Teclast F6、ブラックボディが新鮮な、Celeron N3350搭載の13.3インチノートの特徴

TeclastよりApollo Lake N3350を搭載する 13.3インチのエントリーノート「Teclast F6」がリリースされています。過去記事を振り返ってみると、2018年9月に Apollo Lake N3450(N3350より上位)の同名モデルを紹介していますが、細部を見ると仕様が異なり、同名の別モデル、あるいは派生モデルのようです。Teclastでブラックの製品は珍しく新鮮さを感じる一方、N3350搭載により レスポンスのモタツキなどに割り切りも必要です。

スポンサーリンク

Teclast F6、N3350モデルのスペック

Apollo Lake N3350のエントリーモデルながらも、8GBのメモリと大きなタッチパッド、ディスプレイはもちろんIPSパネルと最近の傾向を踏まえています。

CPUApollo Lake (Celeron) N3350
GPUインテル UHD グラフィックス 500
メモリ8GB
ストレージ128GB M.2 SSD
ディスプレイ13.3インチ、IPS、解像度  1920 x 1080
WiFi11b/g/n/ac
Bluetooth4.2
ポート類USB 3.0 x 2、Mini HDMI、USB Type-C (データ専用)
バッテリー容量38Wh
サイズ31.8 x 21.6 x 2.1 cm、1.2945 kg
OSWindows 10 Home

 

ASUS E210MA 実機レビュー、コンパクトボディにCeleron N4020の動作は実用的
11.6インチのコンパクトなPC「ASUS E210MA」。Gemini Lake (Celeron) N4020、メモリ 4GB、64GB eMMCを搭載するエントリーPCですが、かなり以前に E203NA / E200HA / ...
XIDU PhilPad、13.3型2.5K液晶 2in1の実機レビューまとめ。高解像度液晶の品質高くFHDを軽く凌駕
13.3インチのSurface風 2 in 1のXIDU PhilPad。システム情報とベンチマーク、外観のレビューに続き、使用感のレビューです。全般的には、2.5Kのディスプレイは、きめ細やかさ・発色・鮮やかさともに抜群で、手持ち...

私は、Apollo Lake N3350を搭載するPCとしては上記の「XIDU PhilPad」を所有し、同水準のレスポンスとなるGemini Lake N4020を搭載の「ASUS E210MA」を1週間ほど使用したことがありますが、以下のとおりレスポンスには割り切りが必要。

  • エントリーPCのなかでも、特にWebサイトのブラウジングやWordなどのライトユース向け。
  • というのも、高速タイピング時の文字反映の遅延もあり、また、Windows 10の更新時にシステムプロセスが稼働している際に、CPUの使用率が100%となる時間が上位の製品よりも長くなります。
  • システムプロセスが稼働している場合には使用を中断したくなりますが、通常時のWebサイトの閲覧程度では普通に動作し、少なくとも Atom Z8350よりも快適です。

 

▼SSDの容量は128GBと大きくないのですが、背面から簡単にアクセスでき、市販の2280サイズのM.2 SSDに換装することができます。

▲▼SSDを換装する際に留意したいのが OSのクローン。以前にはフリーソフトでもOSクローン可能でしたが、現在(2021/3/13)では対応できず、クローンソフトを無料で配布している大手ブランドのSSDへの換装が無難です。

無料OSクローンソフト、大手SSDブランド4社のダウンロードサイトを確認しインストールしてみた
Windows 10 PCのSSDをより大容量のものに換装した際に必須となる「OSクローンソフト」。ところが、2020年4月あたりから、それまでOSクローンが可能だったEaseUS Todo Backup Freeなどのフリーソフト...

Teclast F6、N3350モデルの外観

Teclast、CHUWI、Jumper、BMAXなどの中国新興ブランドでは、シルバーやグレーのノートPCが多いなか、ブラックのボディは新鮮さも感じます。Teclastの製品はアルミ製ボディのものが多いのですが、本製品は樹脂製です。

 

▼Teclastの製品イメージ画像の場合、ディスプレイのベゼル幅や厚みを実機よりも狭く・薄くみせる傾向が強いのですが、それを差し引いてもディスプレイのベゼル幅は4mmと狭くなっています。

▲バックライトなしの英語キーボードですが、「英数・かなの切替」は以下のフリーソフト「Alt-IME」の利用により、スペースキー両隣のAltキーのワンタッチで行うことができます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

 

▼13,3インチで1.28kgと重量は標準的。Teclastの製品は共通して天板のロゴは小さく好感。

 

▼サイドや天板の丸みを見ると、やはり樹脂製です。USB Type-Cは映像出力を強調していないために、データ専用です。

▲ディスプレイ面は、2百万画素のWebカメラを装備しています。

まとめ

Teclastとしては価格を抑えるべく、Apollo Lake N3350、樹脂製ボディとしたように思える「Teclast F6」。約3年前にApollo Lake N3450を搭載する同名機種をリリースしており、紛らわしいのですが別モデルの扱いでしょう。非力なCPUであるため、Webサイトのブラウジングなどに限定するなどの割り切りが必要ですが、ブラックボディで価格重視なら、わるくはない選択肢です。

 

▼AliExpressでの販売価格は298.09ドル、クーポンの利用によりさらに数ドル安くなります。

Teclast F6, AliExpress

 

▼こちらは参考表示の旧バージョンのTeclast F6

Teclast F6、意表を突いたApollo Lake 13.3インチノートが新登場
Teclastから意表を突いた13.3インチノート「Teclast F6」が新規リリースされました。今年の流れとしてはGemini Lakeノートなのですが、なんと昨年度主流であったApollo Lake N3450を搭載。スペック...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました