヤモンドカット加工のクロームメッキ調です。このあたりの造りも丁寧です。

 

▼レンズ部分。

200万画素のおまけ程度のカメラですが、試し撮りしたところ、オートフォーカスは速く、メモ書きの代替としては十分に使えます。

なお、レンズ部分の出っ張りはなくフラットです。

 

システム情報とベンチマークスコア

続いて、CPU-Zから抽出のシステム情報とベンチマークスコアです。

エントリー機のため、ベンチマークスコアに期待すべきではないのですが、スコア以上に軽快に動作します(実際の使用感は別記事にて)。

システム情報

▼Fire HD 8と同じCPU (MTK8163)とGPU (Mali T720)

 

▼なぜか、ディスプレイは7インチと表示されています。

▲CPU-Z以外のアプリを起動していない状態でのメモリ使用率は29%と良好。メモリ2GBでも十分です。

 

 

 

ベンチマークスコア

Android端末の場合、ベンチマークスコアと、実際に利用しての体感レスポンスが異なるケースがあるため、参考までの情報です。

体感レスポンスは別記事としますが、このP80Proはベンチマークスコア以上に軽快なレスポンスです。

 

▼AnTutuベンチマーク(v 7.0.7)のスコアは44713

Teclast P80 Pro AnTuTuベンチマークスコア

 

先ほど、NECの7インチタブレット「TE507/FAW」で測定したところ、(v7.0.8と微妙にバージョンが異なるのですが)スコアは35628。体感レスポンスも確実にP80 Proが優位です。

NEC TE507 半年使用後の再レビュー、コンパクトさと程よいレスポンスは今も格別
2017年3月に、7インチのAndroidタブレット 「NEC TE507 / FAW」を購入して約半年。つい最近になって、このTE507の使い勝手のよさを再認識し、購入直後よりも利用頻度が多くなっています。今回は、TEE507を使...

 

 

Teclast P80 Pro Geekbench 4 スコア

▲Geekbench 4のスコアは、Single-Coreが636、Multi-Coreが1778。

以下の記事のとおり、同じCPUを搭載するAmazon Fire HD 8のスコアは、Single-Core Scoreは612、Multi-Core Scoreは1617。ほぼ同スコアと言えるでしょう。

Fire HD 8、Google Play Antutu,Geekbenchを導入しスコアを計測。他社廉価版タブレットより高スコアに
Fire HDにGoogle Playアプリをインストールし、その使用感などを試しているのですが、ここで計測したくなるのがAndroidのベンチマークアプリのスコア。そこで、Androidで定番のベンチマークアプリをFire HD 8にインストールし、スコアを計測してみました。

Geekbenchスコアの他端末との比較では、Nexus 5より劣るのですが、私が使用するアプリのなかでも重めのFXアプリでは、所有の以下の端末よりもサクサクと動きます。

特に、1年以上前のオクタコアのエントリー機であるgoo g07との比較では、比較にならないほどにサクサクです。

  • Nexus 5
  • Huawei honor 6 Plus
  • goo g07
  • NEC TE7 / FAW

さすがに、以下のクラスの端末との比較では、キビキビ感に欠けますが、1万円ちょいの端末としては上々。

Alldocube X1、1週間使用後のレビューまとめ。レスポンスよく鮮やかな液晶でiPad mini以上の操作感
8.4インチのIPS・2.5KのOGSスクリーン、デカコアを搭載し、アルミ製ボディのAlldocube X1。Gearbestさんより端末を提供いただきましたので、先日のAlldocube X1の外観レビューに続き、今回は1週間使用...

 

まとめ

Teclast P80 Proの外観とベンチマークスコアを確認しました。1万円ちょっとの価格にしてアルミ製ボディ、OGSスクリーン・FHDのスクリーンを搭載した本製品は、価格以上に高品質。

また、3Dゲームでもしない限りはサクサクと稼働し、かなりコスパの高い製品となっています。

 

▼Gearbestの販売情報です。
Gearbest Teclast P80 Pro (Gearbest)
Teclast P80 Pro (Gearbest)

 

▼実際の使用感のレビューはこちら

100ドルの8型タブ「Teclast P80 Pro」実機の使用感。FHD・アルミ製ボディでコスパ度はFire HD 8以上
2018/5/26現在では11,000円ほどで購入できる、8インチ Androidタブレット Teclast P80 Proのレビューです。質感高めのアルミ製ボディに、1年以上前のオクタコアのエントリー機、あるいはAmazon Fire HD 8と同等もしくはそれ以上にサクサクと稼働します。
端末レビュー(Android)
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめの8インチタブレット
Teclast M89

・7.9インチ、MTK8176 6コア、メモリ 3GB、ROM 32GB
・iPad miniと同じ解像度、サイズはiPad mini 2,3とほぼ同じ
・iPad miniのケース等が活かせるかも
・OSはAndroid 7.0
・価格は150ドル前後

Alldocube X1

・Alldocubeのハイエンド機
・8.4インチ、Helio X20 10コア、メモリ 4GB、ROM 64GB、LTE対応
・解像度 2560 x 1600、Eye comfortモードを備え視認性よし
・OSはAndroid 7.1
・価格は240ドル前後だが、価格以上の価値あり

Teclast P80 Pro

・Amazon Fire HD 8対抗(?)の8インチタブレット
・CPUはFire HD 8と同じMTK8163 4コア
・メモリ 2GB、OGSスクリーン、1920×1200の解像度、アルミ製ボディはHD 8より優位
・OSはAndroid 7.0
・価格は100ドル前後

Win And I net

コメント