Teclast F5R、Yogaスタイルの11.6インチノートが正式販売開始。F5の後継として人気製品となるか、スペックと価格情報

2018年のTeclastの人気製品 F5のCPUがGemini Lake N4100からApollo Lake N3450に変更となり、新規リリースされたF5R。プレリリースから正式販売となり、価格も約20ドルほと下がっています。今回はその価格情報をメインとした短編記事です。

関連記事

Teclast F5R、11.6型YOGAスタイルのWin 10 PCがApollo Lakeを搭載し再登場

スポンサーリンク

Teclast F5Rの概要

当記事を参照されている方には、Teclast F5 / F5Rのスペックなどの記載は不要かと思いますが、ポイントのみ記載します。

  • CPU : Apollo Lake N3450
  • GPU : Intel HD Graphics 500
  • メモリ : 8GB DDR4
  • ストレージ : 256GB M.2 SSD
  • WiFi : 11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.2
  • ポート類 : Micro USBUSB Type-C、Micro HDMI
  • OS : Windows 10 Home
  • サイズ : 27.80 x 18.80 x 1.20 cm、1.0810 kg

 

2018年の人気製品「Teclast F5」からの変更点は、CPUがGemini Lake N4100からApollo Lake N3450となったこと。タッチパネル・360度回転機構 Yogaスタイルのディスプレイ、その他のスペック・ポート類・デザインともに同一です。

CPU変更となったのは、Gemini Lake N4100のタマ不足・インテルの供給不足だと思いますが、Gemini Lake N4100とApollo Lake N3450のレスポンスに大きく体感できるほどの相違はありません。

画像編集など、N4100が僅かに速く感じるかもしれないと言った程度で、長時間使用の場合には、僅かなレスポンスの相違の積み重ねにより、少なからず体感できる差に繋がっているようなイメージです。

なお、姉妹機(同一製造元)の製品としては、以下のJumper EZBook X1があります。スペック的にはTeclast F5Rが、CPU・メモリ搭載量・SSD容量ともに優位なのですが、価格面を考慮し、Jumper EZBook X1を選択する手段もあります。

Teclast F5Rの価格情報

気になる価格は、セール対象期間により流動的ですが、最安はBanggoodとGearBestが同額の359.99ドルです。

Gemini Lake N4100を搭載していた2018年のTeclast F5ほどの勢いはありませんが、2018年度末あたりからのPC価格の上昇を考慮すると、このあたりの価格が妥当のような感覚です。

 

 

▼最安はBanggood(上)、GearBest(下)ともに359.99ドル

Banggood

 

Gearbest Teclast F5R
GearBest

 

▼関連記事

Teclast F5R、11.6型YOGAスタイルのWin 10 PCがApollo Lakeを搭載し再登場
2018年の人気製品 Teclast F5の流通量が極端に減少していましたが、CPUをGemini Lake N4100からApollo Lake N3450へと変更し、Teclast F5Rとして再登場です。同一製造元でライバルの...
Teclast F5、Gemini Lake,メモリ8GB,SSD 128GBに11.6型タッチパネルと魅力満載の概要をあらためて確認してみた
Gemini Lake N4100を搭載する出荷待ちのノートPCとして、先日 Teclast F5、Chuwi Lapbook SEを紹介しました。気が付いてみると、いつの間にかTeclast 公式サイトにてイメージ画像を多数そろえ...

 

コメント

日本HP タイムセール

iconicon