Teclast M40S、UNISOC T610搭載の10インチタブのスペック。M40SEのAndroid 11版の位置付け

10インチ Android タブレット「M40」は多くの派生モデルが販売されていますが、今回紹介の「M40S」もその一つ。CPU(SoC)に AnTuTu ベンチスコアが約18万となる UNISOC T610を搭載し、メモリ 4GBにストレージは 128GBと、M40シリーズとしては エントリーからミドルレンジとなる製品です。

スポンサーリンク

Teclast M40Sのスペック

TeclastのM40シリーズには、以下のリンク先記事の「無印のM40」、「M40 Pro」、「M40 Air」、「M40SE」と複数の製品があります。「M40S」は 2021年秋に発売の「M40SE」のOSを Android 10から11とし、専用キーボード端子を排したモデルのように思えます。

 

▼Teclasto M40シリーズの記事を、発売日順(無印のM40は 2020年 秋に発売)に掲載。「M40」と「M40 Pro」のCPU(SoC)は UNISOC T618、「M40SE」は「M40S」と同じく UNICOSC T610、「M40 Air」は 438gと軽量であることを特徴とし、CPUは Helio P60です。

 

▼「M40S」のスペックはこちら。

CPUUNISOC T610、8コア
メモリ4GB
ストレージ128GB
ディスプレイ10.1インチ、IPSパネル、解像度 1920 x 1200
WiFi、Bluetooth11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.0
LTEB1,B3,B5,B7,B8,B20,B34,B38,B39,B40,B41
カメラフロント 2百万画素、リア 5百万画素
バッテリー容量6000mAh、USB Type-C
サイズ243 ×163 × 9.3 mm、527g
OSAndroid 11
その他背面は金属製、GPS 搭載、ステレオスピーカー

 

上のスペック表は「M40SE」の記事で掲載のものを編集しました。サイズは誤差の範囲で僅かに異なるものの、前述のとおり、「M40SE」のOSを Android 10から11とし、専用キーボード端子を排したモデルと言えそうです。海外通販サイトのAliExpressでは「M40SE」も販売されており、キーボードを利用する前提では「M40SE」がよいと思います。

  • UNISOC T610は、中国ブランドの複数の製品で採用されていますが、AnTuTu ベンチスコアは約18万。
  • 同水準のスコアのタブレットの使用感では、ブラウザや動画視聴では遅さを感じることなく動作します。
  • 128GBのストレージは、スマホやタブレットの上位機に搭載されることの多い 高速なUFS 2.1 / 3.1ではなく、通常のeMMC。UFS 3.1の場合には、PCのSATA SSD並みの速度となりますが、Android タブレットでは eMMCと比較し体感できるほどではありません。

 

▼海外通販のAliEpxressの製品情報では 10コアのUNISOC 9863Aと比較されおり(T610が大きく優位)、私の使用感においても T610がキビキビと動作します。T610の上位のT618を搭載する10インチタブレットも多いのですが、AnTuTu ベンチのスコア差は3万程度。大きく体感できるほどではありません。

外観

シックな色合いの金属製のボディと Teclast らしい外観です。Teclast、BMAX、CHUWIなどの中国ブランドでは エントリー機以外は金属製の背面とする傾向があり、以下のBMAXの製品と同様に 質感・剛性ともに高いことが特徴の一つです。

BMAX I10 Pro、10型タブレットの実機レビュー。4コア CPUながらもAnTuTu スコアは約17万でサクサク動作。アルミ製の背面も特筆すべき上質さ
BMAXの10インチ Android タブレット「MaxPad I10 Pro」の実機レビュー記事です。I10 シリーズとしては、CPUに8コアのUNISOC T618を搭載する「MaxPad I10 Plus」が先行販売されていま...

 

▼こちらの画像ではグレイのように見えますが、実機はもう少しダークなグレイです(また、横幅も実機より狭くなっています)。

 

▼電源・音量調節ボタン、USB Type-C ポートは 横持ちでの左サイトに配置されています。

 

▼画像ではキーボードが掲載されていますが、専用キーボードの設定はありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました