Teclast F6 Air、13.3インチ Yoga スタイルPCのスペック。従来機のF6 Plusより軽量化

Teclastより 13.3インチのYoga スタイル・ディスプレイが360°回転する「F6 Air」がリリースされました。CPUはCeleron N4100となりますが、なぜ Jasper Lakeではなく Gemini Lakeと思いきや、従来の「F6 Plus」の小変更版、軽量版のようです。

スポンサーリンク

Teclast F6 Airのスペック

Teclast F6 Airのスペックは以下となります。

CPUGemini Lake (Celeron) N4100
GPUIntel UHD Graphics 600
メモリ8GB
ストレージ256GB 2242サイズ M.2 SSD
ディスプレイ13.3インチ、IPS、タッチパネル、解像度 1920 x 1080、筆圧 1024レベルのスタイラスペンに対応
WiFi2.4GHz/5.0GHz
Bluetooth4.2
ポート類USB 3.0、USB Type-C (フル機能)
バッテリー容量41.8Wh
サイズ32.21 x 21.93 x 2.09 cm、1.25kg
OSWindows 10 Home、アルミ製ボディ

 

Teclast F6 Plus、YOGAスタイルの13.3型 Gemini Lake ノートは競合するBMAX Y13より安価で販売
Teclastから YOGAスタイルの13.3インチ PC、F6 Plusがリリース。Celeron N4100、RAM 8GB、256GB SSDを搭載、GearBestでの価格は329.99ドルと、競合のBMAX Y13よりも安価な価格設定。

▲上の記事は、2019年12月に投稿の「Teclast F6 Plus」の詳細ですが、上表ではF6 Airが優位な事項に黄色網掛けしています。

  • F6 Plusは、USB Type-C x 2(フル機能、データ専用)でしたが、USB Aが備わり より汎用的となりました。
  • F6 Plusは1.6kgと重いことがネックでしたが、1.25kgと軽量化されています。
  • ただし、2019年12月では Gemini Lake N4100でよかったのですが、2年以上経過した今となっては、Jasper Lake N5100あたりが望ましい。以下の記事でも触れていますが、Gemini LakeとJasper Lakeでは、レスポンスの大きな差があります。
TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...

 

▼HDMIポートはなく、映像出力に対応するフル機能のUSB Type-Cが備わっています。USB Aポートは1つのみですが、薄さから さらにもう一つ 搭載するスペースはなさそうです。

Teclast F6 Airの外観

他の記事でも記載していますが、新興中国ブランドの場合、特にTeclastのイメージ画像では、ディスプレイのベゼル幅や厚みを狭く、薄く見せる傾向があるために注意が必要です(本記事では極端に薄く見せている画像は未掲載です)。

 

▼ディスプレイの左右のベゼル幅は5mm。ベゼル幅の狭さを強調する製品としては一般的。

 

▼中国ブランドのアルミ製 13.3インチでは、1.3〜1.4kg台でえることが多いのですが、1.25kgと軽い部類です。

▲▼英語キーボードとなりますが、英数・かな切替は「英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境」にて記載のフリーソフトの利用により、スペースキー両隣のAltキーで効率的に行うことができます。

まとめ

スペック的には、2019年末にリリースのF6 Plus の小変更となる「F6 Air」。軽量化されたことはよいことですが、2022年3月のリリースとなれば CPUはGemini Lakeではなく Jasper Lakeだとよかったのですが。

 

▼3月2日現在、Banggoodでは 予約販売セールを開催しています。

Baggood

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました