Teclast F6 Pro、Core m3搭載の12.6型Surface風タブが久々のセール対象に(2020年11月)

Core m3-6Y30、メモリ 8GBを搭載する 12.6インチ 2 in 1の「Teclast F6 Pro」。2018年11月に発売の古い製品ですが、Surface 風 2 in 1として今でも通用するスペックです。この「Teclast F6 Pro」がBanggoodにて久々のクーポンセール対象となっていますので、価格情報の連携です。

Teclast F6 Proのスペック

私がTeclast F6 Proに今でも魅力を感じることは、スペックがGemini Lake クラスよりもワンランク上であること以外に、上の画像のとおり、フルサイズのUSBポートを2つ備えていること。Surfaceなど、USBポートが不足がちの 2 in 1としては貴重な存在です。

なお、約2年前に投稿の記事「Teclast X6 Pro、Core M3搭載の12.6インチ Winタブが正式リリース。F5に続きヒットの予感」に反して、2018年11月の発売以降、X6 Proはヒットしているかと言えば厳しい状況。ただし、スペックとデザインはよいものがあり、コスパに優れたTeclastの製品としては、Core m3-6Y30の搭載もあり割高に感じるためかも(当時の記事・販売情報を見ると、Core m3-7Y30となっていますが、今回のセールは6Y30)。

 

CPUCore M3-6Y30
GPUIntel UHD Graphics 600
メモリ8GB DDR3
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ12.6インチ IPS、タッチパネル、解像度 2880 x 1920
WiFi11b/g/n/ac
Bluetooth4.2
ポート類2 x USB 3.0、USB Type-C (フル機能)、Micro HDMI
バッテリー容量5000mAh / 7.6V
サイズ(本体)30.00 x 21.00 x 0.90 cm、重さ 850g
OSWindows 10 Home

 

解像度が2.8Kと高いことも特徴の一つ。また、Surfaecと同様に、別売りのキーボードの角度を調整することができます。

 Teclast F6 Proの価格情報

セール対象となることが少ないTeclast F6 Proであり、大幅割引ではありませんが、Banggoodのクーポン「BGJPPB10301」の利用により 399.99ドル(11/10まで)。別売りのキーボード  42.09ドルと送料を合わせると約450ドル。Teclastの製品としては割高に感じますが、概ね同水準のスペックで10インチのSurface Go 2と比較するとかなり割安です。

Teclast F6 Pro (Banggood)

 

▼こちらは競合しそうな「Alldocube KNote 8 Lite」。Core m3-6Y30を搭載し13.3インチ。スタイラスペン・キーボードのセットです。

Alldocube KNote 8 Lite (Banggood)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました