N4100/メモリ8GB搭載の14型PC、Teclast F7 Plusが本格出荷開始。1/21-27まで329.99ドルで販売に

中国メーカーの14インチクラスノートとしては、各国で人気筆頭となることに間違いはないと予想するTeclast F7 Plus。2018年度から人気継続のChuwi LapBook SEと同一製造元でほぼ同デザインにて、14インチに大型化・メモリ 8GBとしたGemini Lake ノートです。

詳細は先日の以下の記事でも紹介していますが、1月21から27日までGearBestでは329.99ドルのセールを開催しますので、あらためてそのスペックなどをお知らせします。

 

関連記事

Teclast F7 Plus、メモリ 8GBの14型 Gemini Lakeノートが新登場。LapBook SEと同製造元で人気機種となる予感

Teclast F7 Plus vs Chuwi LapBook SE、同製造元であることを画像で比較・確認してみた

 

スポンサーリンク

Teclast F7 Plusのスペックと特徴

現在、私はTeclast F7 Plusの13.3インチ・メモリ 4GB版ともいうべき、Chuwi LapBook SEをメイン機種として使用しているのですが、デザイン・質感・使いやすさともに抜群の機種です。

手っ取り早く、Teclast F7 Plusのより実機に近い製品を見たいという方は、以下のLapBook SEのレビュー記事を参照ください。

Chuwi LapBook SE レビュー、外観編。3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ
9月19日に注文したChuwi LapBook SEですが、一時的な在庫不足のあおりを受けて11月1日にようやく受領。納期の関係から注文を他の製品にしようかと迷いもあったのですが、待っていて正解でした。大きめのキーボードは入力しやす...
Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕
Chuwi LapBook SEを使用して10日ほど経過しましたので、全般的な使用感について記載します。概要としては、13.3インチとしてはやや重いものの、高い質感の外観にGemini Lakeのレスポンスのよさ、大きなキーボードに...
Chuwi LapBook SE、使いやすさ抜群のキーボードの特徴と私が絶賛する理由
Chwui LapBook SEを使用して、最も評価できるのはキーボードの使い勝手のよさ。自宅に複数あるノートPC、あるいは通販サイト・メーカーさんからお借りしたPCと比較しても、そのタイピング感のよさはダントツです。今回は、Chu...

 

さて、Chuwi LapBook SEの14インチ版、メモリ 8GBとなるTeclast F7 Plusのスペックは以下となります。

  • CPU: Intel Celeron Gemini Lake N4100
  • GPU: Intel UHD Graphics 600
  • メモリ: 8GB DDR4
  • ストレージ: 128GB SSD (M.2、ユーザーにて大容量のSSDに換装可能)
  • ディスプレイ: 14インチ IPS、解像度 1920 x 1080 (FHD)
  • WIFI: 802.11 ac
  • ポート類:  USB 3.0 × 2、Mini HDMI
  • バッテリー: 6500mAh
  • サイズ: 33.10 x 22.00 x 0.70 cm(厚みは最薄部)、重さ 1.5kg

 

Chuwi LapBook SE以外のGemini Lake N4100搭載機と比較して、スペック上の優位な事項はメモリが8GBであることのみとも言えるのですが、Teclast F7 Plus、Chuwi LapBook SEはスペック以外の魅力が満載です。その魅力を画像に基づき概略を記載します。

 

▼上の画像はGearBestサイトの、Teclast F7 Plusの実機と思われるキーボード、下の写真は私のChuwi LapBook SEのキーボード。

横幅いっぱいに拡がるキーボードは、キーサイズ・キーピッチともに大きめで、ほとよりストロークとあいまってタイピング感はこのうえなく、私の記事編集作業もはかどります。このキーボードは手元にあるMacBook Air 11よりも確実に快適です。

 

▼大きめのキーボードがLapBook SEと同じ構成である場合には、MacBookほどにサラサラ・ヌルヌルではないものの、追従性・滑らかさともに他の中国メーカー製PCよりも一歩リード。

 

▼イメージ画像ではわかりづらいのですが、ディスプレイ面の端は2.5Dの曲面となっており、これも他の中国メーカー製の処理と異なり、見ためのなめらかさに貢献しています。

▲▼Teclast F7 Plus・Chuwi LapBook SEのOEM元は韓国とする海外サイト情報もあり、このためかエッジの処理や内部の造り込み(剛性が強い)が、他の中国メーカー製PCとは異なります。

Chuwi LapBook SEの底板を外し内部の構成を確認。重い一要因は内部剛性の高さにあり
Gemini Lake N4100のレスポンスのよさと、横幅いっぱいに拡がったキーボードの恩恵で快適に使用しているChuwi LapBook SEですが、気になるのは約1.4kgの重量感。そこで内部の構成はどのようになっているのだろ...

 

▼デメリットらしきものは、やや重ためであること。上記の内部の造り込みのよさ(固定パーツなどがしっかりしている)も重さの要因のひとつ。

 

▼M.2 SSDは2242サイズではなく、より種類・選択肢が豊富な2280サイズであることもメリットの一つ。

 

▼こちらは販促用の動画。販促動画では、照明のあたり具合など、より洗練された製品に見せる傾向がありますが、LapBook SEの使用経験からは動画での期待を裏切らないと思います。

まとめ

海外通販サイトでのプレセール期間を終え、本格的に出荷が始まるTeclast F7 Plus。同OEM元の製品となりChuwi LapBook SEでは日本の大手サイトでも記事にされており(どこの記事かは失念)、Teclast F7 Plusにおいても、特に海外では人気機種となることは確実です。

今後の課題は、Chuwi LapBook SEの納期がかなり遅れるほどの人気であったため、F7 Plusの納期に関する懸念でしょうか。1月19日時点では22日の出荷とかなり早くなっています。

 

▼GearBestでのセール情報。1月21日から27日までは329.99ドルとなります。今後はこの価格がセール時の基準値となるでしょう。

Gearbest Teclast F7 Plus
Teclast F7 Plus

 

コメント

Banggood サマープライムセール

Banggoodでは 7/3よりサマープライムセールを開催中。7/9までは予告期間、 7/9-7/19までが予熱期間、7/21 午後5時から7/24 午後5時までが正式期間となります。

サマーブランドセール会場

▼関連記事はこちら
約9万円のOneGx1、Teclast F5とBMAX Y11が久々のセールに。Banggoodの最新クーポン情報
タイトルとURLをコピーしました