15.6インチのGemini Lake、Teclast F15が429.99ドルで販売開始。メモリ 8GBにスタイリッシュな外観でヒットの予感

先日、速報ベースでお伝えした15.6インチのGemini Lake ノートの「Teclast F15」がTeclast 公式サイト(英語)にて多くの画像が公開されるとともに、GearBestサイトでは詳細スペックが記載され、いきなりのセール(429.99ドル、1/27まで200個限定)にて販売しています。そこで今回はあらためて、Teclast F5のスペックと特徴について記載します。

 

Teclast 公式サイト(英語)

GearBest 販売サイト

速報ベースの前回の記事

Teclast F15、15.6型のGemni Lake N4100/RAM 8GB搭載機がリリース予定

スポンサーリンク

Teclast F15のスペック

Gemini Lake N4100を搭載する端末としては、メモリ 8GB搭載以外に目新しさはないのですが、15.6インチであることに存在意義があります。

中国メーカー製の15.6インチのGemini Lake ノートは皆無ではないのですが、マイナー機種のために実質 F15が唯一の製品と言えるでしょう。

GMOLDより、15.6インチIPS、N4100/RAM 8GB、ストレージは選択可能なノートPCが新登場
AliExpressで販売のPCのなかでも、特に安価な製品が多いGMOLOブランド。Amazonでかなり売れている、Office 2010付きで約30,000円の11.6インチノートもGMOLOブランドとしても販売されている製品の一...

 

Teclast F15のスペックは以下となっています。

  • CPU: Intel Celeron N4100
  • GPU: Intel UHD Graphics 600
  • メモリ: 8GB DDR4
  • ストレージ : 128GB M.2 SSD (ユーザーにて換装可能)
  • ディスプレイ: 15.6インチ、解像度 1920 x 1080 (FHD)
  • WIFI: 802.11 ac
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類: USB 3.0 × 2、Micro HDMI
  • バッテリー: 6000mAh
  • サイズ: 36.00 x 25.00 x 1.30 cm、1.8 kg

 

重量の1.8kgはやや重いかと思ったものの、以下のXiaomi Mi Notebook Proが1.95kgであることを踏まえると軽め。

Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻
国内外のレビューで評価の高いXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチ、Core i5もしくはCore i7、メモリ8GBもしくは16GB、PCIe SSD、GeForce MX150と豪華な仕様です。このXiao...

なお、ボディの材質の記載がないのですが、最近の傾向からするとキーボード面以外はアルミ製だと思われます。

Teclast F15のデザイン

スペックとしては、15.6インチとメモリ 8GB以外は一般的なGemini Lake ノートと同様ですが、特筆すべきは、2018年に発売されたTeclast F5 / F6の系統となる、全体がかもし出す雰囲気・デザインのよさ。以降、イメージ画像での補足です。

 

▼ブラックのベゼルに、キーボード・タッチパッドまでシルバーで統一されたボディはスタイリッシュに見え、オフィスでも違和感のない端末です。

▲▼イメージとしては、以下で紹介のTeclast F6を明るく、より洗練されたような感じです。

Teclast F6 vs F7、Apollo Lakeノートの相違を確認してみた。F6 Proとのスペック比較も
TeclastのApollo Lakeノートとしては、2017年に発売のTeclast F7が海外での評価が高いのですが、2018年に発売となったApollo Lakeノート Teclast F6はF7と何が異なるのか、相違事項をあ...

 

▼サイドとキーボードの隙間はわずか6mm。テンキー付のキーボードですが、キーサイズ・キーピッチはある程度 確保してそうです(製品仕様にキーピッチの記載なし)。

▲もちろん、バックライト付のキーボード

 

▼左右のサイドにポート類が配置される製品が多いなか、F15では後ろ側に集中しています。左右にコード付の機器を接続する場合にはコード類が邪魔になることもあるため、この配置もありです。

 

▲▼気になる事項としては、シルバーのキーに白文字となることから、タイピング時のキー文字の視認性。同系色のJumper EZBook X4は室内の照明の角度により視認性がよくなく、実機写真・動画で確認したいところ。

▲多くの他の製品と同様に、背面から簡単にM.2 SSDを換装できます。画像を見る限りでは製品が豊富な2280サイズのようですので、SSDの選択肢も拡がります。

 

まとめ

スタイリッシュに仕上がっているTeclast F15。安価でレスポンスもよく、デザインもよい15.6インチの需要は多いと思いますが、まさにピッタリな製品です。

また、同クラスのノートPCの競合は同じくTeclastのF7 Plus。Teclast F15と同じく、Gemni Lake N4100、メモリ 8GBを搭載しますが、ディスプレイは14インチとなります。こちらの質感もよく、私が所有する同OEM元の製品となるChuwil LapBook SEのタイピング感は極上のため、TeclastのF7 Plusもかなり魅力的な製品です。

 

▼GearBestの販売情報。1/27まで200個限定にて 429.99ドルに。

Gearbest Teclast F15
Teclast F15

 

▼こちらもおすすめのTeclast F7 Plus

Gearbest Teclast F7 Plus
Teclast F7 Plus

 

Teclast F7 Plus、メモリ 8GBの14型 Gemini Lakeノートが新登場。LapBook SEと同製造元で人気機種となる予感
Teclastより、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB搭載の14インチ ファンレスノート「Teclast F7 Plus」が新規リリースです。 グレイの配色と光る背面のロゴ、横幅いっぱいに拡がるキーボードなど、...

 

GearBest 関連記事

コメント

OCN モバイル、決算セール

CHUWI Hi10 X 実機レビュー

Hi10 Pro / Airから大幅スペックアップのHi10 X。レスポンスは良好です。

▼実機レビュー記事
CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
タイトルとURLをコピーしました