Teclast F6 vs F7、Apollo Lakeノートの相違を確認してみた。F6 Proとのスペック比較も

TeclastのApollo Lakeノートとしては、2017年に発売のTeclast F7が海外での評価が高いのですが、2018年に発売となったApollo Lakeノート Teclast F6はF7と何が異なるのか、相違事項をあらためて確認しました。他サイトでのF6のレビュー情報も探してみたのですが、F6 Proのレビュー記事は多数あるものの、F6の記事は見つからず。通販サイトに記載の事項のみでの比較になります。

なお、結果的にはディスプレイサイズと色合いが異なるものの、大きな相違は見られないとなりますので、結論さえわかればよい方はスキップくださいませ。

 

関連記事

Teclast F6、意表を突いたApollo Lake 13.3インチノートが新登場

スポンサーリンク

Teclast F6、F7、F6 Proのスペック比較

CPUにCore M3 7Y30を搭載、タッチパネルに360度の回転機構付のディスプレイを持つTeclast F6 Proの価格は400ドル台半ばと、200ドル台のF6 / F7と価格帯も異なるのですが、参考までに記載しています。

Teclast F7はストレージに64GB eMMCを搭載するバージョンがベーシックとなりますが、128GB SSDバージョンを記載しています。

上表のとおり、双方ともApollo Lake N3450にメモリ 6GB、128GB SSDと基本スペックからポート類、サイズもほぼ同じ。13.3インチのF6に対して、F7は14インチとなりますので、実機ではその差の分ほど、F7のベゼル幅が狭いのだろうと思われます(実機は未確認)。

 

▼F6 Pro 実機のレビュー記事

Teclast F6 Pro、1週間使用後のまとめレビュー。全部入りで使い勝手も上々
13.3インチのタッチスクリーン・360度の回転機構、Kaby Lake Core m3、メモリ8GB、128GBのSSD、アルミ製ボディと、2018年2月25日時点では中国メーカーのPCとしてフル装備とも思えるTeclast F6...

Teclast F6 vs F7 外観の相違

スペック上の大きな相違がないため、イメージ画像にてその相違を確認してみます。なお、イメージ画像ではベゼル幅などをより狭く、シャープに見せている可能性大のため、参考程度の情報となります。

以降の画像は、グレイのボディがF6、シルバーがF7です。なお、F7はキーボード面も含めて全面アルミ製ですが、F6はF5あるいは今年発売の他社製ノートの傾向も踏まえると、キーボード面のみプラスチック製の可能性が高いです。

 

▲▼正面では、ボディ色以外に大きな相違は確認できず。ディスプレイ下のベゼルはF6がより狭く見えますが、イメージ画像で狭く処理しているように思います。

 

▲▼キーボードの主要キーの配置の相違もないようですが、タッチパッドはF7がやや縦に長めか? ヒンジ部分の構成はやや異なるようです。

 

▼F6の天板にはTeclastのロゴがありますが、F7の天板はロゴなしです。

 

▲▼より実機に近いイメージ画像。色合いとしては、明るいシルバーのF7に対し、F6はF5と同様にシックなグレイ。私としてはF6の色調が好みです。

 

▲▼Teclat F6のポート類の配置とデザイン、サイドのデザインは以下のJumper EZBook X4に近いものがあり、Tecast F6とJumper EZBook X4の製造元は同じ可能性もあるように思います。Teclast F5とJumper EZBook X1は同じODM製品ですし。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...
Teclast F5とJumper EZBook X1は同じOEM元? デザイン・スペックの類似性を確認してみた
Teclast F5に関する他サイトの記事をみていると、Teclast F5とJumper EZBook X1は同じOEM元ではないか?との情報がありました。確かに、コンセプト的なもの、スペック、ポート類ともに共通するものがありまる...

まとめ

新たな気づきもない、面白味のない記事となってしまいましたが、2017年度に発売され、海外での評価も高いTeclast F7と大きな相違がないF6。Apollo LakeノートでF6と競合する機種としては、F7以外ではJumper EZBook 3 Proがありますが、価格(EZBook 3 Proがより安い)とボディ色の相違による選択になるかと思います。

 

▼EZBook 3 Proの参考記事

Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

 

▼Teclast F6、2018/12/8時点のGearBestでの価格情報。なお、F7は他の通販サイトも含め、入荷待ちとなっているようです。

Gearbest Teclast F6
Teclast F6

 

▼こちらはTeclast F6 Pro。450ドル前後の価格で安定しています。

Gearbest Teclast F6 Pro
Teclast F6 Pro

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント